TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

開発環境におけるRuby on Railsの新規プロジェクト作成手順【まとめ】

更新日:

Ruby on Railsで新規でプロジェクトを作成するたびに各手順をググっていては時間がもったいない。

ということで備忘録的な意味も込めて、開発環境においてRails新規プロジェクトを作成する一連の手順をまとめてみました。

はじめに

  • Rails5でプロジェクトを作成する前提で記載しております。
  • Rubyの環境構築完了後からの手順となっております。
  • コマンドはMac、Linux環境のものを記載しております。Windows環境で開発をしている方は適宜読み替えて実施してください。
  • 各種gemをローカルインストールすることでプロジェクト毎にgemを管理できる手順となっております。複数のプロジェクトをきれいに共存させたい方にオススメ

新規プロジェクト作成

ディレクトリ作成

Railsアプリケーション用のディレクトリを作成し、作成したディレクトリに移動します。

~/workspace $ mkdir myapp1

~/workspace $ cd myapp1/

bundle init & Gemfile修正

bundle initを実行します。

~/workspace/myapp1 $ bundle init

bundle initを実行するとGemfileが作成されますので、以下のように編集します。

# frozen_string_literal: true
source "https://rubygems.org"

# gem "rails"
gem 'rails', '~> 5.1.3'

※Railsのバージョンは適宜自分の使いたいものに書き換えてください。

その後Railsアプリケーション用のディレクトリにbundle installを実行します。

bundle install

~/workspace/myapp1 $ bundle install --path vendor/bundle

※このとき--path vendor/bundleは忘れないようにしましょう。

このオプションを使用することによって、アプリケーション用ディレクトリ配下の.bundleディレクトリ内のconfigファイルに以下のような記述が追加されます。

---
BUNDLE_PATH: "vendor/bundle"
BUNDLE_DISABLE_SHARED_GEMS: "true"

BUNDLE_PATHはbundleのインストール先パス

BUNDLE_DISABLE_SHARED_GEMSはシステムにインストールをされているgemを使用しないという設定です。

--path vendor/bundleは次回以降のbundle installでは指定する必要はありません。

※1回目のbundle installは失敗する場合があります。その際はもう一度同じコマンドを実行してください。2回目が成功で完了すればOKです。

rails new

次は現在のディレクトリにRailsプロジェクトを作成します。

/workspace/myapp1 $ bundle exec rails new . 

コマンドを実行した際、

Overwrite /home/tobita/workspace/api_react/Gemfile? (enter "h" for help) [Ynaqdh]

と表示されますが、Yを入力して処理を継続させてください。Gemfileを上書きするよーと言っています。

bundle execはvendor/bundle配下に存在するgemを指定するために必要な指定となっております。

毎回bundle execを指定するのがめんどい人は

alias be="bundle exec"

を.bashrcなどに設定するなりコマンドを打つなりするればbe rails s といったように省略形で実行できます。

MySQLでプロジェクトを作成したい場合

/workspace/myapp1 $ bundle exec rails new . -d mysql

APIモードでプロジェクトを作成したい場合

 /workspace/myapp1 $ bundle exec rails new . --api

以上でひとまずはRailsプロジェクトの作成が完了しました。

これ以降は大体の環境開発で必要となる初期設定について記載していきます。

データベース初期設定

僕は開発環境でも基本的にMySQLを使用しておりますので、MySQLでの方法を書いていきます。

他のDBの場合、各種データベース作成の手順に従って実施してください。

MySQLログイン

~/workspace/myapp1 $ mysql -u root -p

新規ユーザー作成&確認

GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO myapp1@localhost IDENTIFIED BY 'myapp1';

select host,user from mysql.user;

database.yml修正

データベース接続に関する設定を行います。

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  pool: 5
  username: myapp1
  password: myapp1
  socket: /var/run/mysqld/mysqld.sock
// 以下省略

基本的には先ほど作成したDBユーザーの設定をusername/passwordの部分に反映させるだけでOKです。

※socketについては環境によって異なってくるかと思いますので、基本的にはデフォルトのままにしておいてください。自動で生成されるconfigにsocketが存在しない場合、追加しなくて問題ありません。

DB作成&マイグレート

 /workspace/myapp1 $ bundle exec rails db:create

 /workspace/myapp1 $ bundle exec rails db:migrate

Gitの設定

基本的に開発環境にはバージョン管理が必須です。

その為アプリケーションのディレクトリにGitの設定を行います。

Git自体はインストールされている前提で説明いたします。

使用しているPCで初めてGitを使用する場合

git config --global user.name "Your Name"
git config --global user.email your.email@example.com

git init

 /workspace/myapp1 $git init

gitignoreを設定

git上にアップしたくないファイルを設定します。

Githubにある.gitignoreの設定例が一番確実かなと思います。

もうちょっとシンプルにまとめたい場合下記のリンクの設定もオススメです。

http://source.hatenadiary.jp/entry/2014/02/09/084318

git add

~/workspace/myapp1 $ git add -A

初期コミット

~/workspace/myapp1 $ git commit -m "Initialize repository"

リモート設定

Gitリポジトリサービスの登録は済ませておいてください。

ソースを公開したくない場合Bitbucketを

ポートフォリオ的にも活用したい場合はGitHubを

といった基準で自分は選択しています。

登録しているサービスでリポジトリを作成するとリモート設定のコマンドが表示されますので、そちらを実行しましょう。基本的には以下のような形です。

~/workspace/myapp1 $ git remote add origin git@github.com:XXXXXX/myapp1.git

git push

~/workspace/api_react $ git push -u origin master

まとめ

環境環境にてプロジェクトを新規で作成する際の初期作業はこんな感じです。

一連の流れに慣れるまでブックマークして活用などしていただけると嬉しい限りです。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間を減らして週3リモートで月70万円で働いていますが、このくらいのバランスもストレスが少なく、快適な日々を過ごすことができています。 そんな感じで独立から1年以上が経過し、わかったことがあります。 ITエンジニアは今の相場から考えれば、フリーランスになった方が圧倒的に得だなということです。 もちろん正社員ディス ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアになって大変だったこと・苦労したこと

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 このブログでは基本的にITエンジニアの独立を勧めることが多いですが、今日はちょっと視点を変えて、フリーランスエンジニアとして活動する上で、苦労することに視点を当ててお話していこうと思います。 世間ではフリーランスをもてはやす声、それに対する反論などが飛び交っていますが、多くの意見が「フリーランス」という一括りにしたもので、実情を捉えていないものがほとんどであると感じています。 この記事では実際に僕がフリーランスエンジニアとして活動してきた中でリアルに体験してき ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアの働き方比較(正社員/派遣/フリーランス)

最近ではITエンジニアの需要が激増し、特にプログラマーを目指す人が増えてきました。 今の時代、プログラマーをはじめとするITエンジニアを仕事として選ぶことは賢明かつ的確な判断と言えるでしょう。 その一方で、世間ではプログラマーの不遇が叫ばれていたり、IT土方などの蔑称で呼ばれていたりします。 それは働き方の選択を誤っているプログラマーがあまりに多いことが原因となっています。 稼げる市場であるということは、依頼主と技術提供者の間に入って、不当に利益を得ようとする存在が増えることに繋がります。そういった存在に ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/12

エンジニアにとってSESが最良の選択肢ではない3つの理由

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアが正社員として働く上での選択肢として、SES企業というものがあります。 非常に数が多く、特に未経験エンジニアに対して広く門を開けているのでSESを選ぶ人はかなり多い。 しかしこのブログでは度々言っていることですが、ITエンジニアにとっては不幸になる可能性が高い働き方なんですよね。 そこで今日はエンジニアにとってSES企業という選択肢がなぜオススメできないかについて解説していこうと思います。 SESとは? まずSES企業とはどのようなものなのかにつ ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。 報酬(給与)の額 やりがい 成長機会 で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。 人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。 自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。 1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけで ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.