TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Scalaの開発環境を構築する

更新日:

オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの二刀流が可能(細かい定義はツッコミなしで)という中二病的にビビッとくる設定特性を持ったプログラミング言語Scala。

今日はそのScalaの開発環境をMac上に構築したので、その手順について共有していこうと思います。

各種インストール

Java

まずはscalaをインストールと言いたいところですが、その前にjavaをインストールする必要があります。そのままscalaをインストールしようとすると怒られます(怒られました)。

brew caskが使えない時は先にbrew-caskをインストールしておきましょう。自分は特にcaskのインストール不要でしたので、導入したタイミングによって要否が変わってくるかと。

brew install caskroom/cask/brew-cask
brew cask install java

途中でsudoパスワードを尋ねられますので、入力してインストールを継続しましょう。結構時間かかるのでコーヒーでも飲んでまったりしましょう。

Scala

javaのインストールが完了したら、念願のScalaインストールです。

brew install scala

sbt

次にScalaで開発する上で必要となってくるビルドツールであるsbtをインストールしておきます。

brew install sbt

しかしbrew caskでインストールされたjavaがjava9の場合、sbtのインストールが失敗してしまいます。(2017/11実施時に発生)

sbt: Java 1.8 is required to install this formula.
JavaRequirement unsatisfied!

こんな感じのメッセージが出てインストールが失敗した場合、以下の手順を実施してみてください。

brew cask uninstall java
brew tap caskroom/versions
brew cask install java8
brew install sbt

無事インストールが完了すれば、sbtコマンドが正常に動作するようになります。

ディレクトリ作成

sbtのインストールが完了したらsbtの推奨する構成でプロジェクトディレクトリを作成します。

プロジェクトディレクトリを作成したいディレクトリで以下のコマンドを実施します。

sbt new sbt/scala-seed.g8

途中でプロジェクト名を尋ねられますので、作成したプロジェクト名称を入力しましょう。

name [Scala Seed Project]: scala-sample

~/workspaceというディレクトリで実行した場合、workspace/scala-sampleというディレクトリが作成され、その配下にsbt用のディレクトリが配置されています。build.sbtファイルなんかも自動で作成・記述してくれるので、手動で構築するより簡単でミスも発生しにくいためオススメです。

作成されたプロジェクトディレクトリに移動して、早速sbtを走らせてみましょう。newコマンドでサンプルコードも配置されますので、そちらが実行されます。ちなみに最初の実行時は各種インストールが走りますので、ちょっと時間がかかります。

見え辛いですが、出力コマンド内にhelloという文字列が存在していれば上手く動いてくれています。

みんな大好きHello World

サンプル動かすだけではちょっと寂しいので自分でファイルを作って動かしてみましょう。

まずはscala-sample/src/main/scala配下にあるサンプル用のディレクトリを削除してしまいましょう。

次にscala-sample/src/main/scala/に新規scalaファイルを作成して、以下のように記述します。

object HelloWorld {
  def main(args: Array[String]): Unit = {
    println("Hello, World!")
  }
}

保存したら、sbt runを行なって、Hello, World!が出力されることを確認しましょう。

まとめ

これでひとまずScalaの開発が進められるようになりました。次はPlay Frameworkの開発環境を構築していこうかなと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

文系出身エンジニアが26才でフリーランスになった感想

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 フリーランスエンジニアということは、つまりエンジニアとして独立しているということになり、すごい敷居が高い印象を持っている人が多いです。 けど僕は文系大学出身かつ、プログラミングも社会人になって一年弱ほど経ってから初めて経験しました。 そんな経験の浅い僕が滞りなくフリーランスエンジニアとして活動して、報酬についてもある程度満足のいく額を得ることができています。 最近はフリーランスという働き方が脚光を浴びてきて、気にはなっている。けどなかなか踏み出す勇気が出な ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/19

本気でRubyを学びたい人のためのエンジニアスクール『ポテパンキャンプ』

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニアといえば今や最も少ない投資で高収入を望め、更には週3勤務やリモートワークなどの柔軟な働き方も目指せる夢のある職業です。 ここ最近は営業職や事務職から、将来性を考えてエンジニアに転身するといういう人もかなり増えてきています。 特にRubyプログラマーは日本における絶大な需要とリモート案件の豊富さから、特に人気のあるポジションとなっています。エンジニアとして働いているが、職場環境に不満を抱いていたり、今扱っている技術が今後通用するか不安に感じ、Ruby・W ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間を減らして週3リモートで月70万円で働いていますが、このくらいのバランスもストレスが少なく、快適な日々を過ごすことができています。 そんな感じで独立から1年以上が経過し、わかったことがあります。 ITエンジニアは今の相場から考えれば、フリーランスになった方が圧倒的に得だなということです。 もちろん正社員ディス ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

正社員エンジニアがフリーランスになるのは全く難しくないという事実

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近ではフリーランスエンジニアというのも珍しいものではなくなってきましたが、まだ誤解されている部分があります。 「フリーランスエンジニアになるのって大変なんでしょ?」 という誤解です。 エンジニアがフリーランスになるのに、 卓越した技術やセンス 業界内の幅広いコネ 仕事を取るための営業力 などは一切必要ありません。 今回はそのあたりの誤解を解消していきたいと思います。 フリーランス = ハイスキル ではない 世の中多くのエンジニアが誤解していることなんですが、 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/28

ITエンジニアが給与上げるために出来ることは限られている

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 今ITエンジニアってかなり稼げる職種として知られてきていますが、中にはその影響を感じられていない人もいるんじゃないかと思います。 ぼくは2年の間に正社員、派遣、フリーランスと渡り歩いて、月収は20万→40万→80万->100万と変動してきました。 その中でITエンジニアとして収入を上げるために出来ることがなんなのかが少しずつ見えてきました。 今回はその経験から感じたITエンジニアが収入を上げるために出来ることについて分析・解説していきます。 会社の中で給 ...

続きを読む

-プログラミング
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.