TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア入門

プログラミングスクールって実際のところどうなの?

更新日:

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。

プログラミングスクール、今や広告やSNSでも頻繁に目にするこのワード。

  • 初心者がプログラミングを始めるなら通うべき
  • 独学でも十分だから必要ない
  • プログラミングスクールに通ってもプログラマになれない

などなど賛否両論飛び交っていますが、今日は現役エンジニアの視点からプログラミングスクールのメリット・デメリット、そしてエンジニアを目指す上での有力な選択肢となるかについてお話していきます。

プログラミングスクールとは何か

その名前の通り、プログラミングを学ぶための学校のような存在です。とはいえ一言にプログラミングスクールといっても料金やカリキュラムに大きな違いがあります。

料金は無料のものから数十万円まで。

対面形式のものもあれば、リモートで行われるものも。

講師は現役のエンジニアの場合もあれば、アルバイトの専門学校生のものもあります。

プログラミングスクールに通えばエンジニアになれるのか

プログラミングスクールについて、多くの人がもっとも気になるのは通うことでエンジニアとして仕事につけるのかどうか。という点でしょう。

結論からいってしまえば、プログラミングスクールに通うことでエンジニアという職業に就ける可能性を大きく上げることができます。

プログラミングスクールは現在かなり競争が激しい業界となっており、それぞれ卒業した生徒が就職できるようにするための様々な工夫を凝らしています。

エンジニアの就業・転職サポートを行なっている企業が立ち上げたプログラミングスクールも存在し、未経験からエンジニアになるためのパイプを持っているケースがとても多いです。

独学だとどうなの?

もちろんスクールに通わず独学で勉強し、エンジニアとして就職することも可能です。とはいえ初心者にとってプログラミング学習はつまずくことも多く、自分で働かせてもらえる場所を探すのも難易度は高いです。

であれば講師に質問したり、アドバイスをもらいながら学習を行い、卒業後の就業サポートも同時に行なってもらう方が効率は間違いなく良いです。

プログラミングスクールのメリット

プログラミングスクールに通うことによる一番のメリットは上でもお話した2点。

  • 学習をサポートしてもらえる
  • 就業・転職のサポートもしてもらえる

学習をサポートしてもらえる

スクールによっては現場経験のないアルバイトの専門学生がやっていることもあります。もちろん現役のエンジニアを講師に据えているスクールの方が良いのは間違いありませんが、初心者であれば自分より詳しい人にサポートしてもらえる環境をスクール以外で得ることは難しいはずです。

自分の力でプログラミングを習得できる高い学習能力・躓いてもくじけない強い意志を自分が持っている自信があれば、このメリットは不要なものです。

逆に継続できる自信がないと言う人はこの学習をサポートしてもらえるという点だけでも利用する価値はあるのではないでしょうか。

就職・転職をサポートしてもらえる

スクールの言葉の意義からは少し外れるのですが、学習のサポート以上にエンジニアへの転職・就職サポートもプログラミングスクールの掲げる大きなメリットです。

例えば独学で勉強するという行動自体は素晴らしいことなんですが、就職の場面になると勉強したというのは大した評価になりませんし、証拠を示すのも難しいです。

独学で勉強して、改めて就職サービスを利用するよりも、学習実績を把握しているスクールに就職サポートしてもらった方が遥かに効率いいですからね。

プログラミングスクールのデメリット

逆にプログラミングスクールのデメリットはどこにあるのか。

  • お金がかかる
  • 時間がかかる

単純にこの2点が挙げられます。この2点しか存在しないと言えます。別にプログラミングスクール選びを間違ったり、途中で挫折しても経歴に傷がつくわけでもありません。

お金がかかる

スクールによって異なりますが、多くが授業料の支払いが必要となります。プログラミングスクールも利益を上げるために活動しているわけですから当然です。

現在と今後の需要から考えてエンジニアの収入は今後も大きく上がっていきます。それを考えれば初期投資として支払う価値はあると個人的に考えています。

とは言え、30万や40万円という額をポンと払える人はそう多くないでしょう。

そんな人には無料や実質無料のプログラミングスクールも存在しているので、そういったところをチェックしてみるのもありでしょう。

時間がかかる

プログラミングスクールは大体3ヶ月から6ヶ月の期間でカリキュラムを組んでいるところが多いです。

仕事をしながらでも、退職してからでも貴重な時間を大きくプログラミング学習に割くことが強いられます。

これについてはお金の問題と同様に初期投資として、気前よく払うべきコストと言えるでしょう。

ITエンジニアという職業は士業や他の専門職と比べてハードルが低いのは事実ですが、決して何の苦労も犠牲も払わずなれるほどぬるま湯というわけではありませんからね。

どのプログラミングスクールを選ぶべきか

いざプログラミングスクールに通おうとなった時、最初にぶち当たるのがプログラミングスクールを多すぎ問題。

当然それぞれのスクールの紹介サイトはメリットばかりを書き連ねてあるばかりで参考にはなりません。

SNSやネットで卒業生の感想を調べるとうい手もありますが、人間自分が選んだものを正しいと思いたくなる傾向がありますので、それも結局バイアスのかかった意見しか得ることができません。

じゃあどうすればいいのか。残酷なようですが自分の目で見極めるしかありません。そのスクールも話を聞くだけであれば無料であるところがほとんどなので、面談やスクール見学を通して自分が継続できそうか、良質な学習環境が得られそうかを判断して、自分の経済事情と相談して決めましょう。

一応このブログではエンジニアとしての視点から、料金・カリキュラムや就業サポートの質を比較して、オススメのプログラミングスクールを紹介しています。もし自分で選ぶ自信のない方はご覧になってみてください。

絶対にエンジニアになりたい人にオススメするプログラミングスクール3選

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 最近はエンジニアの人手不足による給与向上や、自由度の高い働き方に魅力を感じてエンジニア・プログラマを目指す人が増えてきました。 僕の周囲にもプログラミングを ...

まとめ

スクールに通うという決断は非常に覚悟のいる選択です。そんなとき批判的な声に耳を傾けて、その道を辞める・後回しにするのは魅力的な選択肢です。

プログラミングスクールについて気になっているということは、エンジニアになりたい・現在の状況を変えたいと思っているはずです。

プログラミングスクールが未経験でエンジニアを目指す時の強い味方になることは事実です。その上で自分にあったプログラミングスクールを選ぶことはあなたの目標を後押ししてくれることでしょう。

よく読まれている記事

エンジニア入門

2018/1/21

プログラミング言語としてのJavaについて

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア・プログラマは年収1000万を現実的に目指せる職業として最近特に注目を集めている職業です。 今いる業界の将来性に不安を感じ脱出してきた人たちも、どんどんエンジニア・プログラマという働き方に集結しています。 ある程度エンジニア・プログラマという職業について調べていると、どのプログラミング言語を習得すればいいのか、という疑問が出てくるタイミングがあると思います。 どのプログラミング言語を選べばいいか、という疑問について調べてみると最近ではJava・R ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

最も効率の良いプログラミング学習フロー

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニアの需要が拡大し、売り手市場となったことから、プログラミングを学習し始めた人、学習してみたいという人がかなり増えてきています。 これからの時代プログラミングを学習することは、豊かな人生を目指す上で非常に強力なスキルとなってきます。 今回はプログラミング初心者の方々に向けて、最も効率的なプログラミングの学習方法を解説していきます。 はじめに この学習フローでは、遊びのメカニズムを利用して進めていきます。 どういうことでしょうか。説明していきます。 遊ぶ感覚 ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

エンジニアは勉強し続けなければいけない職業なのか

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は就職・転職する際にエンジニアを選択肢に含める人が増えてきています。 しかしエンジニアという職業を候補にあげるにあたって、 エンジニアは働きながら勉強し続けなければいけないのではないか? という疑問もよく見聞きします。 そこで今回はフリーランスエンジニアとして活動している僕の視点からこの疑問についての答えを説明していこうと思います。 結論 先に結論を述べると、 エンジニアは勉強し続けなければいけないのか? という疑問の答えはNOです。 決してエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

ITエンジニアがスーツ勤務を強要する現場を避けるべき理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プラグラマやインフラ担当などと言ったITエンジニアとしての一般的な働き方として、客先に常駐して業務を行うというものがあります。 そんなとき、現場を選ぶ判断基準の一つとして服装が自由か否かというものが上げられます。 僕は決まって私服勤務可能な現場を選ぶようにしています。それはなぜか。エンジニアをスーツ勤務させる客先にロクなところがないから。 これまでスーツ勤務・私服勤務の現場を経験した上で、エンジニアがスーツを勤務を強要する現場を避けるべき理由を書いて行こうと思い ...

続きを読む

-エンジニア入門
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.