TIS ENGINEER NOTE

27才文系出身フリーランスエンジニアのブログ

プログラミング

sinatraでミニマムなWebサービスを公開してみるよ【sinatra + nginx + puma + Capistrano】

更新日:

sinatraとはRubuで作成されたWebフレームワークです。かなりシンプルな構成ですので、Ruby自体の勉強用としてはRailsより向いているかも知れません。

今回はRailsを使うまでもない小規模なWebサイトを作成する機会がありましたので、sinatra + Puma + nginxの構成で公開し、Capistranoでデプロイできるようになるまでを作業をまとめてみました。

Rubyのインストール・公開サーバーの準備等は完了している前提で進めていきます。

作業PCでの作業

まずは開発用のローカル環境下での作業から。

今回はポートフォリオサイトを作るので、アプリケーション名はportfolioです。

まずはディレクトリを作成し、そのディレクトリに移動。その後bundle initでGemfileを生成します。

そして作成されるGemfileの最後にsinatraを追加します。

保存したら、以下のコマンドでvendor/bundle配下にgemをインストールします。ローカル環境は極力汚さない。

これでローカル開発環境自体は完成となります。

動作確認のために、Rubyファイルを作成し、修正します。

ひとまずはRubyファイルから直接表示します。最終的にはviewファイルを読み込むように修正します。

そしてsinatraを起動。

起動されたらブラウザからhttp://localhost:4567/にアクセスしてみましょう。

上記のようにmain.rbに記載した内容が表示されていればOKです。

Gitの初期設定

なにはともあれソースを書いたらバージョン管理。Gitの初期設定を行います。

以降のコマンドは基本的にアプリケーションディレクトリ(今回であればportfolio)配下で実行します。

使用しているPCで初めてGitを使用する場合

git init

アプリケーションディレクトリでgit initします。これでportfolio配下がGitによってバージョン管理される対象となります。

gitignoreを設定

git上にアップしたくないファイルを設定します。今回はvendor/bundle配下とbundlerのconfigはアップしないようにします。

add & commit

リモート設定

Gitリポジトリサービスの登録は済ませておいてください。

Bitbucket,GitHubなりお好みのサービスをどうぞ。

登録しているサービスでリポジトリを作成するとリモート設定のコマンドが表示されますので、そちらを実行しましょう。基本的には以下のような形です。

以上でバージョン管理の設定は完了です。長丁場ですね。コーヒーでも飲んで一休みしましょう。

サーバーへの配布準備

サーバーに公開するだけなら、作成したファイルをサーバーにコピーしてWebサーバーの準備をするだけですが、それだけだと変更を加えた時に、いちいちコピーし直さなければなりません。それって結構手間になります。

プログラマーは怠惰であれの言葉に則り、Capistranoというツールを使って、自動デプロイを実現しておきます。

Gitリポジトリにpushしたソースを公開サーバーにコピーするという処理をCapistranoにやってもらう流れです。

Webサービスの構築などについては下記サイトを参考に進めました。Railsでの例ではありますが、ディレクトリの設定などは同様に進めることが可能です。Rails、DBの設定の部分などは今回スキップしてしまって構いません。

http://qiita.com/eiei19/items/7c08d358c82cb538def0

まずはGemfileに下記を追加し、bundle installしましょう。

インストールが完了したら、下記コマンドでCapistranoの初期設定を行いましょう。

コマンドを実行して生成されたCapfileに以下のコマンドを追加しましょう。

更にconfig/deployファイルも生成されているので、こちらに配布用のコードを書いていきます。

あとは今回アプリケーションをPumaで動かすので、config.ruをアプリケーションディレクトリに作成しておきます。

ここまで完了したら下記コマンドで配布実行。

権限によってはwww配下にディレクトリが作れないよ!と怒られることもあるので、その場合はサーバーにアクセスし、直接作成しておきましょう。

エラーが発生したり、修正を行った時はリポジトリへのpushを忘れないようにしましょう。特にGemfileを修正した時などは、pushしてから再リトライしないと反映されないので要注意!

正常に終了したら、デプロイは完了です。

nginxの設定

これでアプリケーションが動く仕組みはできましたが、実際にインターネットからアクセスされた時にアプリケーションに繋げる仕組みができていませんので、nginxの設定を行います。nginxのインストールや基本的な設定は上で紹介した記事を参考にしてみてください。

今回は設定ファイルの例だけ書いておきます。

設定を記述し終わったら、nginxを起動、または再起動します。

これで実際にサーバーのドメインまたはIPにアクセスすれば作成したsinatraアプリケーションが表示されます。

これからモリモリカスタマイズしていこうと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニア歴2年の僕がギークスジョブでフリーランスを目指してみた

ぼちぼちの偏差値の文系大学を卒業後、パッケージ運用系のIT企業に就職。9か月で退職。 その後特定派遣会社の正社員として働いてきた僕がなぜフリーランスを目指す気になったのか。 一番の理由はズバリ、お金が稼ぎたかったから。 正確にはもっと効率よくお金を稼ぎたかったからです。 こんな会社もう嫌だ・・・ 現在僕は正社員として2年以上継続して現場に赴き、プログラミングの業務に従事してきましたが、全く給料が上がらない。 ぶっちゃけると手取りが20万円に届かないレベル。ボーナスもお小遣い程度なので年収も悲惨。 給与明細 ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/19

本気でRubyを学びたい人のためのエンジニアスクール『ポテパンキャンプ』

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニアといえば今や最も少ない投資で高収入を望め、更には週3勤務やリモートワークなどの柔軟な働き方も目指せる夢のある職業です。 ここ最近は営業職や事務職から、将来性を考えてエンジニアに転身するといういう人もかなり増えてきています。 特にRubyプログラマーは日本における絶大な需要とリモート案件の豊富さから、特に人気のあるポジションとなっています。エンジニアとして働いているが、職場環境に不満を抱いていたり、今扱っている技術が今後通用するか不安に感じ、Ruby・W ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

office

エンジニア独立

2018/1/2

エンジニア歴2年の僕がレバテックフリーランスでフリーランスを目指してみた

正社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの方向転換の一環として、業界最大手であるレバテックフリーランスの個人面談に出向いてきたので、その感想を書いていこうと思います。 フリーランスというと知識・経験・人脈を兼ね備えたスーパーエンジニアしかなれない存在だと思っている人も少なくありません。 しかし最近では今回紹介するレバテックフリーランスや以前の記事で紹介したギークスジョブなどといったエージェントを利用すれば、僕のように経験の浅いエンジニアでも十分に目指せる働き方となっています。 この記事が現在働いている ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/17

自分の市場価値を把握しようとしないエンジニアは搾取される

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア需要の高まり、待遇の向上からエンジニア・プログラマを目指す人が急増してきている昨今。 確かにエンジニアという職業はこれから高収入・柔軟な働き方を目指そうとした時に、最も適切な選択肢です。 そんな高収入かつ将来性のある職業であるエンジニアですが、自分のエンジニアとしての市場価値を知っておかないと、本来得られるはずの収入よりも少ない額で働くことになる可能性があります。それでも中小企業のサラリーマンよりは稼げますが。 今回は何故市場価値を把握しようとし ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.