TIS ENGINEER NOTE

27才文系出身フリーランスエンジニアのブログ

WordPress

【WordPress】Amazonアソシエイト(アフィリエイト)導入までの手順

更新日:

こんにちは。

本日はブログ記事内でAmazonの商品へのリンクを記事内に設置し、

そのリンクを介した売上に応じて紹介料を獲得することのできる

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)

をWordPressに導入致しましたので、どの手順を共有させていただきます。

 

1.Amazonアソシエイトへのアカウント登録

まずはAmazonアソシエイト公式ページにアクセスし、

『無料アカウント作成』ボタンをクリック

amazon-associate

するとamazonのログイン画面が表示されますので、

アカウントをお持ちの方はメールアドレス(or 電話番号)とパスワードを入力し、ログインしてください。

アカウントをお持ちでない方は『初めて利用します。』にチェックをし、サインインボタンをクリックし、

画面の指示に従い、アカウントを新規作成しておきましょう。

自分はいつも買い物に使用しているアカウントをそのまま使用しました。

 

login

すると自身のアカウント情報確認と必要事項のチェックを行い

『次 Webサイト情報』ボタンをクリックしてください。

通常の個人利用であれば、上から

・上記の紹介料受取人

・いいえ

・いいえ(日本人の場合)

にチェックで問題ありません。

account-info-address

 

次の画面ではWebサイトの情報を入力していきます。

website-info

自身のブログやサイトに関して適切な情報を入力していきましょう。

下にスクロールしていきガンガン入力していきましょう。

website-info2

一番下まで入力が完了したら『次へ』ボタンをクリックしましょう。

info-next

 

再びアカウント情報の入力画面に遷移します。

account-phone

ここの手順はちょっとわかりずらいので要注意です。

私は下記の通り進めて無事次の画面に進めました。

 

1.電話番号を入力し、『今すぐ電話する』ボタンをクリック。(私は携帯電話の番号を入力しましたが、番号をそのまま入力すればOKでした)

2.すぐに不在着信で電話がかかってきます。恐れずに電話をとりましょう。アナウンスが流れます。

3.『こちらがあなたのPINです:XXXX』という表示が追加されていますので、そのPINを電話のキーパッドで入力してください。

 

上記の手順が完了すると画面が下記のように変化します。

契約条件に同意できれば、チェックボックスをチェックし『完了ボタン』をクリックしてください。

account-complete

以上でアカウントの登録が完了となります。

表示されたアソシエイトIDはしっかりメモしておきましょう。

そのまま支払い方法を指定する場合、『支払い方法を今指定する』を選択しましょう。

associateid

 

2.支払い方法の指定

支払い方法を選択していきます。

今回は『銀行振り込みでの支払いを希望』にチェックし、

口座情報を入力していきます。

入力が完了したら『登録』ボタンをクリックしましょう。

名前は姓と名の間に半角スペースを入力し、半角カタカナで入力しましょう。(例:テスト タロウ)

choice-payment

※銀行振込を選択した場合、5000円以上の紹介料で支払いが行われるそうです。Amazonギフト券の場合、1500円以上だそうです。

 

以上で支払い方法の指定は完了となります。

 

3.記事にAmazonアフィリエイトリンクを添付

次はいよいよブログに商品紹介にリンクを添付いたします。

Amazonアソシエイトの管理画面トップの検索画面に紹介した製品に関するワードを入力し『GO』ボタンをクリック。

amazon-associate-top

対象の製品が見つかったら『リンクを作成』ボタンをクリックしてください。

amazon-search

するとHTMLコードが生成されますので、こちらをコピーしましょう。

amazon-html

 

コピーしたHTMLコードを本文に記入いたします。

このとき投稿タイプをテキストに切り替えてから入力するようにしましょう。

edit

 

このようになります。

もうちょっと見た目をかっこよくしたい・・・という場合下記記事をご参照ください。

https://tisnote.com/wordpress-amazonjs/

 

4.Amazonアソシエイト 参加者宣言

記事内にアフィリエイトリンクを配置することができるようになりましたが、

あと1つやっておくべきことがあります。

それはサイト内にAmazonアソシエイトプログラムの参加者であることを記述しておかなくてはなりません。

これを怠ってしまうと突然アカウント停止になってしまう可能性もあるそうですので、お忘れなく。

Amazonアソシエイト運営規約に下記のような記述があります。

10. 乙がアソシエイトであることの表示

乙は、本規約、乙による甲のコンテンツの使用、または本プログラムへの乙の参加に関して、いかなるプレスリリースの発行も、その他の発表・広告もしないものとします。乙は、本規約により明示的に許可される以外には、甲と乙との関係につき不実表明や誇張(甲が慈善活動やその他の運動を支援、後援、支持または貢献しているという表明または暗示を含む。)をせず、甲と乙の間、またはその他のいかなる個人もしくは企業との間の関係または提携を表明したり暗示したりしないものとします。乙のサイト上のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」、または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言あるいはグラフィックロゴを適時変更することがあります。

 

要するに、サイトのどこかに、下記のフォーマットの文章を配置しておく必要があります。

○○○(サイト名)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

ちなみに私はひとまずサイドバーにテキストゾーンを配置することで対処いたしました。

 

ダッシュボードの『外観』の中にある、『ウィジェット』をクリックし、

side

『利用できるウィジェット』から『テキスト』をサイドバーウィジェット内にドラッグ&ドロップしてください。

widget

その中に下記のように記述をいれて『保存』をクリックすれば

text-widget

このようにサイト内に表示されます。

mypage

 

ただちょっと見た目が微妙になっちゃいましたので、近いうちに

デザインをカスタマイズするか、固定ページを作成して

そのページへのリンクをフッター部分に配置しようかと思います。

 

まとめ

以上になります。

これで記事内にAmazonのアフィリエイトリンクを配置できるようになりました。

皆さんの参考になれば幸いです。

閲覧ありがとうございました。

 

追記:

無事申請した翌日に承認いただけました。

その時点で記事数10件でした。参考までに。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/8/12

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/3/10

中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が100倍幸せになれるというお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はこれまで、 中小SES正社員 派遣エンジニア フリーランスエンジニア として活動してきましたが、その中で中小SESで正社員として働いていたときが、最も無駄な期間であったと確信しております。 給与・自分の時間・キャリア・経験のどれを取っても得られるものが少なく、エンジニアとして働く中で第三者に搾取される割合が最も多い働き方です。 そこで今回は僕がこれまでキャリアを積む中で確信した中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が100倍幸せになれるとい ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

ITエンジニアがスーツ勤務を強要する現場を避けるべき理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プラグラマやインフラ担当などと言ったITエンジニアとしての一般的な働き方として、客先に常駐して業務を行うというものがあります。 そんなとき、現場を選ぶ判断基準の一つとして服装が自由か否かというものが上げられます。 僕は決まって私服勤務可能な現場を選ぶようにしています。それはなぜか。エンジニアをスーツ勤務させる客先にロクなところがないから。 これまでスーツ勤務・私服勤務の現場を経験した上で、エンジニアがスーツを勤務を強要する現場を避けるべき理由を書いて行こうと思い ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/3/26

エンジニアは勉強し続けなければいけない職業なのか

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は就職・転職する際にエンジニアを選択肢に含める人が増えてきています。 しかしエンジニアという職業を候補にあげるにあたって、 エンジニアは働きながら勉強し続けなければいけないのではないか? という疑問もよく見聞きします。 そこで今回はフリーランスエンジニアとして活動している僕の視点からこの疑問についての答えを説明していこうと思います。 結論 先に結論を述べると、 エンジニアは勉強し続けなければいけないのか? という疑問の答えはNOです。 決してエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/2

プログラマーはIT土方なのか

プログラマーという働き方について、調べたときに必ずといって良いほど出てくる単語であるIT土方。 実際に土木関係に従事する人たちがどのような労働環境におかれているかは置いといて、基本的には以下のような状況を揶揄して使われている言葉です。 毎日終電まで残業させられる 納期のプレッシャーに追われる 忙しいのに低賃金 とにかく辛い そういった過酷な環境であるから、『プログラミングを楽しいと思っていたり、理数系の才能がある人間じゃなければ絶対になるな』という言葉もよく聞きます。 今回はプログラマーが世間でIT土方と ...

続きを読む

-WordPress

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.