TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

WordPress

【WordPress】ブログタイトルにGoogleフォントを使ってみる

更新日:

ブログのヘッダーはアクセスしてくれた人の目に一番最初に入るところですので、できる限りこだわりたいですよね。

でもロゴ画像やオリジナル画像を用意するには技術や時間が結構必要になってきてしまいます。

 

 

すぐにそのような画像を用意するのが厳しいけど、オリジナリティのある外観にしたい・・・

そんな方にオススメしたいのが、

Googleフォント

をタイトルに適用するという手法です。

 

Googleフォントとは?

GoogleフォントとはWeb上にあるフォントをブラウザで表示させる技術によって提供されているサービスです。

自分の環境にフォントデータをダウンロードする必要がなく、無料で手軽に使用でき、

たくさんの種類の中から自分好みのフォントを選ぶことができます。

 

タイトルテキストへの適用方法

私の現在の環境は

WordPressバージョン:4.4.2

使用テーマ:Stinger7

となっておりますので、それに沿って説明を進めさせていただきます。

他のテーマを使用している方でもそこまで違いはないかと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

Googleフォント設定用コードの取得

まずは使用したいGoogleフォントのページへと移動します。

トップページから自分好みのフォントを探すのは結構骨のある作業ですので、

サンプルを表示してくれているサイトを参考にして使用してみることをオススメします。

検索ワードは

『Googleフォント おすすめ 2016』

『Googleフォント オシャレ』

などなど自分の求める要素を含めたものがオススメです。

 

今回は私のブログタイトルにも使用している

Expletus Sans

 

を例にして手順を説明していきます。

ページに移動したら、画面の一番下までスクロールしてください。

するとOpen 'フォント名' in Google Fonts

というリンクがあるので、そちらをクリックしてください。

 

googlefont1

 

すると使用したフォントのサイズや太さを選択などを選ぶことができます。

タイトルに使う場合、Boldタイプのものが使いやすいように思います。

 

googlefont2

 

下のほうにスクロールしていき、ブログに適用させる為に必要なテキストを取得していきます。

googlefont3

 

上の赤枠の中がGoogleフォントとWordPressをリンクしてデータを取得する為の情報になります。

デフォルトだとHTMLファイルの中で使用できるコードになっていますが、

個人的にはCSSで管理した方がラクだと思っていますので、タグの『@import』をクリックして、

CSS用のリンクコードをコピーしてメモ帳等に貼り付けておきます。

こちらを便宜的にGoogleフォント用コード①

としておきます。

googlefont4

その下に実際に修正したテキストにCSS設定する為のコードをコピーしておきます。

こちらはGoogleフォント用コード②とします。

googlefont5

 

ブログに適用

取得したコードをWordPressのCSSファイルに貼り付けていきます。

WordPress管理画面で『テーマの編集』をクリックします。

googlefont6

 

私は現在テーマ『Stinger7』を子テーマ付きで使用していますので、

その環境下での設定手順を進めていきます。

実際に他のテーマで試しての確認はできていませんが、ご容赦ください。

 

コード記載手順の基本は以下の通りです。

Googleフォント用コード①をCSSファイルの先頭部分に記載

Googleフォント用コード②をタイトルテキストのCSS設定の中に追加する

だけです!

私の環境では下記の通りの記載で適用できております。

googlefont7

@import url(https://fonts.googleapis.com/css?family=Expletus+Sans:400,700);

/*
ヘッダーフォント
 */
header .sitename a {
 font-family: 'Expletus Sans', cursive;
 font-size:50px;
 color: #2E2E2E !important;
 margin-top: 20px;
}

 

記載した後、『ファイルを更新』をクリックすれば適用完了です。

使用例

ちなみに私のサイトでは標準ですとこんな感じで、

googlefont8

 

適用後はこうなりました!

googlefont9

 

テキストのみでも個性を演出できるオシャレなフォントですので、大変気に入っております。

 

その他オススメGoogleフォント

実際に私のブログに適用してみた見た目と共に個人的にお気に入りのGoogleフォントを紹介します。

 

Fredericka the Great

カジュアルな雰囲気が気に入って、一時期使用していました。

googlefont10

 

Atomic Age

独特でインパクト大で気に入ったのですが、なんと書いてあるかが大変分かりにくくなってしまったので、お蔵入りでした・・・

サイト名によっては大変個性的なタイトルにできると思います。自分もいつかどこかで使ってみたいと思います。

googlefont11

 

こちらは随時更新していきたいと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

Googleフォントは気軽に使用できることが最大のメリットだと思います。

色々な種類のフォントを自分のサイトで試して、ブログの顔であるヘッダーをオシャレにカスタマイズしてみましょう。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/5/30

中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が100倍幸せになれるというお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はこれまで、 中小SES正社員 派遣エンジニア フリーランスエンジニア として活動してきましたが、その中で中小SESで正社員として働いていたときが、最も得るものが少なかった期間であったと確信しております。 給与・自分の時間・キャリア・経験のどれを取っても得られるものが少なく、エンジニアとして働く中で第三者に搾取される割合が最も多い働き方です。 そこで今回は僕がこれまでキャリアを積む中で確信した中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が幸せになれ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/19

プログラミング初心者にRubyを強くオススメする理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プログラミングを始めようと思った時にまず立ちはだかるのが、 どのプログラミング言語を選択するか という問題です。 Googleで『プログラミング おすすめ』や『プログラミング 初心者』などと調べてみても、 オススメプログラミング言語○選といった類の記事やサイトばかりで 結局何を勉強すればいいの? となってしまっていることでしょう。 そこで今回は、現在プログラマーとして働いている私から、これからプログラムを勉強したいという方に向け、国産プログラミング言語であるRu ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/1

ITエンジニアがTwitter運用に本腰を入れ始めた話

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 私事ですが、最近Twitter運用を本格的に初めてみました。 以前からITエンジニアとしてのアカウントは持っていたのですが、キャリア関連の情報を発信していくために新しくアカウントを開設しました。 そこで今日はITエンジニアとして活動している僕がTwitter運用を本格化するに至った理由と今後の方針についてお話していこうと思います。 Twitterを頑張ってみようと思った理由 Twitterの運用を本格化して行くということは、当然他のことができる時間を削るわけで ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/19

本気でRubyを学びたい人のためのエンジニアスクール『ポテパンキャンプ』

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニアといえば今や最も少ない投資で高収入を望め、更には週3勤務やリモートワークなどの柔軟な働き方も目指せる夢のある職業です。 ここ最近は営業職や事務職から、将来性を考えてエンジニアに転身するといういう人もかなり増えてきています。 特にRubyプログラマーは日本における絶大な需要とリモート案件の豊富さから、特に人気のあるポジションとなっています。エンジニアとして働いているが、職場環境に不満を抱いていたり、今扱っている技術が今後通用するか不安に感じ、Ruby・W ...

続きを読む

-WordPress
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.