TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

React Nativeの開発環境構築(Expo未使用)

更新日:

javascriptのフレームワークであるReactでネイティブアプリが作成可能となるReact Native。

最近では簡単にビルドや動作確認が行えるExpoなどのサービスもありますが、将来的にiOS/Androidエンジニアと連携を取れるようになりたいという意思もあり、そちらは使わずに進めてみたので手順を共有していきます。Expoすごい便利そうなんですけどね・・・

環境はMacで進めていきます。

各種インストール

まずは開発に必要な以下のパッケージをインストールします。

brew install node
brew install watchman

次にCLI(コマンドラインツール)をインストールします。

yarn global add react-native-cli

npmを利用している場合は以下のコマンドで

npm install -g react-native-cli

Androidアプリを開発する場合

Androidアプリを開発する場合はJDKが必要になります。以下のコマンドでインストール可能です。

brew cask install java

もしbrew caskが使えない場合、先にこちらのコマンドを実行しましょう。

brew install caskroom/cask/brew-cask

次にAndroid Studioをインストールします。

brew cask install android-studio

インストール完了後にAndroid Studioを立ち上げることで、セットアップが始まります。

Android Studioのセットアップ

最初に設定ファイルを読み込むか聞かれます。必要であればインポートしてください。

次にインストール方式を選択する画面が出ますので、「Custom」を選択します。

UIテーマはお好みで選んでいただき、次の画面でReact Nativeの公式で指定されているコンポーネントをインストールします。Android SDK Locationについてはデフォルトで進めます。

あとはデフォルトの設定でウィザードを進めれば各種インストールが実行されます。

インストールが完了したら環境変数を設定しておきましょう!

export ANDROID_HOME=$HOME/Library/Android/sdk
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/platform-tools
source ~/.bash_profile

Android Studioをインストールすると、Android SDKの最新版がインストールされますが、2017/11現在React NativeにおいてはAndroid SDK 6.0が必要となりますので、これらを個別に取得します。

Android StudioのトップからSDK Managerを選択してください。

React Native公式の推奨に沿って、Show Package Detailsをチェック後、以下のパッケージを選択します。

次に同画面上部のタブでSDK Toolsに切り替え、同じくShow Package Detailsをチェック後、Android SDK Build-Toolsの23.0.1をチェックします。

最後にApplyをクリックし、ライセンスに同意してインストールが開始されます。

あと一つやることがあります。エミュレーターの起動です。

エミュレータを起動しておけば、動作確認が簡単にできるようになります。

$ emulator -list-avds
Nexus_5X_API_27_x86

emulator -list-avdsコマンドによって利用可能な仮想端末が表示されます。特に端末を選ぶ必要がなければ表示された仮想端末を起動しましょう。

~/Library/Android/sdk/tools/emulator -avd Nexus_5X_API_27_x86

iOSアプリを開発する場合

iOSアプリを開発する場合はXcodeが必要になります。

XcodeはAppStoreよりインストールを行なってください。

https://itunes.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12

React Nativeによる開発

インストール作業は以上となります。早速以下のコマンドでプロジェクトを作成します。

react-native init SampleApp

コマンドを実行したディレクトリ配下にSampleAppディレクトリが作成され、その中にReact Nativeの開発において必要なファイルやディクレクトリ構造が作成されます。.gitignoreなどのファイルもよしなに記述してくれています。ありがたや。

動作確認

iOS/Android共通して、作成されたプロジェクトに移動します。

cd SampleApp

iOSの場合

以下のコマンドでiOS用のビルドが実行されます。

react-native run-ios

あとはXcodeからios/SampleApp.xcodeprojをエミュレータで開けば動作確認が可能です。

※今回はAndroidの方をメインで進めているため、動作確認は行なっておりません。後ほど更新させていただきます。

Androidの場合

以下のコマンドでAndroid用のビルドが行われます。

react-native run-android

また、エミュレータが起動されている場合、以下のように自動でエミュレータが立ち上がり、React Nativeプロジェクトのサンプル画面が表示されます。

まとめ

アプリ開発をやってみたいなぁと思いつつ、各ネイティブ開発言語を習得するのは骨が折れるなぁと思いReact Nativeに手を出してみました。

ひとまず近日中に簡単なアプリをリリースできるようにゴリゴリやっていこうと思います(´∀`)

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

正社員エンジニアがフリーランスになるのは全く難しくないという事実

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近ではフリーランスエンジニアというのも珍しいものではなくなってきましたが、まだ誤解されている部分があります。 「フリーランスエンジニアになるのって大変なんでしょ?」 という誤解です。 エンジニアがフリーランスになるのに、 卓越した技術やセンス 業界内の幅広いコネ 仕事を取るための営業力 などは一切必要ありません。 今回はそのあたりの誤解を解消していきたいと思います。 フリーランス = ハイスキル ではない 世の中多くのエンジニアが誤解していることなんですが、 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/2/18

Webサービス・Webアプリケーションを作って公開するまでの流れ

エンジニアとして活動していくに際して、自分で作成し公開している制作物があるというのは非常に強力なアピールポイントとなります。 もちろんクオリティが高いに越したことはありませんが、自分で作成し公開までを行なったというだけでもかなりの評価を得られます。 これからエンジニアになりたい エンジニアとしてのキャリアアップ・キャリアチェンジを望んでいる という人には大変オススメのプロセスです。 実際僕もRailsを未経験の状態から勉強していた際の仕上げとして作成&公開したWebアプリケーションのおかげであっさ ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/19

プログラミング初心者に贈る挫折しない為の3つの心構え

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 最近では未経験者からプログラマー・エンジニアへの転身を志しプログラミングを学習を始めている人が増えていますね。 しかし理解出来ない部分が出てきたり、モチベーションを保てずに学習途中で挫折していまうという話も多く耳に入ってきます。 そこで今回は文系出身から職業プログラマーへ進んだ僕が、挫折しないプログラミング学習の進め方・心構えについてお話していこうと思います。 目的が具体的にイメージできる教材を使用する プログラミングの学習を始めて間もないときに、 変数に値を代 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

転職したいエンジニアの背中を押す記事

知人であったり、SNS上で知り合いのエンジニアの中には、今の職場に不満を感じ、転職したいという思いを募らせている人が結構な割合います。 僕からしたら絶賛売り手市場であるエンジニア業界において、劣悪な労働環境に耐えるという選択は非常に勿体無いことだと考えています。 確かにIT業界における技術者というのは、非常に需要のある立場ですが、慎重に働く場所を選ばなければ搾取される可能性が高いです。 技術という武器を持っているエンジニアならば、ストレスなく効率よく働くべき場所を求めて行動を起こすべきだと思うんですよね。 ...

続きを読む

-プログラミング
-, , ,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.