TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

React Routerのv4をシンプルな構成で利用してみるよ

更新日:

ReactにReact Routerを導入しましたので、その手順の共有と簡単な解説をしていきます。

react-routerはReactで作成したアプリケーションにルーティングを簡単に実装することができるコンポーネントです。

前置き

今回手順を紹介するreact-routerのバージョンは4.2.2です。

React Routerはバージョン4から仕様が大幅に変わりました。

v4ではWeb/Native(モバイルアプリなど)/anywhere(コアパッケージ)的な別れ方をしていて、Webで利用する場合は派生先であるreact-router-domをimportすれば、元々のreact-routerを導入する必要はありません。

Reactの環境については作成済みであることを前提で進めさせていただきます。

僕はいつもこちらのサイトのclient部分を参照させていただきながら構築しています。いつもありがとうございます。

React Routerの導入

まずはパッケージをインストールします。

yarn add react-router-dom

npmの場合は以下の通り。

npm install react-router-dom

全体のソースコードは以下の通りになります。GitHubにもソースを配置しましたので、よかったら参考にしてみてください。

https://github.com/stobita/react-router-sample

import React from 'react'
import { render } from 'react-dom'
import { BrowserRouter, Route, Link } from 'react-router-dom'

class App extends React.Component{
  render(){
    return (
      <BrowserRouter>
        <div>
          <ul>
            <li><Link to="/">Top</Link></li>
            <li><Link to="/about">このサイトについて</Link></li>
            <li><Link to="/contact">お問い合わせ</Link></li>
          </ul>
          <Route exact path="/" component={TopPage}/>
          <Route path="/about" component={About}/>
          <Route path="/contact" component={Contact}/>
        </div>
      </BrowserRouter>
    )
  }
}

class TopPage extends React.Component{
  render(){
    return (
      <h1>トップページです!ようこそ!</h1>
    )
  }
}

class About extends React.Component{
  render(){
    return (
      <h1>このサイトについてです!読んで!</h1>
    )
  }
}

class Contact extends React.Component{
  render(){
    return (
      <h1>お問い合わせです!問い合わせて!</h1>
    )
  }
}

render(
  <App />,
  document.getElementById('app')
)

重要な箇所だけ抽出して簡単に説明させていただきます。

import { BrowserRouter, Route, Link } from 'react-router-dom'

class App extends React.Component{
  render(){
    return (
      <BrowserRouter>
        <div>
          <ul>
            <li><Link to="/">Top</Link></li>
            <li><Link to="/about">このサイトについて</Link></li>
            <li><Link to="/contact">お問い合わせ</Link></li>
          </ul>
          <Route exact path="/" component={TopPage}/>
          <Route path="/about" component={About}/>
          <Route path="/contact" component={Contact}/>
        </div>
      </BrowserRouter>
    )
  }
}
  1. react-router-domからBrowserRouter,Route,Linkをimportします。
  2. renderするコンポーネントの中身をBrowserRouterコンポーネントで囲います。
  3. BrowserRouterの中で、Routeコンポーネントにルートから見た時のパス(path)と実際にそのパスにアクセスされた時に描写するコンポーネント(component)を渡して配置します。ルートパスにexactというオプションをつけていますが、これはルートパスの時だけTopPageコンポーネントを呼び出すための設定です。これがないと、例えばhttp://localhost:4000/aboutで指定した時もTopPageがAboutと一緒に描写されてしまいます。
  4. Linkコンポーネントに遷移先(to)にRouteのpathに設定したパスを記載することで、それぞれのコンポーネントに遷移するためのリンクが作成されます。

もちろんRouteのcomponentに渡すコンポーネントは関数型コンポーネントでもOKです。

const TopPage = props => {
  return (
    <h1>トップページです!ようこそ!</h1>
  )
}

const About = props => {
  return (
    <h1>このサイトについてです!読んで!</h1>
  )
}

const Contact = props => {
  return (
    <h1>お問い合わせです!問い合わせて!</h1>
  )
}

まとめ

パラメータを利用したルーティングの機能も提供しておりますが、その辺はまた後ほどご紹介できればと思います。

今回の記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

自分の市場価値を把握しようとしないエンジニアは搾取される

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア需要の高まり、待遇の向上からエンジニア・プログラマを目指す人が急増してきている昨今。 確かにエンジニアという職業はこれから高収入・柔軟な働き方を目指そうとした時に、最も適切な選択肢です。 そんな高収入かつ将来性のある職業であるエンジニアですが、自分のエンジニアとしての市場価値を知っておかないと、本来得られるはずの収入よりも少ない額で働くことになる可能性があります。それでも中小企業のサラリーマンよりは稼げますが。 今回は何故市場価値を把握しようとし ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/5/30

エンジニアにとっての理想的な職場とは

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 この記事を読んでくださっているということはITエンジニアかと思いますが、皆さんエンジニアとして働くならどんな環境で働きたいですか? スーツ勤務が嫌、言われたことをモクモクとこなすのが好き、など人によって理想として掲げる働き方って大きく異なります。 僕はこれまでエンジニアとして、SES企業やノリノリのベンチャー企業、起業したてのスタートアップ企業における業務を経験してきました。 今回は僕の経験や周囲のエンジニアから聞いた話を交えて、エンジニアにとっての働き方 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

【地方も強いフリーランスエージェント】PE-BANKを徹底分析

ITエンジニアという職業の魅力についてはこのブログでなんども書いていますが、その中でもフリーランスエンジニアという働き方は、 年収1000万以上も珍しくない高収入 リモートワークや時短勤務などの自由な働き方 を実現する可能性を秘めています。 しかし有名どころのエージェントは基本的に都内、関東のみしか扱っていないケースが多いです。 また現状ITエンジニアがフリーランスとしてやっていく場合、都内で働くことが案件数・単価の都合上もっとも効率がいいです。 しかし地元に愛着があったり、離れることが難しい状況下にある ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。 報酬(給与)の額 やりがい 成長機会 で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。 人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。 自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。 1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけで ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/28

ITエンジニアが給与上げるために出来ることは限られている

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 今ITエンジニアってかなり稼げる職種として知られてきていますが、中にはその影響を感じられていない人もいるんじゃないかと思います。 ぼくは2年の間に正社員、派遣、フリーランスと渡り歩いて、月収は20万→40万→80万->100万と変動してきました。 その中でITエンジニアとして収入を上げるために出来ることがなんなのかが少しずつ見えてきました。 今回はその経験から感じたITエンジニアが収入を上げるために出来ることについて分析・解説していきます。 会社の中で給 ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.