TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Scalaの開発環境を構築する

更新日:

オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの二刀流が可能(細かい定義はツッコミなしで)という中二病的にビビッとくる設定特性を持ったプログラミング言語Scala。

今日はそのScalaの開発環境をMac上に構築したので、その手順について共有していこうと思います。

各種インストール

Java

まずはscalaをインストールと言いたいところですが、その前にjavaをインストールする必要があります。そのままscalaをインストールしようとすると怒られます(怒られました)。

brew caskが使えない時は先にbrew-caskをインストールしておきましょう。自分は特にcaskのインストール不要でしたので、導入したタイミングによって要否が変わってくるかと。

brew install caskroom/cask/brew-cask
brew cask install java

途中でsudoパスワードを尋ねられますので、入力してインストールを継続しましょう。結構時間かかるのでコーヒーでも飲んでまったりしましょう。

Scala

javaのインストールが完了したら、念願のScalaインストールです。

brew install scala

sbt

次にScalaで開発する上で必要となってくるビルドツールであるsbtをインストールしておきます。

brew install sbt

しかしbrew caskでインストールされたjavaがjava9の場合、sbtのインストールが失敗してしまいます。(2017/11実施時に発生)

sbt: Java 1.8 is required to install this formula.
JavaRequirement unsatisfied!

こんな感じのメッセージが出てインストールが失敗した場合、以下の手順を実施してみてください。

brew cask uninstall java
brew tap caskroom/versions
brew cask install java8
brew install sbt

無事インストールが完了すれば、sbtコマンドが正常に動作するようになります。

ディレクトリ作成

sbtのインストールが完了したらsbtの推奨する構成でプロジェクトディレクトリを作成します。

プロジェクトディレクトリを作成したいディレクトリで以下のコマンドを実施します。

sbt new sbt/scala-seed.g8

途中でプロジェクト名を尋ねられますので、作成したプロジェクト名称を入力しましょう。

name [Scala Seed Project]: scala-sample

~/workspaceというディレクトリで実行した場合、workspace/scala-sampleというディレクトリが作成され、その配下にsbt用のディレクトリが配置されています。build.sbtファイルなんかも自動で作成・記述してくれるので、手動で構築するより簡単でミスも発生しにくいためオススメです。

作成されたプロジェクトディレクトリに移動して、早速sbtを走らせてみましょう。newコマンドでサンプルコードも配置されますので、そちらが実行されます。ちなみに最初の実行時は各種インストールが走りますので、ちょっと時間がかかります。

見え辛いですが、出力コマンド内にhelloという文字列が存在していれば上手く動いてくれています。

みんな大好きHello World

サンプル動かすだけではちょっと寂しいので自分でファイルを作って動かしてみましょう。

まずはscala-sample/src/main/scala配下にあるサンプル用のディレクトリを削除してしまいましょう。

次にscala-sample/src/main/scala/に新規scalaファイルを作成して、以下のように記述します。

object HelloWorld {
  def main(args: Array[String]): Unit = {
    println("Hello, World!")
  }
}

保存したら、sbt runを行なって、Hello, World!が出力されることを確認しましょう。

まとめ

これでひとまずScalaの開発が進められるようになりました。次はPlay Frameworkの開発環境を構築していこうかなと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/25

【正社員並みの保証】安心フリーランスエージェント・Midworksを徹底分析

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 今やフリーランスエンジニアという働き方もだいぶカジュアルになってきています。僕自身 文系大学卒 大したキャリアもコネもない という一般的には心もとない状態から独立しましたが、正社員時代と比べて収入も5倍ほどになり、リモート中心で非常にストレスのない毎日を過ごせています。 先日エンジニアの集まりに参加して、そこにもフリーランスエンジニアが何人かいたのですが、その人たちの多くからMidworksというエージェントを使っているという話を聞きました。 気になって調べてみ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が100倍幸せになれるというお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はこれまで、 中小SES正社員 派遣エンジニア フリーランスエンジニア として活動してきましたが、その中で中小SESで正社員として働いていたときが、最も得るものが少なかった期間であったと確信しております。 給与・自分の時間・キャリア・経験のどれを取っても得られるものが少なく、エンジニアとして働く中で第三者に搾取される割合が最も多い働き方です。 そこで今回は僕がこれまでキャリアを積む中で確信した中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が幸せになれ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアのコントロールしにくいという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニアという存在は ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアとして働くことの実情

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は本業が忙しくブログの更新が滞っておりました。更新を楽しみにしてくださった方々、申し訳ありませんでした。 今後もエンジニアにとって有益な情報を提供できるよう更新を再開していこうと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 フリーランスエンジニアの実情 このブログではフリーランスエンジニアとして働くことの利点や、実際にどのようなステップでフリーランスエンジニアになるかについての記事をなんども書いてきました。 しかし実際にフリーランスエンジニアとして ...

続きを読む

-プログラミング
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.