TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

React Nativeの開発環境構築(Expo未使用)

更新日:

javascriptのフレームワークであるReactでネイティブアプリが作成可能となるReact Native。

最近では簡単にビルドや動作確認が行えるExpoなどのサービスもありますが、将来的にiOS/Androidエンジニアと連携を取れるようになりたいという意思もあり、そちらは使わずに進めてみたので手順を共有していきます。Expoすごい便利そうなんですけどね・・・

環境はMacで進めていきます。

各種インストール

まずは開発に必要な以下のパッケージをインストールします。

brew install node
brew install watchman

次にCLI(コマンドラインツール)をインストールします。

yarn global add react-native-cli

npmを利用している場合は以下のコマンドで

npm install -g react-native-cli

Androidアプリを開発する場合

Androidアプリを開発する場合はJDKが必要になります。以下のコマンドでインストール可能です。

brew cask install java

もしbrew caskが使えない場合、先にこちらのコマンドを実行しましょう。

brew install caskroom/cask/brew-cask

次にAndroid Studioをインストールします。

brew cask install android-studio

インストール完了後にAndroid Studioを立ち上げることで、セットアップが始まります。

Android Studioのセットアップ

最初に設定ファイルを読み込むか聞かれます。必要であればインポートしてください。

次にインストール方式を選択する画面が出ますので、「Custom」を選択します。

UIテーマはお好みで選んでいただき、次の画面でReact Nativeの公式で指定されているコンポーネントをインストールします。Android SDK Locationについてはデフォルトで進めます。

あとはデフォルトの設定でウィザードを進めれば各種インストールが実行されます。

インストールが完了したら環境変数を設定しておきましょう!

export ANDROID_HOME=$HOME/Library/Android/sdk
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/platform-tools
source ~/.bash_profile

Android Studioをインストールすると、Android SDKの最新版がインストールされますが、2017/11現在React NativeにおいてはAndroid SDK 6.0が必要となりますので、これらを個別に取得します。

Android StudioのトップからSDK Managerを選択してください。

React Native公式の推奨に沿って、Show Package Detailsをチェック後、以下のパッケージを選択します。

次に同画面上部のタブでSDK Toolsに切り替え、同じくShow Package Detailsをチェック後、Android SDK Build-Toolsの23.0.1をチェックします。

最後にApplyをクリックし、ライセンスに同意してインストールが開始されます。

あと一つやることがあります。エミュレーターの起動です。

エミュレータを起動しておけば、動作確認が簡単にできるようになります。

$ emulator -list-avds
Nexus_5X_API_27_x86

emulator -list-avdsコマンドによって利用可能な仮想端末が表示されます。特に端末を選ぶ必要がなければ表示された仮想端末を起動しましょう。

~/Library/Android/sdk/tools/emulator -avd Nexus_5X_API_27_x86

iOSアプリを開発する場合

iOSアプリを開発する場合はXcodeが必要になります。

XcodeはAppStoreよりインストールを行なってください。

https://itunes.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12

React Nativeによる開発

インストール作業は以上となります。早速以下のコマンドでプロジェクトを作成します。

react-native init SampleApp

コマンドを実行したディレクトリ配下にSampleAppディレクトリが作成され、その中にReact Nativeの開発において必要なファイルやディクレクトリ構造が作成されます。.gitignoreなどのファイルもよしなに記述してくれています。ありがたや。

動作確認

iOS/Android共通して、作成されたプロジェクトに移動します。

cd SampleApp

iOSの場合

以下のコマンドでiOS用のビルドが実行されます。

react-native run-ios

あとはXcodeからios/SampleApp.xcodeprojをエミュレータで開けば動作確認が可能です。

※今回はAndroidの方をメインで進めているため、動作確認は行なっておりません。後ほど更新させていただきます。

Androidの場合

以下のコマンドでAndroid用のビルドが行われます。

react-native run-android

また、エミュレータが起動されている場合、以下のように自動でエミュレータが立ち上がり、React Nativeプロジェクトのサンプル画面が表示されます。

まとめ

アプリ開発をやってみたいなぁと思いつつ、各ネイティブ開発言語を習得するのは骨が折れるなぁと思いReact Nativeに手を出してみました。

ひとまず近日中に簡単なアプリをリリースできるようにゴリゴリやっていこうと思います(´∀`)

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

【地方も強いフリーランスエージェント】PE-BANKを徹底分析

ITエンジニアという職業の魅力についてはこのブログでなんども書いていますが、その中でもフリーランスエンジニアという働き方は、 年収1000万以上も珍しくない高収入 リモートワークや時短勤務などの自由な働き方 を実現する可能性を秘めています。 しかし有名どころのエージェントは基本的に都内、関東のみしか扱っていないケースが多いです。 また現状ITエンジニアがフリーランスとしてやっていく場合、都内で働くことが案件数・単価の都合上もっとも効率がいいです。 しかし地元に愛着があったり、離れることが難しい状況下にある ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

自分の市場価値を把握しようとしないエンジニアは搾取される

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア需要の高まり、待遇の向上からエンジニア・プログラマを目指す人が急増してきている昨今。 確かにエンジニアという職業はこれから高収入・柔軟な働き方を目指そうとした時に、最も適切な選択肢です。 そんな高収入かつ将来性のある職業であるエンジニアですが、自分のエンジニアとしての市場価値を知っておかないと、本来得られるはずの収入よりも少ない額で働くことになる可能性があります。それでも中小企業のサラリーマンよりは稼げますが。 今回は何故市場価値を把握しようとし ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

エンジニアは勉強し続けなければいけない職業なのか

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は就職・転職する際にエンジニアを選択肢に含める人が増えてきています。 しかしエンジニアという職業を候補にあげるにあたって、 エンジニアは働きながら勉強し続けなければいけないのではないか? という疑問もよく見聞きします。 そこで今回はフリーランスエンジニアとして活動している僕の視点からこの疑問についての答えを説明していこうと思います。 結論 先に結論を述べると、 エンジニアは勉強し続けなければいけないのか? という疑問の答えはNOです。 決してエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/2/18

Webサービス・Webアプリケーションを作って公開するまでの流れ

エンジニアとして活動していくに際して、自分で作成し公開している制作物があるというのは非常に強力なアピールポイントとなります。 もちろんクオリティが高いに越したことはありませんが、自分で作成し公開までを行なったというだけでもかなりの評価を得られます。 これからエンジニアになりたい エンジニアとしてのキャリアアップ・キャリアチェンジを望んでいる という人には大変オススメのプロセスです。 実際僕もRailsを未経験の状態から勉強していた際の仕上げとして作成&公開したWebアプリケーションのおかげであっさ ...

続きを読む

-プログラミング
-, , ,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.