TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Pythonの開発環境構築

更新日:

今回はPythonで使いやすく、整理された開発環境を構築する手順を紹介していこうと思います。

目標としては、

  • 複数のバージョンを使い分けることができる
  • プロジェクトごとにパッケージをインストールできる

という状況に持っていけるようになること。

Ruby勉強中でもあるので、Rubyの開発環境を作成するときと比較しながら進めていきます。

利用するツール

pyenv

複数バージョンのPythonを管理・切り替えするためのツールです。

名前の通り、rbenvのPython版といったイメージで問題ありません。実際に使用するコマンドや設定方法もrbenvと酷似しています。

virtualenv

Pythonの仮想実行環境を管理するためのツール。開発しているアプリケーションディレクトリごとに仮想環境を構築することができます。細かい仕組みは異なりますが、Railsを開発するときにvendor/bundleにgemを管理する感覚に近いと考え、このvirtualenvをチョイスしました。

 

Pythonはバージョン管理、パッケージ管理の手法がいくつも存在していて、スタンダードらしいスタンダードが存在していない状況ですが、できる限り、rbenv/bundlerと近い感覚で管理できるよう、この2つのツールを選定しました。

pyenv

インストール

まずは複数のバージョンのPythonを切り替えることができるよう、pyenvのインストールとバージョンの指定を行います。

brew install pyenv

Macであれば上記のコマンド一発でpyenvをインストールすることが可能です。

環境変数の設定

しかしpyenvをインストールしたけでは、pythonコマンドなどを実行したときに使用されるのは、元からPCにインストールされているpythonのままです。

そこで、利用するPythonをpyenvにインストールしたPythonに設定するために以下のコマンドを実行し、環境変数の定義、シェルの再起動を行います。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile
exec "$SHELL"

使用するバージョンのインストール・選択

次にインストールできるPythonのバージョンの一覧を取得しましょう。

pyenv install --list

ずらっとPythonのバージョンが表示されますので、その中から使用したいバージョンをメモしておきます。

今回は3.6.2をインストールしてみます。

pyenv install 3.6.2
pyenv global 3.6.2
pyenv rehash

上記のコマンドでそれぞれ、使用したいバージョンのインストール/選択/適用が完了したことなります。

確認作業

ここまでの作業が完了したら念のため、

  • python -Vでglobalに設定したバージョンが表示されること
  • which pythonで表示されるパスがpyenv配下となっていること

をそれぞれ確認しておきましょう。

 

virtualenv

次にpythonの仮想開発環境を構築するためにvirtualenvのインストールを行います。

仮想環境といってもそこまで大仰なものではなく、パッケージのインストール先をプロジェクト配下にまとめておくくらいのイメージです。

インストール

早速以下のコマンドでPCにvirtualenvをインストール。pipはRubyでいうGemのようなもので、Pythonのパッケージを管理してくれるツールです。

pip install virtualenv

インストールが完了したら、pip listで現在インストールされているパッケージをpip listで確認してみましょう。virtualenvが追加されているはずです。

仮想環境の作成

今回はPythonの軽量Webフレームワークであるflaskのプロジェクトを作成するケースで手順を紹介していきます。Djangoであったり、その他フレームワークでも基本は変わりません。

まずはディレクトリの作成と移動。このディレクトリ内で開発を行っていきます。

mkdir flask-sample
cd flask-sample/

この作成したディレクトリ配下にPythonの仮想環境を作成します。

virtualenv flask-sample-virtual

仮想環境の有効化

そうすると現在のディレクトリ内に、仮想環境用のディレクトリが作成されますので、以下のコマンドで有効化します。

source flask-sample-virtual/bin/activate

そうするとターミナルの入力行の先頭に(flask-sample-virtual)という表示がされます。

この(flask-sample-virtual)が表示されている間は、flask-sample-virtualにインストールされたPythonパッケージがインストールされる、ということになります。

パッケージのインストール

ではflaskをインストールしてみます。

pip install flask

特にコマンドに特別なオプションは不要です。気をつけるべきは(flask-sample-virtual)という表示が入力行の先頭に存在しているか、のみです。

flaskと依存パッケージが仮想環境配下にインストールされているかを、再度listで確認してみましょう。

pip list

仮想環境の終了

以下のコマンドで有効化していた仮想環境を終了することができます。

deactivate

そしてもう一度pip listを。

pip list

仮想環境を抜けるとflaskで追加されたライブラリがなくなっていることが確認できますね。

ここまで確認できれば、virtualenvが問題なく導入できたことになります。

まとめ

Rubyと異なり、デファクトスタンダードというものが存在していないPythonの開発環境構築について、自分なりに使いやすく、仕組みを理解しやすいpyenvとvirtualenvを利用した手順を紹介しました。

あんまり環境構築に時間かけすぎてもアレなので、初心者の方は今回の手順で試してみて、調べるうちにもっといいものを見つけたら、導入する。といった形で学習を進めてみてはいかがでしょうか。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/1/28

手数料公開のエンジニア案件紹介サービス『Lancers Top』に登録してみた

日本最大のクラウドソーシングサービスであるランサーズを運営するランサーズ株式会社が今年の10月2日より開始したサービスであるLancers Top。 僕自身既に複数の案件紹介サービスに登録しているのですが、このLancers Topでは色々と面白そうな試みをしており、興味が湧いたため、登録して個人面談まで行ってきました。 今回は実際にLancers Topを利用してみての感想や他のフリーランスエージェントと比べたときの特色などについて紹介していこうと思います。 ランサーズとは? ランサーズといえば言わずと ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

【地方も強いフリーランスエージェント】PE-BANKを徹底分析

ITエンジニアという職業の魅力についてはこのブログでなんども書いていますが、その中でもフリーランスエンジニアという働き方は、 年収1000万以上も珍しくない高収入 リモートワークや時短勤務などの自由な働き方 を実現する可能性を秘めています。 しかし有名どころのエージェントは基本的に都内、関東のみしか扱っていないケースが多いです。 また現状ITエンジニアがフリーランスとしてやっていく場合、都内で働くことが案件数・単価の都合上もっとも効率がいいです。 しかし地元に愛着があったり、離れることが難しい状況下にある ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

レガシーな技術を扱っていたSES正社員がモダンな技術を扱うフリーエンジニアになるまでにやったこと

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は独立する前、SESの正社員として非常に歴史の長いプロジェクトに常駐で参加していました。 Javaを使ったシステムなのですが、他のJavaエンジニアに聞いても「なにそれ」と言われてしまうような非常にマニアックなフレームワークを最新から数年遅れのバージョンで扱っていました。 自動テスト?クラウドサーバー?なにそれ?的な非常にレガシーかつ面白みのない状況に嫌気と不安を感じて独立を志したわけです。 で、この時のような僕と同じような状況で悩んでいる人ってのをエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がポテパンフリーランスの個人面談を受けてきた

特定派遣会社の正社員からフリーランスエンジニアを目指す活動の一環として、フリーランス初心者に特化したエージェントであるポテパンフリーランスの個人面談に行ってきましたので、その感想と特徴について書いていきます。 前提として僕はエンジニア暦2年半、化石のような超マイナーフレームワークでの開発経験しかないというちょっと残念なエンジニアです。 そんな僕でもフリーランスエンジニアとして活動できるという実感を今回の個人面談で得ることができました。 フリーランスという働き方に興味を持ってはいるが、具体的にどうすれば実現 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。 報酬(給与)の額 やりがい 成長機会 で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。 人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。 自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。 1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけで ...

続きを読む

-プログラミング
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.