TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

未分類

【スケジュール管理】手帳 vs スケジュール管理アプリ

更新日:

こんにちは。

 

新社会人の方、今後スケジュールをしっかり管理して行動したいと考えている方。

 

一昔前までは自分の予定やタスクを管理するためには手帳を使用することが定番でした。

しかし今はスマホで様々なスケジュール管理アプリが登場し手荷物を減らしながら、それらを管理することができるようになりました。

 

しかし今でも手帳とペンを使用している方はたくさんいらっしゃいますし、

文房具店、雑貨店などでは今でもたくさんの種類の手帳が並べられています。

 

そこでどちらの方法でスケジュール管理をするのが効率的なのかについて今回は検証してみようと思います。

 

手帳

手帳

メリット

  • 手で字を書くことで記入した予定を覚えやすい
  • 手帳、ペンのデザインなどで個性を演出することができる
  • 切り離して他人に手渡すことができるページや地図、路線図などの便利情報が付与されているものがある
  • フォーマルな場で自然に取り出すことができる

デメリット

  • 大きさによっては荷物が増える
  • ペンも同時に持ち歩かなければ使用することができない
  • ほとんどが紙製のため、豪雨や保管場所によっては字が滲んだり、傷んでしまう場合がある

考察

やはりスマホのスケジュール管理アプリと比較したとき、最も劣ってしまう部分は

持ち運びの手間というところでしょう。

アプリでもスマホやタブレットが必要となりますが、それらは他の用途がメインとなるもので、

スケジュール管理のために持ち歩くというものではないので、

荷物が増えるという感覚は薄いかと思われます。

 

一方でその持ち歩く必要があるということは、

そのデザインを楽しむという長所にも繋がります。

書店、通販、雑貨屋などではかなり広いスペースをとって色々なデザインの手帳が販売されています。

一緒に持ち歩くペンなどのデザインも含めて、

社会人にとって貴重な個性を演出する小物であり、同僚との会話のキッカケにもなるかと思います。

 

スケジュール管理アプリ

スマホ

メリット

  • ほとんどの場面で持ち歩いているスマートフォンで予定を管理することができる
  • 様々な種類のアプリから自分に合ったものを探すことができる
  • アプリによってはバックアップをとることができる
  • 日、週、月などの表示単位を自由に変更することができる

デメリット

  • 端末の充電が切れたり故障したときに、管理ができなくなる
  • アプリの操作方法が分かりにくい場合がある
  • 場面によっては机上に出しにくい

考察

いつも持ち歩いているスマホでスケジュールを管理できるということは最大の長所となります。

予期せぬ場面で予定やタスクが入った場合でもポケットからサッと取り出し、記述することができます。

また手帳は失くしてしまえば中に記していたものは全て失ってしまい、更には個人情報の漏出にも繋がってしまうかも知れません。

そんなときスマホであればバックアップをPCやクラウドにとっておくことができますし、

機種によっては堅牢なロックを設定しておくこともできるでしょう。

 

充電が切れたら使えなくなるというのは地味に痛い点です。

今の時代スマホでできることはあまりにも多い為、スケジュール管理を入力するタイミングに

充電が残っていないという場合もあるでしょう。

スケジュール管理に限ったことではありませんが、予備バッテリーを持ち歩くなどの対処が人によっては必要でしょう。

またビジネスの場ではスマホを表立って出しにくい or 出してはいけないという状況もあるので注意が必要です。

 

個人的な使用状況

 

私は手帳・アプリを何度かずつ使用し、現在スケジュール管理アプリに落ち着いています。

一番の決め手はやはり持ち運びです。

私は仕事以外で外出するとき小さいかばんを使用することが多いのですが、

サイズによっては入らない、またはそれだけで一杯になってしまうことがあります。

そういったプライベートの場面で予定が入ったときの取り回しのしやすさからスケジュール管理アプリで定着しています。

ちなみに使用しているアプリはlife bearというアプリです。シンプルで使いやすいのでお勧めです。

 

まとめ

 

「タイトルでvsと謳っておきながら、結局決着つけてないじゃないか」

と言われてしまいそうですが、

人それぞれの好みや性格、使用するシーンによってどちらがいいのかは変わってくると思っています。

今までどちらかの方法しか使用したことが無かった人が、もう一方を試してみてみたら

そちらの方が自分に合っていたということもあるかもしれません。

この記事がそのようなキッカケになれば嬉しく思います。

閲覧ありがとうございました。

 

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

文系出身エンジニアが26才でフリーランスになった感想

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 フリーランスエンジニアということは、つまりエンジニアとして独立しているということになり、すごい敷居が高い印象を持っている人が多いです。 けど僕は文系大学出身かつ、プログラミングも社会人になって一年弱ほど経ってから初めて経験しました。 そんな経験の浅い僕が滞りなくフリーランスエンジニアとして活動して、報酬についてもある程度満足のいく額を得ることができています。 最近はフリーランスという働き方が脚光を浴びてきて、気にはなっている。けどなかなか踏み出す勇気が出な ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

プログラマーという働き方を見限る前に見ておくべき記事

プログラマーとかSEってちょっと前まで最先端の働き方って感じで世間でもてはやされていましたが、今ではブラック業界の代表格と言われるようになっていますよね。エリート社畜の巣窟とか。 実際SIer系の案件であったり、システム会社を名乗る派遣企業によって希望を持って入ってきた若者が食いつぶされてきたわけですから、当然の帰結ともいえます。 実際僕がこれまで正社員として働いてきた会社も、みなし残業という名の残業未払いであったり、都内にも関わらず勤続2年目で手取り17万円とかいう扱いを平気でやってきました。鬼畜の所業 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

文系出身エンジニアが語る「弱いエンジニア」戦い方

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は文系大学を卒業し、新卒で入ったITコンサル会社で入社半年後に軽くC#を扱う機会が訪れるまで、プログラミングやエンジニアリングに触れたことが一度もありませんでした。 パソコンも基本的に動画を見たりゲームをするための便利な箱くらいな印象。 一方、エンジニア業界には中学生時代から趣味でプログラミングをしてきたり、理系大学でバリバリ情報系を学んできたエンジニアがゴロゴロいるわけです。もう機械語で会話すればいいのにと思うレベルの猛者揃いです。 そうなると僕のよう ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/1/2

プログラマになるために資格は必要か

ここ最近のエンジニア需要増大に伴って、プログラマやエンジニアになりたいと考え始める人が周りにも増えてきました。 そんな時によく聞かれるのが「プログラマになろうとしたら、資格とか取ったほうがいいの?」という内容。 確かに、真っ黒な画面に向かってカタカタ英語や記号を打ち込んでいるTHE 専門職であるプログラマという職業には、何かしら資格が必要に思えるかもしれません。 今日はそんなプログラマ・エンジニアを目指していて、最初の一歩として資格取得を検討している人に向けてプログラマになるのに資格が必要かという疑問に応 ...

続きを読む

-未分類
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.