TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Ruby on Railsの『こんな時どうするんだっけ』まとめ【随時更新】

更新日:

Ruby on Railsで開発を行っていると

  • この操作ってどうやるんだっけ?
  • この機能を実装したいときはどのメソッドを使えばいいんだっけ?
  • このエラー見たことあるけど、どうやって対応したんだっけ?

などと何度も同じことを調べてしまうことが多いので、自分の備忘録がてら、Railsの基本操作・トラブルシューティングについてまとめていこうと思います。

コマンド

プロジェクト作成

rails new hello_app

bundleスキップ

rails new app-name --skip-bundle

MySQLを使用して作成

rails new app-name --skip-bundle -d mysql

新規コントローラー作成

rails generate controller Users

※コントローラー名は複数形

複数単語の場合

rails generate controller UserCategories

※generateするときのコントローラー名はキャメルケーススネークケースのどちらでも問題ないようです。

いずれで実行してもコントローラーファイル名はスネークケース、クラス名はキャメルケースに統一されます。

自分は統一した方が迷わず済むので、コントローラー・モデルともにキャメルクラスでコマンドを実行しています。

新規モデル作成

rails generate model User name:string email:string

※モデル名は複数形

複数単語の場合

rails generate model UserCategory name:string email:string

※複数単語命名についてはコントローラーと同様

コントローラー

各アクションの前に処理を実行

before_action :article_user_check

特定のアクションのみ

before_action :article_user_check, only: :show
複数
before_action :article_user_check, only: [:edit,:show,:update,:destroy]

特定のアクションを除外して実行

before_action :article_user_check, except: :show
複数
before_action :article_user_check, except: [:edit,:show,:update,:destroy]

データ作成

※ユーザーの新規記事(article)を作成

@article= current_user.articles.build(article_params)
if @article.save
    flash[:success] = "記事を作成しました"
    redirect_to @article
else
    render 'articles/new'
end

ストロングパラメータ設定

private
def article_params
 params.require(:article).permit(:title,:body)
end

データ更新

@article= Article.find(params[:id])

if @article.update_attributes(article_params)
    flash[:success] = "記事を更新しました"
    redirect_to articles_url
else
    render 'edit'
end

 

モデル

1対多のリレーション

has_many :articles,dependent: :destroy
belongs_to :user

多対多のリレーション

※記事にカテゴリーを設定

has_many :categories, through: :article_categories
has_many :article_categories, dependent: :destroy
has_many :articles, through: :article_categories
has_many :article_categories, dependent: :destroy
belongs_to :article
belongs_to :category

値が空であることを禁ずるバリデーション

validates :user_id,presence:true

値の文字数を制限するバリデーション

最大文字数

validates :title, length: { maximum: 30 }

最小文字数

validates :title, length: { minimun: 30 }

 

ビュー

新規登録画面

<%= form_for(@article) do |f| %>
    <%= f.label :title %>
    <%= f.text_field :title,placeholder:"記事の名称" %>
    <%= f.label :body %>
    <%= f.text_area :body,placeholder:"記事の本文" %>
    <%= f.submit "記事作成" %>
<% end %>

リンク

<%= link_to “記事一覧”, articles_path %>


<%= link_to articles_path do %>
    記事一覧
<% end %>

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/1/28

手数料公開のエンジニア案件紹介サービス『Lancers Top』に登録してみた

日本最大のクラウドソーシングサービスであるランサーズを運営するランサーズ株式会社が今年の10月2日より開始したサービスであるLancers Top。 僕自身既に複数の案件紹介サービスに登録しているのですが、このLancers Topでは色々と面白そうな試みをしており、興味が湧いたため、登録して個人面談まで行ってきました。 今回は実際にLancers Topを利用してみての感想や他のフリーランスエージェントと比べたときの特色などについて紹介していこうと思います。 ランサーズとは? ランサーズといえば言わずと ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

稼げるエンジニアになるには

最近SNSやブログなどで『優秀なエンジニアとは?』みたいな議論で盛り上がっているのを良く見ます。どのようなことができれば優秀なエンジニアと言えるのか、みたいな。 正直言って僕はエンジニアとして優秀であるか否かについてはさほど興味を持てません。優秀であればその優秀さに伴った報酬を得られる職業であったのなら、僕も素直に優秀さを追い求めていたことでしょう。 しかしプログラマーとして未経験の言語に転身したにも関わらず、収入が2倍以上になった経験からそんな単純な職業ではないことを思い知ってしまいました。 優秀なエン ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

エンジニアは勉強し続けなければいけない職業なのか

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は就職・転職する際にエンジニアを選択肢に含める人が増えてきています。 しかしエンジニアという職業を候補にあげるにあたって、 エンジニアは働きながら勉強し続けなければいけないのではないか? という疑問もよく見聞きします。 そこで今回はフリーランスエンジニアとして活動している僕の視点からこの疑問についての答えを説明していこうと思います。 結論 先に結論を述べると、 エンジニアは勉強し続けなければいけないのか? という疑問の答えはNOです。 決してエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

ITエンジニアがスーツ勤務を強要する現場を避けるべき理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プラグラマやインフラ担当などと言ったITエンジニアとしての一般的な働き方として、客先に常駐して業務を行うというものがあります。 そんなとき、現場を選ぶ判断基準の一つとして服装が自由か否かというものが上げられます。 僕は決まって私服勤務可能な現場を選ぶようにしています。それはなぜか。エンジニアをスーツ勤務させる客先にロクなところがないから。 これまでスーツ勤務・私服勤務の現場を経験した上で、エンジニアがスーツを勤務を強要する現場を避けるべき理由を書いて行こうと思い ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.