TIS ENGINEER NOTE

27才文系出身フリーランスエンジニアのブログ

プログラミング

React Nativeの開発環境構築(Expo未使用)

更新日:

javascriptのフレームワークであるReactでネイティブアプリが作成可能となるReact Native。

最近では簡単にビルドや動作確認が行えるExpoなどのサービスもありますが、将来的にiOS/Androidエンジニアと連携を取れるようになりたいという意思もあり、そちらは使わずに進めてみたので手順を共有していきます。Expoすごい便利そうなんですけどね・・・

環境はMacで進めていきます。

各種インストール

まずは開発に必要な以下のパッケージをインストールします。

次にCLI(コマンドラインツール)をインストールします。

npmを利用している場合は以下のコマンドで

Androidアプリを開発する場合

Androidアプリを開発する場合はJDKが必要になります。以下のコマンドでインストール可能です。

もしbrew caskが使えない場合、先にこちらのコマンドを実行しましょう。

次にAndroid Studioをインストールします。

インストール完了後にAndroid Studioを立ち上げることで、セットアップが始まります。

Android Studioのセットアップ

最初に設定ファイルを読み込むか聞かれます。必要であればインポートしてください。

次にインストール方式を選択する画面が出ますので、「Custom」を選択します。

UIテーマはお好みで選んでいただき、次の画面でReact Nativeの公式で指定されているコンポーネントをインストールします。Android SDK Locationについてはデフォルトで進めます。

あとはデフォルトの設定でウィザードを進めれば各種インストールが実行されます。

インストールが完了したら環境変数を設定しておきましょう!

Android Studioをインストールすると、Android SDKの最新版がインストールされますが、2017/11現在React NativeにおいてはAndroid SDK 6.0が必要となりますので、これらを個別に取得します。

Android StudioのトップからSDK Managerを選択してください。

React Native公式の推奨に沿って、Show Package Detailsをチェック後、以下のパッケージを選択します。

次に同画面上部のタブでSDK Toolsに切り替え、同じくShow Package Detailsをチェック後、Android SDK Build-Toolsの23.0.1をチェックします。

最後にApplyをクリックし、ライセンスに同意してインストールが開始されます。

あと一つやることがあります。エミュレーターの起動です。

エミュレータを起動しておけば、動作確認が簡単にできるようになります。

emulator -list-avdsコマンドによって利用可能な仮想端末が表示されます。特に端末を選ぶ必要がなければ表示された仮想端末を起動しましょう。

iOSアプリを開発する場合

iOSアプリを開発する場合はXcodeが必要になります。

XcodeはAppStoreよりインストールを行なってください。

https://itunes.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12

React Nativeによる開発

インストール作業は以上となります。早速以下のコマンドでプロジェクトを作成します。

コマンドを実行したディレクトリ配下にSampleAppディレクトリが作成され、その中にReact Nativeの開発において必要なファイルやディクレクトリ構造が作成されます。.gitignoreなどのファイルもよしなに記述してくれています。ありがたや。

動作確認

iOS/Android共通して、作成されたプロジェクトに移動します。

iOSの場合

以下のコマンドでiOS用のビルドが実行されます。

あとはXcodeからios/SampleApp.xcodeprojをエミュレータで開けば動作確認が可能です。

※今回はAndroidの方をメインで進めているため、動作確認は行なっておりません。後ほど更新させていただきます。

Androidの場合

以下のコマンドでAndroid用のビルドが行われます。

また、エミュレータが起動されている場合、以下のように自動でエミュレータが立ち上がり、React Nativeプロジェクトのサンプル画面が表示されます。

まとめ

アプリ開発をやってみたいなぁと思いつつ、各ネイティブ開発言語を習得するのは骨が折れるなぁと思いReact Nativeに手を出してみました。

ひとまず近日中に簡単なアプリをリリースできるようにゴリゴリやっていこうと思います(´∀`)

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/8/19

エンジニアがリモートワークをして感動したお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニアとして活動する中で、メインで参加しているプロジェクト以外にもフルリモートでもう1つのプロジェクトにも参加しています。 今日は実際にリモートワークってどんなもんなのかについてお話していこうと思います。 前置き リモートワークの話題については各種メディア、ブログやSNSでも度々盛り上がっています。 通勤時間の短縮になる 通勤で使う体力を仕事にまわすことができる 家庭の事情などで外で働けない人も活躍することができる などのポジティブな捉え方もあれば ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/19

最も効率の良いプログラミング学習フロー

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニアの需要が拡大し、売り手市場となったことから、プログラミングを学習し始めた人、学習してみたいという人がかなり増えてきています。 これからの時代プログラミングを学習することは、豊かな人生を目指す上で非常に強力なスキルとなってきます。 今回はプログラミング初心者の方々に向けて、最も効率的なプログラミングの学習方法を解説していきます。 はじめに この学習フローでは、遊びのメカニズムを利用して進めていきます。 どういうことでしょうか。説明していきます。 遊ぶ感覚 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/17

自分の市場価値を把握しようとしないエンジニアは搾取される

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア需要の高まり、待遇の向上からエンジニア・プログラマを目指す人が急増してきている昨今。 確かにエンジニアという職業はこれから高収入・柔軟な働き方を目指そうとした時に、最も適切な選択肢です。 そんな高収入かつ将来性のある職業であるエンジニアですが、自分のエンジニアとしての市場価値を知っておかないと、本来得られるはずの収入よりも少ない額で働くことになる可能性があります。それでも中小企業のサラリーマンよりは稼げますが。 今回は何故市場価値を把握しようとし ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

ITエンジニアがスーツ勤務を強要する現場を避けるべき理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プラグラマやインフラ担当などと言ったITエンジニアとしての一般的な働き方として、客先に常駐して業務を行うというものがあります。 そんなとき、現場を選ぶ判断基準の一つとして服装が自由か否かというものが上げられます。 僕は決まって私服勤務可能な現場を選ぶようにしています。それはなぜか。エンジニアをスーツ勤務させる客先にロクなところがないから。 これまでスーツ勤務・私服勤務の現場を経験した上で、エンジニアがスーツを勤務を強要する現場を避けるべき理由を書いて行こうと思い ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/7/24

フリーランスエンジニアとして働くことの実情

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は本業が忙しくブログの更新が滞っておりました。更新を楽しみにしてくださった方々、申し訳ありませんでした。 今後もエンジニアにとって有益な情報を提供できるよう更新を再開していこうと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 フリーランスエンジニアの実情 このブログではフリーランスエンジニアとして働くことの利点や、実際にどのようなステップでフリーランスエンジニアになるかについての記事をなんども書いてきました。 しかし実際にフリーランスエンジニアとして ...

続きを読む

-プログラミング
-, , ,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.