TIS ENGINEER NOTE

27才文系出身フリーランスエンジニアのブログ

プログラミング

React + ReduxでActionCableに通信する書き方をサクッと紹介

更新日:

  • Ruby on Rails 5から導入されたリアルタイム通信機能であるActionCable
  • 浮き沈みの激しいフロントエンドフレームワーク界隈で強い人気を誇るReact
  • 一定規模以上のReact開発では欠かせないアーキテクチャであるRedux

今回はこの3つの技術を使用してチャットツールを開発したときの経験を元に、React + Redux でActionCableに通信を行うための書き方についてざっくり紹介します。

各々の環境については構築済であることを前提に進めていきます。

Railsの実装

最低限のリアルタイム通信を実装するならば、Rails側のActionCableはマニュアル通りの実装で問題ありません。

フロント側の記述の例を分かりやすくする為にチャンネルのサンプルを置いておきます。

フロントからデータを受け取って、同じチャンネルにいる接続に向けてブロードキャストするというシンプルな構成です。

ちなみにクライアント側の接続処理はRailsがデフォルトで生成する次のJavaScriptコードがよしなにやってくれています。

React&Reduxの実装

フロント側の実装も単純な機能であればシンプルな記述で実現できます。

メインのクラス配下に以下のメソッド記述します。

Action

ActionCableから通信を受けたときのアクションを実装します。

Reducer

Storeの状態を渡されたActionに応じて変更します。

ここでは現在画面に表示しているmessagesステータスに対して、ActionCableよりブロードキャストされたデータを追加しています。

メイン処理

ActionCableと通信を行うためのメインの処理となります。

それぞれ接続時、切断時、受信時、送信時の処理を書いています。

あとはフォームボタンクリック時にサーバー側のメソッドの呼び出しを実装すればOKです。

まとめ

React/Reduxは実装方法が柔軟なため、サンプル毎に実装が異なっていて情報を見つけるのに結構苦労しました。

今回の記事がお役に立てば幸いです。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/1/13

エンジニア派遣でキャリアを積んで高収入を目指す

エンジニアとして採用面談を受けたことのある人なら分かると思うのですが、面談の時に最も重要視されるポイントは業務経験です。 もちろん普段の個人学習や、技術への関心などでフォローできる面もありますが、一番見られるのはどんな技術を使って、どんな業務を行ってきたかという点なんですよね。 採用する側もプロダクトの正否を左右する立場として責任を負っているわけですから当然です。 そんな時、良質な職務経験をどのように積むことができるか、というのがポイントになってきます。 今回はキャリア構築のための、派遣エンジニアという選 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/2

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアの目標を自分で定めることができないという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニア ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/3/26

エンジニアは勉強し続けなければいけない職業なのか

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は就職・転職する際にエンジニアを選択肢に含める人が増えてきています。 しかしエンジニアという職業を候補にあげるにあたって、 エンジニアは働きながら勉強し続けなければいけないのではないか? という疑問もよく見聞きします。 そこで今回はフリーランスエンジニアとして活動している僕の視点からこの疑問についての答えを説明していこうと思います。 結論 先に結論を述べると、 エンジニアは勉強し続けなければいけないのか? という疑問の答えはNOです。 決してエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/13

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

-プログラミング
-, , ,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.