TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

WordPress

Google Analytics(アナリティクス)でWordPressのアクセス解析

更新日:

ブログ・ホームページを公開していると、

自分の作成した記事をどれだけの人が読んでくれているのか気になってくることかと思います。

少なくとも私は気になってしまいます・・・

 

閲覧してくれる人がいることはモチベーションに繋がりますし、

何よりどのようなキーワードや経路でアクセスしていただいているかを把握することは

サイトのクオリティ向上の為の重要な要素かと思います。

 

そこで今回はGoogle Analytics(アナリティクス)を使用してWordPressのアクセス解析を

利用できるまでの手順についてご説明させていただきます。

 

Google Analytics(アナリティクス)とは

Google Analytics(アナリティクス)はその名前の通りGoogleが提供している

無料のアクセス解析ツールです。

私はまだ導入したばかりですので

解析結果の見方、情報の活用法等につきましては別途ご確認お願いいたします。

私もこれから勉強します・・・

 

ちなみに私の環境は以下の通りです。

WordPressバージョン:4.4.2

使用テーマ:Stinger7

WordPressへの導入手順

1. Google Analytics登録

Google Analyticsはプラグインとは異なり外部サービスとなりますので、そちらへの登録が必要です。

search

まずはGoogle Analyticsを入力して検索

すると公式サイトが表示されますので、クリックしましょう。

URLはこちら

Google アナリティクス公式サイト

 

site

するとこのようなページが表示されますので、右上の『アカウント作成』をクリックしてください。

※Google Analyticsのアカウントを登録するには、『googleアカウント』が別途必要のようです。

Googleアカウントをお持ちでない方は、下記のサイトで分かりやすく説明されておりますので、ご参照ください。

Googleアカウントの新規作成

AjaxTower

お持ちの方はログイン画面が出てくるかと思いますので、ログインしてください。

 

step1

するとこのような画面に移動しますので、

右側にある『お申し込み』をクリックしてください。

 

step3

するとアカウント情報入力画面に移動しますので、必要事項を記入していきます。

直接WordPressとの結びつきに使用するわけではなさそうなので、厳密に入力は必要なさそうです。

 

トラッキング対象:解析したい対象。基本的にウェブサイトで問題ないでしょう。

アカウント名:Google Analyticsにおけるユーザー名のようなもの

ウェブサイト名:そのまま解析したいウェブサイトの名称

ウェブサイトのURL:解析したいウェブサイトのURL

業種:ウェブサイトの分類(自分はしっくりくる分類が無かった為、その他に設定いたしました)

レポートのタイムゾーン:デフォルトだとアメリカになっていますので忘れずに日本に修正しておきましょう。

 

step4

下のチェックボックスは特にいじる必要はありません。

入力が完了しましたら画面下部の『トラッキングIDを取得』をクリックしましょう。

 

step5

利用規約がポップアップで出てきますので、しっかり呼んで内容に問題がなければ

同意する』をクリックします。

ちなみにこちらもデフォルトではアメリカ合衆国で設定されていて英語で表示されますので、左上の部分を

日本に変更してから読みましょう。私は英語苦手です・・・

 

step18

こちらの画面に移動すればアカウント登録は完了となります。

赤枠の部分はすぐに使用しますので、確認できるようにしておきましょう。

 

登録だけでは解析ができるようにはなりません。

以下でWordPress側に設定を行っていきます。

2. Google AnalyticsをWordPressに適用

Google Analyticsが自分のサイトへのアクセスを感知する為のコードを埋め込んでいきます。

途中までは一般的な方法で設定をしていたのですが、テーマ『Stinger7』にはもっと簡単に

Google Analyticsを設定する手順がありました。

 

テーマにStinger7を使用している方はこちらまでジャンプ

 

まずは一般的なGoogle Analyticsの適用方法を説明いたします。

 

step8

WordPressの管理画面で『外観』の『テーマを編集』をクリックしてください。

 

step9

テーマヘッダ(header.php)を選択

※画面は使用しているテーマ・プラグインによって異なるかと思います。

 

step10

 

アカウント登録完了画面で確認しておいた『ウェブサイトのトラッキング』(<script>で挟まれたやつです。)

を</head>と書かれた部分の真上に貼り付けましょう。

※記入されているコードも使用しているテーマ・プラグイン・カスタマイズ状況によって異なるかと思います。

記入した後、『ファイルを更新』をクリックすれば適用完了です!

 

 

ウェブサイトのトラッキングが表示されたサイトを閉じちゃったよーという方は

step13

Google Analyticsのトップページから画面上部『ホーム』をクリック

 

step14

『すべてのウェブサイトのデータ』をクリック

 

step15

『アナリティクス設定』をクリック

 

step16

『トラッキング情報』の

 

step17

『トラッキングコード』をクリック

 

step18

これでいつでも確認できますね。

各手順については下記サイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました!

めっちゃ簡単!WordPressでGoogleアナリティクスの設定方法

虎の巻 ブログ

 

テーマにStinger7を使用している場合

上で記述されている間にheader.phpに

『//アナリティクスコード』という記述があった時点で「おや?」とは思ったのですが、

Stinger7をテーマとして使用している場合、もっと簡単にGoogle Analyticsを設定する方法がございました。

 

step11

Stinger7を有効化させているとダッシュボードの左メニューに

『Stinger7管理』という項目がありますのでクリックしてください。

 

step12

下のほうに『Google連携に関する設定』とあり

『アナリティクスコード』という入力箇所がありますので、

『ウェブサイトのトラッキング』の上の方にあった

 

step18

トラッキング IDの『UA-』以降を入力し、『save』をクリックしてください。

これだけです!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

これで自分のサイトのアクセス状況を確認できるようになったかと思います。

そこで得た情報を活用し、皆さんがよりよいWordPressライフを送ることができれば何よりです。

閲覧ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/5/29

正社員エンジニアという働き方を批判してみる

今回はちょっと過激めなタイトルを飾ってみました。 僕はエンジニアとして、正社員・派遣社員・フリーランスとして働いて来ていますが、その中でどうしても正社員という働き方が特別もてはやされているのかが分かりません。 とはいえ有名理系大卒で競争力激高な大手企業のスーパーエンジニアだったり、激レアホワイト企業に勤めている人に反論されたらぐうの音も出ないというか、論点が変わってきてしまうので、以下の条件に当てはまるような正社員エンジニアに向けてのお話ということで読み進めていただければなと。 20代で年収300万円以下 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/5/19

RubyでWebエンジニアを目指せるプログラミングスクール厳選4校

どうもフリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニアを目指すにあたり、もっとも確実性の高い手段がプログラミングスクールを活用するというもの。 そんなプログラミングスクールの中でJavaを扱っているプログラミングスクールが特に多いです。 しかしJavaを使ってエンジニアとしてのキャリアを開始する場合、SES企業などのスキルアップの保証のない企業に入ることになる確率が結構高い。 また官公庁や大企業での採用が多いことからスーツ勤務などといったエンジニア軽視の風潮が強い現場も多かったりします。 そうなるとカジュ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアの強い味方、フリーランスエージェントとは?

このブログで度々登場する単語であるフリーランスエージェント。 これまで正社員として企業に所属してきたエンジニアにとっては馴染みのない単語だと思います。 なんとなく案件を紹介してくれるサービスだろう。 食べログの飲食店が案件に変わったようなものだろう。 派遣の意識高い系なのだろう。 くらいの印象の方もいらっしゃるかも知れません。 そこで今回はエンジニアにとって、フリーランスエージェントとは何者なのか、利用することによってどんなメリットがあるのかについて説明していこうと思います。 理屈はいいからどのエージェン ...

続きを読む

-WordPress

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.