TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

【Rails5】deviseでOmniauthが上手く動かなかったときのメモ

更新日:

入れたgemは

gem 'omniauth'
gem 'omniauth-facebook'
gem 'omniauth-twitter'

http://ruby-rails.hatenadiary.com/entry/20140805/1407200400

http://qiita.com/kami_zh/items/94aec2d94a2b4e9a1d0b

基本的にはこのあたりの参考に進めていきました。

Twitterの認証画面まではすんなりといったのですが、サイト側に戻ってきた時に

まずはaction『twitter』が見つからないとのエラーが

The action 'twitter' could not be found for Devise::OmniauthCallbacksController

原因を探している中、rake routesしてみると、

user_facebook_omniauth_authorize GET|POST /users/auth/facebook(.:format) devise/omniauth_callbacks#passthru
user_facebook_omniauth_callback GET|POST /users/auth/facebook/callback(.:format) devise/omniauth_callbacks#facebook
user_twitter_omniauth_authorize GET|POST /users/auth/twitter(.:format) devise/omniauth_callbacks#passthru
user_twitter_omniauth_callback GET|POST /users/auth/twitter/callback(.:format) devise/omniauth_callbacks#twitter

devise/omniauth_callbacks?

作業進めていく中でルーティングが参考サイトと異なるなあとは思っていたのですが、コントローラーにdeviseなんてディレクトリはない。

もしかしたらdeviseカスタマイズでコントローラー生成していたのが原因かなーと思い、

route.rbに

devise_for :users, :controllers => {
# 省略
:omniauth_callbacks => "users/omniauth_callbacks"
}

を追記

すると別エラー。アクションは無事見つかった模様です。

ActiveModel::ForbiddenAttributesError

参考にしたサイトからコピペしてきたuser.rb

where(auth.slice(:provider, :uid)).first_or_create do |user|

の部分が引っかかっている模様

ちょうどドンピシャな質問をしている掲示板を見つけました。

http://stackoverflow.com/questions/25399414/rails-4-1-5-omniauth-strong-parameters

ここの回答と同様の対応をしたところ無事に新規登録画面に戻ってきてくれました。

Railsのルーティングや規則に不慣れなことから来る初歩的なミスでした…

自分と同様の実装をお考えで、同様の事象に悩まされている方のお役に立てればと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

こちらの記事もオススメ

https://tisnote.com/ruby-on-rails-memorandum/

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。 報酬(給与)の額 やりがい 成長機会 で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。 人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。 自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。 1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけで ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアが市場価値を知りたければエージェントを活用すべき

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 企業に雇われないフリーランスという働き方。 ITエンジニアという自分の技術を商売道具とする職業は、フリーランスとの相性が抜群だったりします。 僕自身文系かつエンジニア歴2年半で独立しましたが、1年目から年収1000万を軽く超えることができました。 独立してこれまでで学んだことは、ITエンジニアがフリーランスとなり効率よく稼ぐには市場価値の把握がもっとも重要であるということです。 市場価値という超重要な要素 ITエンジニアという職業はいくら高い技術を持っていても ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

エンジニアは勉強し続けなければいけない職業なのか

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は就職・転職する際にエンジニアを選択肢に含める人が増えてきています。 しかしエンジニアという職業を候補にあげるにあたって、 エンジニアは働きながら勉強し続けなければいけないのではないか? という疑問もよく見聞きします。 そこで今回はフリーランスエンジニアとして活動している僕の視点からこの疑問についての答えを説明していこうと思います。 結論 先に結論を述べると、 エンジニアは勉強し続けなければいけないのか? という疑問の答えはNOです。 決してエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアとして働くことの実情

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は本業が忙しくブログの更新が滞っておりました。更新を楽しみにしてくださった方々、申し訳ありませんでした。 今後もエンジニアにとって有益な情報を提供できるよう更新を再開していこうと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 フリーランスエンジニアの実情 このブログではフリーランスエンジニアとして働くことの利点や、実際にどのようなステップでフリーランスエンジニアになるかについての記事をなんども書いてきました。 しかし実際にフリーランスエンジニアとして ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/2/18

Webサービス・Webアプリケーションを作って公開するまでの流れ

エンジニアとして活動していくに際して、自分で作成し公開している制作物があるというのは非常に強力なアピールポイントとなります。 もちろんクオリティが高いに越したことはありませんが、自分で作成し公開までを行なったというだけでもかなりの評価を得られます。 これからエンジニアになりたい エンジニアとしてのキャリアアップ・キャリアチェンジを望んでいる という人には大変オススメのプロセスです。 実際僕もRailsを未経験の状態から勉強していた際の仕上げとして作成&公開したWebアプリケーションのおかげであっさ ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.