TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Ruby on Railsの『こんな時どうするんだっけ』まとめ【随時更新】

更新日:

Ruby on Railsで開発を行っていると

  • この操作ってどうやるんだっけ?
  • この機能を実装したいときはどのメソッドを使えばいいんだっけ?
  • このエラー見たことあるけど、どうやって対応したんだっけ?

などと何度も同じことを調べてしまうことが多いので、自分の備忘録がてら、Railsの基本操作・トラブルシューティングについてまとめていこうと思います。

コマンド

プロジェクト作成

rails new hello_app

bundleスキップ

rails new app-name --skip-bundle

MySQLを使用して作成

rails new app-name --skip-bundle -d mysql

新規コントローラー作成

rails generate controller Users

※コントローラー名は複数形

複数単語の場合

rails generate controller UserCategories

※generateするときのコントローラー名はキャメルケーススネークケースのどちらでも問題ないようです。

いずれで実行してもコントローラーファイル名はスネークケース、クラス名はキャメルケースに統一されます。

自分は統一した方が迷わず済むので、コントローラー・モデルともにキャメルクラスでコマンドを実行しています。

新規モデル作成

rails generate model User name:string email:string

※モデル名は複数形

複数単語の場合

rails generate model UserCategory name:string email:string

※複数単語命名についてはコントローラーと同様

コントローラー

各アクションの前に処理を実行

before_action :article_user_check

特定のアクションのみ

before_action :article_user_check, only: :show
複数
before_action :article_user_check, only: [:edit,:show,:update,:destroy]

特定のアクションを除外して実行

before_action :article_user_check, except: :show
複数
before_action :article_user_check, except: [:edit,:show,:update,:destroy]

データ作成

※ユーザーの新規記事(article)を作成

@article= current_user.articles.build(article_params)
if @article.save
    flash[:success] = "記事を作成しました"
    redirect_to @article
else
    render 'articles/new'
end

ストロングパラメータ設定

private
def article_params
 params.require(:article).permit(:title,:body)
end

データ更新

@article= Article.find(params[:id])

if @article.update_attributes(article_params)
    flash[:success] = "記事を更新しました"
    redirect_to articles_url
else
    render 'edit'
end

 

モデル

1対多のリレーション

has_many :articles,dependent: :destroy
belongs_to :user

多対多のリレーション

※記事にカテゴリーを設定

has_many :categories, through: :article_categories
has_many :article_categories, dependent: :destroy
has_many :articles, through: :article_categories
has_many :article_categories, dependent: :destroy
belongs_to :article
belongs_to :category

値が空であることを禁ずるバリデーション

validates :user_id,presence:true

値の文字数を制限するバリデーション

最大文字数

validates :title, length: { maximum: 30 }

最小文字数

validates :title, length: { minimun: 30 }

 

ビュー

新規登録画面

<%= form_for(@article) do |f| %>
    <%= f.label :title %>
    <%= f.text_field :title,placeholder:"記事の名称" %>
    <%= f.label :body %>
    <%= f.text_area :body,placeholder:"記事の本文" %>
    <%= f.submit "記事作成" %>
<% end %>

リンク

<%= link_to “記事一覧”, articles_path %>


<%= link_to articles_path do %>
    記事一覧
<% end %>

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアとして働くことの実情

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は本業が忙しくブログの更新が滞っておりました。更新を楽しみにしてくださった方々、申し訳ありませんでした。 今後もエンジニアにとって有益な情報を提供できるよう更新を再開していこうと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 フリーランスエンジニアの実情 このブログではフリーランスエンジニアとして働くことの利点や、実際にどのようなステップでフリーランスエンジニアになるかについての記事をなんども書いてきました。 しかし実際にフリーランスエンジニアとして ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアのコントロールしにくいという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニアという存在は ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/2/18

Webサービス・Webアプリケーションを作って公開するまでの流れ

エンジニアとして活動していくに際して、自分で作成し公開している制作物があるというのは非常に強力なアピールポイントとなります。 もちろんクオリティが高いに越したことはありませんが、自分で作成し公開までを行なったというだけでもかなりの評価を得られます。 これからエンジニアになりたい エンジニアとしてのキャリアアップ・キャリアチェンジを望んでいる という人には大変オススメのプロセスです。 実際僕もRailsを未経験の状態から勉強していた際の仕上げとして作成&公開したWebアプリケーションのおかげであっさ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/28

手数料公開のエンジニア案件紹介サービス『Lancers Top』に登録してみた

日本最大のクラウドソーシングサービスであるランサーズを運営するランサーズ株式会社が今年の10月2日より開始したサービスであるLancers Top。 僕自身既に複数の案件紹介サービスに登録しているのですが、このLancers Topでは色々と面白そうな試みをしており、興味が湧いたため、登録して個人面談まで行ってきました。 今回は実際にLancers Topを利用してみての感想や他のフリーランスエージェントと比べたときの特色などについて紹介していこうと思います。 ランサーズとは? ランサーズといえば言わずと ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.