TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

【Rails5】deviseでOmniauthが上手く動かなかったときのメモ

更新日:

入れたgemは

gem 'omniauth'
gem 'omniauth-facebook'
gem 'omniauth-twitter'

http://ruby-rails.hatenadiary.com/entry/20140805/1407200400

http://qiita.com/kami_zh/items/94aec2d94a2b4e9a1d0b

基本的にはこのあたりの参考に進めていきました。

Twitterの認証画面まではすんなりといったのですが、サイト側に戻ってきた時に

まずはaction『twitter』が見つからないとのエラーが

The action 'twitter' could not be found for Devise::OmniauthCallbacksController

原因を探している中、rake routesしてみると、

user_facebook_omniauth_authorize GET|POST /users/auth/facebook(.:format) devise/omniauth_callbacks#passthru
user_facebook_omniauth_callback GET|POST /users/auth/facebook/callback(.:format) devise/omniauth_callbacks#facebook
user_twitter_omniauth_authorize GET|POST /users/auth/twitter(.:format) devise/omniauth_callbacks#passthru
user_twitter_omniauth_callback GET|POST /users/auth/twitter/callback(.:format) devise/omniauth_callbacks#twitter

devise/omniauth_callbacks?

作業進めていく中でルーティングが参考サイトと異なるなあとは思っていたのですが、コントローラーにdeviseなんてディレクトリはない。

もしかしたらdeviseカスタマイズでコントローラー生成していたのが原因かなーと思い、

route.rbに

devise_for :users, :controllers => {
# 省略
:omniauth_callbacks => "users/omniauth_callbacks"
}

を追記

すると別エラー。アクションは無事見つかった模様です。

ActiveModel::ForbiddenAttributesError

参考にしたサイトからコピペしてきたuser.rb

where(auth.slice(:provider, :uid)).first_or_create do |user|

の部分が引っかかっている模様

ちょうどドンピシャな質問をしている掲示板を見つけました。

http://stackoverflow.com/questions/25399414/rails-4-1-5-omniauth-strong-parameters

ここの回答と同様の対応をしたところ無事に新規登録画面に戻ってきてくれました。

Railsのルーティングや規則に不慣れなことから来る初歩的なミスでした…

自分と同様の実装をお考えで、同様の事象に悩まされている方のお役に立てればと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

こちらの記事もオススメ

https://tisnote.com/ruby-on-rails-memorandum/

よく読まれている記事

エンジニア入門

2018/1/21

プログラミング言語としてのJavaについて

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア・プログラマは年収1000万を現実的に目指せる職業として最近特に注目を集めている職業です。 今いる業界の将来性に不安を感じ脱出してきた人たちも、どんどんエンジニア・プログラマという働き方に集結しています。 ある程度エンジニア・プログラマという職業について調べていると、どのプログラミング言語を習得すればいいのか、という疑問が出てくるタイミングがあると思います。 どのプログラミング言語を選べばいいか、という疑問について調べてみると最近ではJava・R ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

転職したいエンジニアの背中を押す記事

知人であったり、SNS上で知り合いのエンジニアの中には、今の職場に不満を感じ、転職したいという思いを募らせている人が結構な割合います。 僕からしたら絶賛売り手市場であるエンジニア業界において、劣悪な労働環境に耐えるという選択は非常に勿体無いことだと考えています。 確かにIT業界における技術者というのは、非常に需要のある立場ですが、慎重に働く場所を選ばなければ搾取される可能性が高いです。 技術という武器を持っているエンジニアならば、ストレスなく効率よく働くべき場所を求めて行動を起こすべきだと思うんですよね。 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/1

ITエンジニアがTwitter運用に本腰を入れ始めた話

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 私事ですが、最近Twitter運用を本格的に初めてみました。 以前からITエンジニアとしてのアカウントは持っていたのですが、キャリア関連の情報を発信していくために新しくアカウントを開設しました。 そこで今日はITエンジニアとして活動している僕がTwitter運用を本格化するに至った理由と今後の方針についてお話していこうと思います。 Twitterを頑張ってみようと思った理由 Twitterの運用を本格化して行くということは、当然他のことができる時間を削るわけで ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が100倍幸せになれるというお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はこれまで、 中小SES正社員 派遣エンジニア フリーランスエンジニア として活動してきましたが、その中で中小SESで正社員として働いていたときが、最も得るものが少なかった期間であったと確信しております。 給与・自分の時間・キャリア・経験のどれを取っても得られるものが少なく、エンジニアとして働く中で第三者に搾取される割合が最も多い働き方です。 そこで今回は僕がこれまでキャリアを積む中で確信した中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が幸せになれ ...

続きを読む

office

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がレバテックフリーランスでフリーランスを目指してみた

正社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの方向転換の一環として、業界最大手であるレバテックフリーランスの個人面談に出向いてきたので、その感想を書いていこうと思います。 フリーランスというと知識・経験・人脈を兼ね備えたスーパーエンジニアしかなれない存在だと思っている人も少なくありません。 しかし最近では今回紹介するレバテックフリーランスや以前の記事で紹介したギークスジョブなどといったエージェントを利用すれば、僕のように経験の浅いエンジニアでも十分に目指せる働き方となっています。 この記事が現在働いている ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.