TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

働き方

不況に対してソフトウェアエンジニアはどう動くべきか

更新日:

こんにちは。

不況。怖いですよね。しかも近々ほぼ確実に来ると予想されています。

そんな中、僕たちソフトエンジニアはどのように立ち回り、自身の生活・家族を守るべきなのか。

今日は不況とソフトウェアエンジニアについて、フリーランス エンジニアの視点からお話していきます。

市場の動き

結論から言うと、ソフトウェアエンジニアの雇用市場の動きは鈍くなることに違いはありません。

それは他の業界とはなんら変わることはありません。

僕らの仕事はWeb上であったり、サーバー上で行っていると言っても、実際にお金を出して要望を出して、仕事を生み出しているのは、具体的な脅威に直面している飲食やイベント業の企業なわけですから当然ですね。

自身や知人の状況を見てみても、明らかに以前と比べて動きが鈍く、身を以て不況の煽りを感じています。

企業の動きと働き方

ソフトウェアエンジニアを雇用、または委託する企業についてさらに具体的に話すと、正社員雇用の門が狭まると予想されます。

これまた他の業界と同様です。

今回のような不測の事態が発生したとしても、おいそれとクビにすることができない存在が正社員というものです。仕事をさせられない上に、給与は払い続ける、と言った状況にある企業もザラにあるような状況です。

であれば力のある企業は別として、強みのない中小企業や零細企業としては以前よりも雇用について消極的になることが予想されます。

もちろんいつまでもその状況が続く訳ではありませんが、ある程度の期間そう言った状況が続くことを覚悟すべきでしょう。

エンジニアがやるべきこと

正社員とフリーランス 

この流れでいくと、「すぐに切り捨てることができる業務委託、つまりフリーランス エンジニアが有利」と言い出しそうですが、そう簡単な話ではありません。

確かに今後の市場の流れ次第では、上記のように企業が気軽に採用できるフリーランスになるメリットは強まるでしょう。

しかしそう言った業務委託の門も狭まっているのも事実です。

プロジェクト自体が動かなくなるような状況です。そうなればフリーランス も正社員もあった物ではありません。

余裕を高める努力をする

じゃあどうすればいいんだ。という話になりますが、様子見できる余裕を作ること、これに尽きます。

ここまで話ておいての結論がシンプルすぎると思われるかも知れませんが、それが事実です。

ここで言っている余裕とは、金銭的、技術的、精神的なものが含まれます。それぞれが強く結びついた物ですが、

  • 出費を減らして貯金を作る。相互扶助のサービスを頼るなどをして金銭的余裕を確保する
  • 書籍を読んだり、プロダクトのプロトタイプを作成するなどして技術を高めて、技術的余裕を確保する
  • 焦って買い叩かれたり、不審な案件を受けないような、精神的余裕を確保する

と言った感じです。

金銭的余裕がなければ精神的余裕を確保するのは難しい、と言ったような依存関係はありますが、それぞれを自分のできる範囲で高める努力をするということが非常に大切なことです。

契約が突然切られるのはないかと怯えているフリーランス 、近いうちに解雇されるのはないかと恐る正社員。

どちらも同様に自分にできることにスポットを当てて行動していきたいですね。

まとめ

ソフトウェアエンジニアという所謂「手に職をつけた」状況にあるだけ僕たちはラッキーと言えます。

これまで身に付けた技術はこの先の不況に大して、非常に心強い武器になるはずです。

不安に押しつぶされず、冷静に今できることを1つ1つやっていきましょう。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

仕事を選べるITエンジニアになるための面談テクニック

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアとして働いていく上で、大部分の人が経験する面談。 その後の数ヶ月、正社員や長期プロジェクトであれば数年の待遇を左右する超重要イベントなのですが、多くのエンジニアがこの重要性に気づいていません。 とりあえずこれまでの経歴を箇条書きして どこかで調べてきたような自己PRを適当に書いて 面談で書いてあることをそのまま口にする といった投げやりな面談を続けていては、売り手市場ということもあり仕事に困る可能性は低いですが、待遇の良い仕事を気づかないうちに逃 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

文系出身エンジニアが語る「弱いエンジニア」戦い方

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は文系大学を卒業し、新卒で入ったITコンサル会社で入社半年後に軽くC#を扱う機会が訪れるまで、プログラミングやエンジニアリングに触れたことが一度もありませんでした。 パソコンも基本的に動画を見たりゲームをするための便利な箱くらいな印象。 一方、エンジニア業界には中学生時代から趣味でプログラミングをしてきたり、理系大学でバリバリ情報系を学んできたエンジニアがゴロゴロいるわけです。もう機械語で会話すればいいのにと思うレベルの猛者揃いです。 そうなると僕のよう ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/1/2

プログラマになるために資格は必要か

ここ最近のエンジニア需要増大に伴って、プログラマやエンジニアになりたいと考え始める人が周りにも増えてきました。 そんな時によく聞かれるのが「プログラマになろうとしたら、資格とか取ったほうがいいの?」という内容。 確かに、真っ黒な画面に向かってカタカタ英語や記号を打ち込んでいるTHE 専門職であるプログラマという職業には、何かしら資格が必要に思えるかもしれません。 今日はそんなプログラマ・エンジニアを目指していて、最初の一歩として資格取得を検討している人に向けてプログラマになるのに資格が必要かという疑問に応 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

プログラマーという働き方を見限る前に見ておくべき記事

プログラマーとかSEってちょっと前まで最先端の働き方って感じで世間でもてはやされていましたが、今ではブラック業界の代表格と言われるようになっていますよね。エリート社畜の巣窟とか。 実際SIer系の案件であったり、システム会社を名乗る派遣企業によって希望を持って入ってきた若者が食いつぶされてきたわけですから、当然の帰結ともいえます。 実際僕がこれまで正社員として働いてきた会社も、みなし残業という名の残業未払いであったり、都内にも関わらず勤続2年目で手取り17万円とかいう扱いを平気でやってきました。鬼畜の所業 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

-働き方

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.