TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Scalaの開発環境を構築する

更新日:

オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの二刀流が可能(細かい定義はツッコミなしで)という中二病的にビビッとくる設定特性を持ったプログラミング言語Scala。

今日はそのScalaの開発環境をMac上に構築したので、その手順について共有していこうと思います。

各種インストール

Java

まずはscalaをインストールと言いたいところですが、その前にjavaをインストールする必要があります。そのままscalaをインストールしようとすると怒られます(怒られました)。

brew caskが使えない時は先にbrew-caskをインストールしておきましょう。自分は特にcaskのインストール不要でしたので、導入したタイミングによって要否が変わってくるかと。

brew install caskroom/cask/brew-cask
brew cask install java

途中でsudoパスワードを尋ねられますので、入力してインストールを継続しましょう。結構時間かかるのでコーヒーでも飲んでまったりしましょう。

Scala

javaのインストールが完了したら、念願のScalaインストールです。

brew install scala

sbt

次にScalaで開発する上で必要となってくるビルドツールであるsbtをインストールしておきます。

brew install sbt

しかしbrew caskでインストールされたjavaがjava9の場合、sbtのインストールが失敗してしまいます。(2017/11実施時に発生)

sbt: Java 1.8 is required to install this formula.
JavaRequirement unsatisfied!

こんな感じのメッセージが出てインストールが失敗した場合、以下の手順を実施してみてください。

brew cask uninstall java
brew tap caskroom/versions
brew cask install java8
brew install sbt

無事インストールが完了すれば、sbtコマンドが正常に動作するようになります。

ディレクトリ作成

sbtのインストールが完了したらsbtの推奨する構成でプロジェクトディレクトリを作成します。

プロジェクトディレクトリを作成したいディレクトリで以下のコマンドを実施します。

sbt new sbt/scala-seed.g8

途中でプロジェクト名を尋ねられますので、作成したプロジェクト名称を入力しましょう。

name [Scala Seed Project]: scala-sample

~/workspaceというディレクトリで実行した場合、workspace/scala-sampleというディレクトリが作成され、その配下にsbt用のディレクトリが配置されています。build.sbtファイルなんかも自動で作成・記述してくれるので、手動で構築するより簡単でミスも発生しにくいためオススメです。

作成されたプロジェクトディレクトリに移動して、早速sbtを走らせてみましょう。newコマンドでサンプルコードも配置されますので、そちらが実行されます。ちなみに最初の実行時は各種インストールが走りますので、ちょっと時間がかかります。

見え辛いですが、出力コマンド内にhelloという文字列が存在していれば上手く動いてくれています。

みんな大好きHello World

サンプル動かすだけではちょっと寂しいので自分でファイルを作って動かしてみましょう。

まずはscala-sample/src/main/scala配下にあるサンプル用のディレクトリを削除してしまいましょう。

次にscala-sample/src/main/scala/に新規scalaファイルを作成して、以下のように記述します。

object HelloWorld {
  def main(args: Array[String]): Unit = {
    println("Hello, World!")
  }
}

保存したら、sbt runを行なって、Hello, World!が出力されることを確認しましょう。

まとめ

これでひとまずScalaの開発が進められるようになりました。次はPlay Frameworkの開発環境を構築していこうかなと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がポテパンフリーランスの個人面談を受けてきた

特定派遣会社の正社員からフリーランスエンジニアを目指す活動の一環として、フリーランス初心者に特化したエージェントであるポテパンフリーランスの個人面談に行ってきましたので、その感想と特徴について書いていきます。 前提として僕はエンジニア暦2年半、化石のような超マイナーフレームワークでの開発経験しかないというちょっと残念なエンジニアです。 そんな僕でもフリーランスエンジニアとして活動できるという実感を今回の個人面談で得ることができました。 フリーランスという働き方に興味を持ってはいるが、具体的にどうすれば実現 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。 報酬(給与)の額 やりがい 成長機会 で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。 人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。 自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。 1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけで ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/25

絶対にエンジニアになりたい人にオススメするプログラミングスクール3選

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 最近はエンジニアの人手不足による給与向上や、自由度の高い働き方に魅力を感じてエンジニア・プログラマを目指す人が増えてきました。 僕の周囲にもプログラミングを始めたいという人が増えてきて、プログラミングスクールとかたくさんあるけどどれがいいの?という質問を受けることがあります。 せっかくなので実際に現場でWeb開発に携わる立場からプログラミングスクールについて比較しながら調べてみました。 そして実際にエンジニアとして働くために最も充実したサービスを提供しているプロ ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/19

プログラミング初心者にRubyを強くオススメする理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プログラミングを始めようと思った時にまず立ちはだかるのが、 どのプログラミング言語を選択するか という問題です。 Googleで『プログラミング おすすめ』や『プログラミング 初心者』などと調べてみても、 オススメプログラミング言語○選といった類の記事やサイトばかりで 結局何を勉強すればいいの? となってしまっていることでしょう。 そこで今回は、現在プログラマーとして働いている私から、これからプログラムを勉強したいという方に向け、国産プログラミング言語であるRu ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がギークスジョブでフリーランスを目指してみた

ぼちぼちの偏差値の文系大学を卒業後、パッケージ運用系のIT企業に就職。9か月で退職。 その後特定派遣会社の正社員として働いてきた僕がなぜフリーランスを目指す気になったのか。 一番の理由はズバリ、お金が稼ぎたかったから。 正確にはもっと効率よくお金を稼ぎたかったからです。 こんな会社もう嫌だ・・・ 現在僕は正社員として2年以上継続して現場に赴き、プログラミングの業務に従事してきましたが、全く給料が上がらない。 ぶっちゃけると手取りが20万円に届かないレベル。ボーナスもお小遣い程度なので年収も悲惨。 給与明細 ...

続きを読む

-プログラミング
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.