TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Pythonの開発環境構築

更新日:

今回はPythonで使いやすく、整理された開発環境を構築する手順を紹介していこうと思います。

目標としては、

  • 複数のバージョンを使い分けることができる
  • プロジェクトごとにパッケージをインストールできる

という状況に持っていけるようになること。

Ruby勉強中でもあるので、Rubyの開発環境を作成するときと比較しながら進めていきます。

利用するツール

pyenv

複数バージョンのPythonを管理・切り替えするためのツールです。

名前の通り、rbenvのPython版といったイメージで問題ありません。実際に使用するコマンドや設定方法もrbenvと酷似しています。

virtualenv

Pythonの仮想実行環境を管理するためのツール。開発しているアプリケーションディレクトリごとに仮想環境を構築することができます。細かい仕組みは異なりますが、Railsを開発するときにvendor/bundleにgemを管理する感覚に近いと考え、このvirtualenvをチョイスしました。

 

Pythonはバージョン管理、パッケージ管理の手法がいくつも存在していて、スタンダードらしいスタンダードが存在していない状況ですが、できる限り、rbenv/bundlerと近い感覚で管理できるよう、この2つのツールを選定しました。

pyenv

インストール

まずは複数のバージョンのPythonを切り替えることができるよう、pyenvのインストールとバージョンの指定を行います。

brew install pyenv

Macであれば上記のコマンド一発でpyenvをインストールすることが可能です。

環境変数の設定

しかしpyenvをインストールしたけでは、pythonコマンドなどを実行したときに使用されるのは、元からPCにインストールされているpythonのままです。

そこで、利用するPythonをpyenvにインストールしたPythonに設定するために以下のコマンドを実行し、環境変数の定義、シェルの再起動を行います。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile
exec "$SHELL"

使用するバージョンのインストール・選択

次にインストールできるPythonのバージョンの一覧を取得しましょう。

pyenv install --list

ずらっとPythonのバージョンが表示されますので、その中から使用したいバージョンをメモしておきます。

今回は3.6.2をインストールしてみます。

pyenv install 3.6.2
pyenv global 3.6.2
pyenv rehash

上記のコマンドでそれぞれ、使用したいバージョンのインストール/選択/適用が完了したことなります。

確認作業

ここまでの作業が完了したら念のため、

  • python -Vでglobalに設定したバージョンが表示されること
  • which pythonで表示されるパスがpyenv配下となっていること

をそれぞれ確認しておきましょう。

 

virtualenv

次にpythonの仮想開発環境を構築するためにvirtualenvのインストールを行います。

仮想環境といってもそこまで大仰なものではなく、パッケージのインストール先をプロジェクト配下にまとめておくくらいのイメージです。

インストール

早速以下のコマンドでPCにvirtualenvをインストール。pipはRubyでいうGemのようなもので、Pythonのパッケージを管理してくれるツールです。

pip install virtualenv

インストールが完了したら、pip listで現在インストールされているパッケージをpip listで確認してみましょう。virtualenvが追加されているはずです。

仮想環境の作成

今回はPythonの軽量Webフレームワークであるflaskのプロジェクトを作成するケースで手順を紹介していきます。Djangoであったり、その他フレームワークでも基本は変わりません。

まずはディレクトリの作成と移動。このディレクトリ内で開発を行っていきます。

mkdir flask-sample
cd flask-sample/

この作成したディレクトリ配下にPythonの仮想環境を作成します。

virtualenv flask-sample-virtual

仮想環境の有効化

そうすると現在のディレクトリ内に、仮想環境用のディレクトリが作成されますので、以下のコマンドで有効化します。

source flask-sample-virtual/bin/activate

そうするとターミナルの入力行の先頭に(flask-sample-virtual)という表示がされます。

この(flask-sample-virtual)が表示されている間は、flask-sample-virtualにインストールされたPythonパッケージがインストールされる、ということになります。

パッケージのインストール

ではflaskをインストールしてみます。

pip install flask

特にコマンドに特別なオプションは不要です。気をつけるべきは(flask-sample-virtual)という表示が入力行の先頭に存在しているか、のみです。

flaskと依存パッケージが仮想環境配下にインストールされているかを、再度listで確認してみましょう。

pip list

仮想環境の終了

以下のコマンドで有効化していた仮想環境を終了することができます。

deactivate

そしてもう一度pip listを。

pip list

仮想環境を抜けるとflaskで追加されたライブラリがなくなっていることが確認できますね。

ここまで確認できれば、virtualenvが問題なく導入できたことになります。

まとめ

Rubyと異なり、デファクトスタンダードというものが存在していないPythonの開発環境構築について、自分なりに使いやすく、仕組みを理解しやすいpyenvとvirtualenvを利用した手順を紹介しました。

あんまり環境構築に時間かけすぎてもアレなので、初心者の方は今回の手順で試してみて、調べるうちにもっといいものを見つけたら、導入する。といった形で学習を進めてみてはいかがでしょうか。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/28

収入を上げたいWebエンジニアが学習するべき技術

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニアの収入は技術に比例して上がるわけではない。というのはこのブログでよく言っていることです。 しかし技術と収入の因果関係はもちろん0ではありません。 そこで今回はITエンジニアとして働いていく上で収入アップに繋がる可能性の高い技術をピックアップして紹介していきます。 今やっている仕事で収入に限界を感じている 新しい技術を学びたいけど何を学ぶのが効率がいいのか知りたい というエンジニアは要チェックです。 技術によって収入が上がる要因 まず収入が上がる技術と ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

僕がITエンジニアとして独立しなかった場合の損失を計算してみた結果

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニア歴が2年くらい経った頃に、月収が20万円を下回るような状態でした。 その後独立し、ほどなくして月収は100万円にまで到達しました。 実に5倍ほど収入が跳ね上がったことになります。 正直もう少し早く独立していればなぁと思っています。 今だからこそ考えられることですが、戦略さえしっかりしていれば、1年くらいは独立を早めることは可能だったと思うので。 こういう後悔というか振り返りをするたびに思うのですが、世の中僕以上に行動を遅らせることによる損失を食ら ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/1/2

プログラマになるために資格は必要か

ここ最近のエンジニア需要増大に伴って、プログラマやエンジニアになりたいと考え始める人が周りにも増えてきました。 そんな時によく聞かれるのが「プログラマになろうとしたら、資格とか取ったほうがいいの?」という内容。 確かに、真っ黒な画面に向かってカタカタ英語や記号を打ち込んでいるTHE 専門職であるプログラマという職業には、何かしら資格が必要に思えるかもしれません。 今日はそんなプログラマ・エンジニアを目指していて、最初の一歩として資格取得を検討している人に向けてプログラマになるのに資格が必要かという疑問に応 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/3/30

プログラマーはIT土方なのか

プログラマーという働き方について、調べたときに必ずといって良いほど出てくる単語であるIT土方。 実際に土木関係に従事する人たちがどのような労働環境におかれているかは置いといて、基本的には以下のような状況を揶揄して使われている言葉です。 毎日終電まで残業させられる 納期のプレッシャーに追われる 忙しいのに低賃金 とにかく辛い そういった過酷な環境であるから、『プログラミングを楽しいと思っていたり、理数系の才能がある人間じゃなければ絶対になるな』という言葉もよく聞きます。 今回はプログラマーが世間でIT土方と ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

エンジニアは勉強し続けなければいけない職業なのか

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は就職・転職する際にエンジニアを選択肢に含める人が増えてきています。 しかしエンジニアという職業を候補にあげるにあたって、 エンジニアは働きながら勉強し続けなければいけないのではないか? という疑問もよく見聞きします。 そこで今回はフリーランスエンジニアとして活動している僕の視点からこの疑問についての答えを説明していこうと思います。 結論 先に結論を述べると、 エンジニアは勉強し続けなければいけないのか? という疑問の答えはNOです。 決してエンジニア ...

続きを読む

-プログラミング
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.