TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Pythonの開発環境構築

更新日:

今回はPythonで使いやすく、整理された開発環境を構築する手順を紹介していこうと思います。

目標としては、

  • 複数のバージョンを使い分けることができる
  • プロジェクトごとにパッケージをインストールできる

という状況に持っていけるようになること。

Ruby勉強中でもあるので、Rubyの開発環境を作成するときと比較しながら進めていきます。

利用するツール

pyenv

複数バージョンのPythonを管理・切り替えするためのツールです。

名前の通り、rbenvのPython版といったイメージで問題ありません。実際に使用するコマンドや設定方法もrbenvと酷似しています。

virtualenv

Pythonの仮想実行環境を管理するためのツール。開発しているアプリケーションディレクトリごとに仮想環境を構築することができます。細かい仕組みは異なりますが、Railsを開発するときにvendor/bundleにgemを管理する感覚に近いと考え、このvirtualenvをチョイスしました。

 

Pythonはバージョン管理、パッケージ管理の手法がいくつも存在していて、スタンダードらしいスタンダードが存在していない状況ですが、できる限り、rbenv/bundlerと近い感覚で管理できるよう、この2つのツールを選定しました。

pyenv

インストール

まずは複数のバージョンのPythonを切り替えることができるよう、pyenvのインストールとバージョンの指定を行います。

brew install pyenv

Macであれば上記のコマンド一発でpyenvをインストールすることが可能です。

環境変数の設定

しかしpyenvをインストールしたけでは、pythonコマンドなどを実行したときに使用されるのは、元からPCにインストールされているpythonのままです。

そこで、利用するPythonをpyenvにインストールしたPythonに設定するために以下のコマンドを実行し、環境変数の定義、シェルの再起動を行います。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile
exec "$SHELL"

使用するバージョンのインストール・選択

次にインストールできるPythonのバージョンの一覧を取得しましょう。

pyenv install --list

ずらっとPythonのバージョンが表示されますので、その中から使用したいバージョンをメモしておきます。

今回は3.6.2をインストールしてみます。

pyenv install 3.6.2
pyenv global 3.6.2
pyenv rehash

上記のコマンドでそれぞれ、使用したいバージョンのインストール/選択/適用が完了したことなります。

確認作業

ここまでの作業が完了したら念のため、

  • python -Vでglobalに設定したバージョンが表示されること
  • which pythonで表示されるパスがpyenv配下となっていること

をそれぞれ確認しておきましょう。

 

virtualenv

次にpythonの仮想開発環境を構築するためにvirtualenvのインストールを行います。

仮想環境といってもそこまで大仰なものではなく、パッケージのインストール先をプロジェクト配下にまとめておくくらいのイメージです。

インストール

早速以下のコマンドでPCにvirtualenvをインストール。pipはRubyでいうGemのようなもので、Pythonのパッケージを管理してくれるツールです。

pip install virtualenv

インストールが完了したら、pip listで現在インストールされているパッケージをpip listで確認してみましょう。virtualenvが追加されているはずです。

仮想環境の作成

今回はPythonの軽量Webフレームワークであるflaskのプロジェクトを作成するケースで手順を紹介していきます。Djangoであったり、その他フレームワークでも基本は変わりません。

まずはディレクトリの作成と移動。このディレクトリ内で開発を行っていきます。

mkdir flask-sample
cd flask-sample/

この作成したディレクトリ配下にPythonの仮想環境を作成します。

virtualenv flask-sample-virtual

仮想環境の有効化

そうすると現在のディレクトリ内に、仮想環境用のディレクトリが作成されますので、以下のコマンドで有効化します。

source flask-sample-virtual/bin/activate

そうするとターミナルの入力行の先頭に(flask-sample-virtual)という表示がされます。

この(flask-sample-virtual)が表示されている間は、flask-sample-virtualにインストールされたPythonパッケージがインストールされる、ということになります。

パッケージのインストール

ではflaskをインストールしてみます。

pip install flask

特にコマンドに特別なオプションは不要です。気をつけるべきは(flask-sample-virtual)という表示が入力行の先頭に存在しているか、のみです。

flaskと依存パッケージが仮想環境配下にインストールされているかを、再度listで確認してみましょう。

pip list

仮想環境の終了

以下のコマンドで有効化していた仮想環境を終了することができます。

deactivate

そしてもう一度pip listを。

pip list

仮想環境を抜けるとflaskで追加されたライブラリがなくなっていることが確認できますね。

ここまで確認できれば、virtualenvが問題なく導入できたことになります。

まとめ

Rubyと異なり、デファクトスタンダードというものが存在していないPythonの開発環境構築について、自分なりに使いやすく、仕組みを理解しやすいpyenvとvirtualenvを利用した手順を紹介しました。

あんまり環境構築に時間かけすぎてもアレなので、初心者の方は今回の手順で試してみて、調べるうちにもっといいものを見つけたら、導入する。といった形で学習を進めてみてはいかがでしょうか。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアが市場価値を知りたければエージェントを活用すべき

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 企業に雇われないフリーランスという働き方。 ITエンジニアという自分の技術を商売道具とする職業は、フリーランスとの相性が抜群だったりします。 僕自身文系かつエンジニア歴2年半で独立しましたが、1年目から年収1000万を軽く超えることができました。 独立してこれまでで学んだことは、ITエンジニアがフリーランスとなり効率よく稼ぐには市場価値の把握がもっとも重要であるということです。 市場価値という超重要な要素 ITエンジニアという職業はいくら高い技術を持っていても ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアの強い味方、フリーランスエージェントとは?

このブログで度々登場する単語であるフリーランスエージェント。 これまで正社員として企業に所属してきたエンジニアにとっては馴染みのない単語だと思います。 なんとなく案件を紹介してくれるサービスだろう。 食べログの飲食店が案件に変わったようなものだろう。 派遣の意識高い系なのだろう。 くらいの印象の方もいらっしゃるかも知れません。 そこで今回はエンジニアにとって、フリーランスエージェントとは何者なのか、利用することによってどんなメリットがあるのかについて説明していこうと思います。 理屈はいいからどのエージェン ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/12

エンジニアにとってSESが最良の選択肢ではない3つの理由

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアが正社員として働く上での選択肢として、SES企業というものがあります。 非常に数が多く、特に未経験エンジニアに対して広く門を開けているのでSESを選ぶ人はかなり多い。 しかしこのブログでは度々言っていることですが、ITエンジニアにとっては不幸になる可能性が高い働き方なんですよね。 そこで今日はエンジニアにとってSES企業という選択肢がなぜオススメできないかについて解説していこうと思います。 SESとは? まずSES企業とはどのようなものなのかにつ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

-プログラミング
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.