TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

React Routerのv4をシンプルな構成で利用してみるよ

更新日:

ReactにReact Routerを導入しましたので、その手順の共有と簡単な解説をしていきます。

react-routerはReactで作成したアプリケーションにルーティングを簡単に実装することができるコンポーネントです。

前置き

今回手順を紹介するreact-routerのバージョンは4.2.2です。

React Routerはバージョン4から仕様が大幅に変わりました。

v4ではWeb/Native(モバイルアプリなど)/anywhere(コアパッケージ)的な別れ方をしていて、Webで利用する場合は派生先であるreact-router-domをimportすれば、元々のreact-routerを導入する必要はありません。

Reactの環境については作成済みであることを前提で進めさせていただきます。

僕はいつもこちらのサイトのclient部分を参照させていただきながら構築しています。いつもありがとうございます。

React Routerの導入

まずはパッケージをインストールします。

yarn add react-router-dom

npmの場合は以下の通り。

npm install react-router-dom

全体のソースコードは以下の通りになります。GitHubにもソースを配置しましたので、よかったら参考にしてみてください。

https://github.com/stobita/react-router-sample

import React from 'react'
import { render } from 'react-dom'
import { BrowserRouter, Route, Link } from 'react-router-dom'

class App extends React.Component{
  render(){
    return (
      <BrowserRouter>
        <div>
          <ul>
            <li><Link to="/">Top</Link></li>
            <li><Link to="/about">このサイトについて</Link></li>
            <li><Link to="/contact">お問い合わせ</Link></li>
          </ul>
          <Route exact path="/" component={TopPage}/>
          <Route path="/about" component={About}/>
          <Route path="/contact" component={Contact}/>
        </div>
      </BrowserRouter>
    )
  }
}

class TopPage extends React.Component{
  render(){
    return (
      <h1>トップページです!ようこそ!</h1>
    )
  }
}

class About extends React.Component{
  render(){
    return (
      <h1>このサイトについてです!読んで!</h1>
    )
  }
}

class Contact extends React.Component{
  render(){
    return (
      <h1>お問い合わせです!問い合わせて!</h1>
    )
  }
}

render(
  <App />,
  document.getElementById('app')
)

重要な箇所だけ抽出して簡単に説明させていただきます。

import { BrowserRouter, Route, Link } from 'react-router-dom'

class App extends React.Component{
  render(){
    return (
      <BrowserRouter>
        <div>
          <ul>
            <li><Link to="/">Top</Link></li>
            <li><Link to="/about">このサイトについて</Link></li>
            <li><Link to="/contact">お問い合わせ</Link></li>
          </ul>
          <Route exact path="/" component={TopPage}/>
          <Route path="/about" component={About}/>
          <Route path="/contact" component={Contact}/>
        </div>
      </BrowserRouter>
    )
  }
}
  1. react-router-domからBrowserRouter,Route,Linkをimportします。
  2. renderするコンポーネントの中身をBrowserRouterコンポーネントで囲います。
  3. BrowserRouterの中で、Routeコンポーネントにルートから見た時のパス(path)と実際にそのパスにアクセスされた時に描写するコンポーネント(component)を渡して配置します。ルートパスにexactというオプションをつけていますが、これはルートパスの時だけTopPageコンポーネントを呼び出すための設定です。これがないと、例えばhttp://localhost:4000/aboutで指定した時もTopPageがAboutと一緒に描写されてしまいます。
  4. Linkコンポーネントに遷移先(to)にRouteのpathに設定したパスを記載することで、それぞれのコンポーネントに遷移するためのリンクが作成されます。

もちろんRouteのcomponentに渡すコンポーネントは関数型コンポーネントでもOKです。

const TopPage = props => {
  return (
    <h1>トップページです!ようこそ!</h1>
  )
}

const About = props => {
  return (
    <h1>このサイトについてです!読んで!</h1>
  )
}

const Contact = props => {
  return (
    <h1>お問い合わせです!問い合わせて!</h1>
  )
}

まとめ

パラメータを利用したルーティングの機能も提供しておりますが、その辺はまた後ほどご紹介できればと思います。

今回の記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアが市場価値を知りたければエージェントを活用すべき

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 企業に雇われないフリーランスという働き方。 ITエンジニアという自分の技術を商売道具とする職業は、フリーランスとの相性が抜群だったりします。 僕自身文系かつエンジニア歴2年半で独立しましたが、1年目から年収1000万を軽く超えることができました。 独立してこれまでで学んだことは、ITエンジニアがフリーランスとなり効率よく稼ぐには市場価値の把握がもっとも重要であるということです。 市場価値という超重要な要素 ITエンジニアという職業はいくら高い技術を持っていても ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/29

技術を選んで働くエンジニアになるために

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアと一言で言っても扱っている技術によって働き方は様々です。 また働き方に加えて、将来的なキャリアの展望も使う技術によって大きく変わってきます。 ぼくはエンジニアとして扱う技術を変化させていき、現在は週3でリモート中心でマイペースに働きながらゆとりを持って暮らせるくらいは稼げる程度にまで持っていけました。 そこで今回はITエンジニアが使う技術を選ぶことの大切さと、実際に選ぶためのテクニックについてご紹介していきます。 技術を選ぶ事による効能 まずは使 ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/17

現役エンジニアからみたProEngineerの『エンジニアカレッジ』について

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 最近、 どうすればエンジニアになれるのか エンジニアになるためにどんな勉強をしたの? といった質問を受けることが多くなってきました。 エンジニアは高稼働のブラック職業であるという印象も薄れてきて、効率よく稼げる職業としての側面に気付き始めた方が増えてきたということでしょう。 とはいえ全くの未経験からITエンジニアに転向するというのは独学の場合、不可能ではありませんが、かなり難易度の高い挑戦であると言えます。たとえ独学で成し遂げたとしても、よっぽど運がよくない限り ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアのコントロールしにくいという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニアという存在は ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間を減らして週3リモートで月70万円で働いていますが、このくらいのバランスもストレスが少なく、快適な日々を過ごすことができています。 そんな感じで独立から1年以上が経過し、わかったことがあります。 ITエンジニアは今の相場から考えれば、フリーランスになった方が圧倒的に得だなということです。 もちろん正社員ディス ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.