TIS ENGINEER NOTE

27才文系出身フリーランスエンジニアのブログ

WordPress

Google Analytics(アナリティクス)でWordPressのアクセス解析

更新日:

ブログ・ホームページを公開していると、

自分の作成した記事をどれだけの人が読んでくれているのか気になってくることかと思います。

少なくとも私は気になってしまいます・・・

 

閲覧してくれる人がいることはモチベーションに繋がりますし、

何よりどのようなキーワードや経路でアクセスしていただいているかを把握することは

サイトのクオリティ向上の為の重要な要素かと思います。

 

そこで今回はGoogle Analytics(アナリティクス)を使用してWordPressのアクセス解析を

利用できるまでの手順についてご説明させていただきます。

 

Google Analytics(アナリティクス)とは

Google Analytics(アナリティクス)はその名前の通りGoogleが提供している

無料のアクセス解析ツールです。

私はまだ導入したばかりですので

解析結果の見方、情報の活用法等につきましては別途ご確認お願いいたします。

私もこれから勉強します・・・

 

ちなみに私の環境は以下の通りです。

WordPressバージョン:4.4.2

使用テーマ:Stinger7

WordPressへの導入手順

1. Google Analytics登録

Google Analyticsはプラグインとは異なり外部サービスとなりますので、そちらへの登録が必要です。

search

まずはGoogle Analyticsを入力して検索

すると公式サイトが表示されますので、クリックしましょう。

URLはこちら

Google アナリティクス公式サイト

 

site

するとこのようなページが表示されますので、右上の『アカウント作成』をクリックしてください。

※Google Analyticsのアカウントを登録するには、『googleアカウント』が別途必要のようです。

Googleアカウントをお持ちでない方は、下記のサイトで分かりやすく説明されておりますので、ご参照ください。

Googleアカウントの新規作成

AjaxTower

お持ちの方はログイン画面が出てくるかと思いますので、ログインしてください。

 

step1

するとこのような画面に移動しますので、

右側にある『お申し込み』をクリックしてください。

 

step3

するとアカウント情報入力画面に移動しますので、必要事項を記入していきます。

直接WordPressとの結びつきに使用するわけではなさそうなので、厳密に入力は必要なさそうです。

 

トラッキング対象:解析したい対象。基本的にウェブサイトで問題ないでしょう。

アカウント名:Google Analyticsにおけるユーザー名のようなもの

ウェブサイト名:そのまま解析したいウェブサイトの名称

ウェブサイトのURL:解析したいウェブサイトのURL

業種:ウェブサイトの分類(自分はしっくりくる分類が無かった為、その他に設定いたしました)

レポートのタイムゾーン:デフォルトだとアメリカになっていますので忘れずに日本に修正しておきましょう。

 

step4

下のチェックボックスは特にいじる必要はありません。

入力が完了しましたら画面下部の『トラッキングIDを取得』をクリックしましょう。

 

step5

利用規約がポップアップで出てきますので、しっかり呼んで内容に問題がなければ

同意する』をクリックします。

ちなみにこちらもデフォルトではアメリカ合衆国で設定されていて英語で表示されますので、左上の部分を

日本に変更してから読みましょう。私は英語苦手です・・・

 

step18

こちらの画面に移動すればアカウント登録は完了となります。

赤枠の部分はすぐに使用しますので、確認できるようにしておきましょう。

 

登録だけでは解析ができるようにはなりません。

以下でWordPress側に設定を行っていきます。

2. Google AnalyticsをWordPressに適用

Google Analyticsが自分のサイトへのアクセスを感知する為のコードを埋め込んでいきます。

途中までは一般的な方法で設定をしていたのですが、テーマ『Stinger7』にはもっと簡単に

Google Analyticsを設定する手順がありました。

 

テーマにStinger7を使用している方はこちらまでジャンプ

 

まずは一般的なGoogle Analyticsの適用方法を説明いたします。

 

step8

WordPressの管理画面で『外観』の『テーマを編集』をクリックしてください。

 

step9

テーマヘッダ(header.php)を選択

※画面は使用しているテーマ・プラグインによって異なるかと思います。

 

step10

 

アカウント登録完了画面で確認しておいた『ウェブサイトのトラッキング』(<script>で挟まれたやつです。)

を</head>と書かれた部分の真上に貼り付けましょう。

※記入されているコードも使用しているテーマ・プラグイン・カスタマイズ状況によって異なるかと思います。

記入した後、『ファイルを更新』をクリックすれば適用完了です!

 

 

ウェブサイトのトラッキングが表示されたサイトを閉じちゃったよーという方は

step13

Google Analyticsのトップページから画面上部『ホーム』をクリック

 

step14

『すべてのウェブサイトのデータ』をクリック

 

step15

『アナリティクス設定』をクリック

 

step16

『トラッキング情報』の

 

step17

『トラッキングコード』をクリック

 

step18

これでいつでも確認できますね。

各手順については下記サイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました!

めっちゃ簡単!WordPressでGoogleアナリティクスの設定方法

虎の巻 ブログ

 

テーマにStinger7を使用している場合

上で記述されている間にheader.phpに

『//アナリティクスコード』という記述があった時点で「おや?」とは思ったのですが、

Stinger7をテーマとして使用している場合、もっと簡単にGoogle Analyticsを設定する方法がございました。

 

step11

Stinger7を有効化させているとダッシュボードの左メニューに

『Stinger7管理』という項目がありますのでクリックしてください。

 

step12

下のほうに『Google連携に関する設定』とあり

『アナリティクスコード』という入力箇所がありますので、

『ウェブサイトのトラッキング』の上の方にあった

 

step18

トラッキング IDの『UA-』以降を入力し、『save』をクリックしてください。

これだけです!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

これで自分のサイトのアクセス状況を確認できるようになったかと思います。

そこで得た情報を活用し、皆さんがよりよいWordPressライフを送ることができれば何よりです。

閲覧ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア入門

2018/7/29

エンジニアにとっての理想的な職場とは

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 この記事を読んでくださっているということはITエンジニアかと思いますが、皆さんエンジニアとして働くならどんな環境で働きたいですか? スーツ勤務が嫌、言われたことをモクモクとこなすのが好き、など人によって理想として掲げる働き方って大きく異なります。 僕はこれまでエンジニアとして、SES企業やノリノリのベンチャー企業、起業したてのスタートアップ企業における業務を経験してきました。 今回は僕の経験や周囲のエンジニアから聞いた話を交えて、エンジニアにとっての働き方 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/2/25

エンジニアがキャリアアップするための3つのテクニック

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニアという職業の中でも高収入とライフワークバランスを実現して充実した人生を送っている人もいれば、低い給料と長時間労働で疲弊しきっている人もいます。 僕も半年前まではエンジニアという職業を見限ってしまおうかと真剣に考えるほど、残念な状況にいました。 しかしこのまま終わってしまうのは悔しいと思い一念発起して行動を起こし、半年の間に月収を3倍以上あげることに成功しました。自分言ってて胡散臭い話ですが、実体験です。 キャリア向上を目指した行動の中には、意識し ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/2

正社員エンジニアという働き方を批判してみる

今回はちょっと過激めなタイトルを飾ってみました。 僕はエンジニアとして、正社員・派遣社員・フリーランスとして働いて来ていますが、その中でどうしても正社員という働き方がもてはやされている理由が分からないんですよね。 とはいえ有名理系大卒で競争力激高な大手企業のスーパーエンジニアだったり、激レアホワイト企業に勤めている人に反論されたらぐうの音も出ないというか、論点が変わってきてしまうので、以下の条件に当てはまるような正社員エンジニアに向けてのお話ということで読み進めていただければなと。 20代で年収400万円 ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/1/2

プログラマになるために資格は必要か

ここ最近のエンジニア需要増大に伴って、プログラマやエンジニアになりたいと考え始める人が周りにも増えてきました。 そんな時によく聞かれるのが「プログラマになろうとしたら、資格とか取ったほうがいいの?」という内容。 確かに、真っ黒な画面に向かってカタカタ英語や記号を打ち込んでいるTHE 専門職であるプログラマという職業には、何かしら資格が必要に思えるかもしれません。 今日はそんなプログラマ・エンジニアを目指していて、最初の一歩として資格取得を検討している人に向けてプログラマになるのに資格が必要かという疑問に応 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/2

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアの目標を自分で定めることができないという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニア ...

続きを読む

-WordPress

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.