TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

【Rails5】deviseでOmniauthが上手く動かなかったときのメモ

更新日:

入れたgemは

gem 'omniauth'
gem 'omniauth-facebook'
gem 'omniauth-twitter'

http://ruby-rails.hatenadiary.com/entry/20140805/1407200400

http://qiita.com/kami_zh/items/94aec2d94a2b4e9a1d0b

基本的にはこのあたりの参考に進めていきました。

Twitterの認証画面まではすんなりといったのですが、サイト側に戻ってきた時に

まずはaction『twitter』が見つからないとのエラーが

The action 'twitter' could not be found for Devise::OmniauthCallbacksController

原因を探している中、rake routesしてみると、

user_facebook_omniauth_authorize GET|POST /users/auth/facebook(.:format) devise/omniauth_callbacks#passthru
user_facebook_omniauth_callback GET|POST /users/auth/facebook/callback(.:format) devise/omniauth_callbacks#facebook
user_twitter_omniauth_authorize GET|POST /users/auth/twitter(.:format) devise/omniauth_callbacks#passthru
user_twitter_omniauth_callback GET|POST /users/auth/twitter/callback(.:format) devise/omniauth_callbacks#twitter

devise/omniauth_callbacks?

作業進めていく中でルーティングが参考サイトと異なるなあとは思っていたのですが、コントローラーにdeviseなんてディレクトリはない。

もしかしたらdeviseカスタマイズでコントローラー生成していたのが原因かなーと思い、

route.rbに

devise_for :users, :controllers => {
# 省略
:omniauth_callbacks => "users/omniauth_callbacks"
}

を追記

すると別エラー。アクションは無事見つかった模様です。

ActiveModel::ForbiddenAttributesError

参考にしたサイトからコピペしてきたuser.rb

where(auth.slice(:provider, :uid)).first_or_create do |user|

の部分が引っかかっている模様

ちょうどドンピシャな質問をしている掲示板を見つけました。

http://stackoverflow.com/questions/25399414/rails-4-1-5-omniauth-strong-parameters

ここの回答と同様の対応をしたところ無事に新規登録画面に戻ってきてくれました。

Railsのルーティングや規則に不慣れなことから来る初歩的なミスでした…

自分と同様の実装をお考えで、同様の事象に悩まされている方のお役に立てればと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

こちらの記事もオススメ

https://tisnote.com/ruby-on-rails-memorandum/

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/29

技術を選んで働くエンジニアになるために

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアと一言で言っても扱っている技術によって働き方は様々です。 また働き方に加えて、将来的なキャリアの展望も使う技術によって大きく変わってきます。 ぼくはエンジニアとして扱う技術を変化させていき、現在は週3でリモート中心でマイペースに働きながらゆとりを持って暮らせるくらいは稼げる程度にまで持っていけました。 そこで今回はITエンジニアが使う技術を選ぶことの大切さと、実際に選ぶためのテクニックについてご紹介していきます。 技術を選ぶ事による効能 まずは使 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアが市場価値を知りたければエージェントを活用すべき

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 企業に雇われないフリーランスという働き方。 ITエンジニアという自分の技術を商売道具とする職業は、フリーランスとの相性が抜群だったりします。 僕自身文系かつエンジニア歴2年半で独立しましたが、1年目から年収1000万を軽く超えることができました。 独立してこれまでで学んだことは、ITエンジニアがフリーランスとなり効率よく稼ぐには市場価値の把握がもっとも重要であるということです。 市場価値という超重要な要素 ITエンジニアという職業はいくら高い技術を持っていても ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間を減らして週3リモートで月70万円で働いていますが、このくらいのバランスもストレスが少なく、快適な日々を過ごすことができています。 そんな感じで独立から1年以上が経過し、わかったことがあります。 ITエンジニアは今の相場から考えれば、フリーランスになった方が圧倒的に得だなということです。 もちろん正社員ディス ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/3/30

プログラマーはIT土方なのか

プログラマーという働き方について、調べたときに必ずといって良いほど出てくる単語であるIT土方。 実際に土木関係に従事する人たちがどのような労働環境におかれているかは置いといて、基本的には以下のような状況を揶揄して使われている言葉です。 毎日終電まで残業させられる 納期のプレッシャーに追われる 忙しいのに低賃金 とにかく辛い そういった過酷な環境であるから、『プログラミングを楽しいと思っていたり、理数系の才能がある人間じゃなければ絶対になるな』という言葉もよく聞きます。 今回はプログラマーが世間でIT土方と ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.