TIS ENGINEER NOTE

27才文系出身フリーランスエンジニアのブログ

エンジニア入門

プログラミング初心者にRubyを強くオススメする理由

更新日:

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。

プログラミングを始めようと思った時にまず立ちはだかるのが、

どのプログラミング言語を選択するか

という問題です。

Googleで『プログラミング おすすめ』や『プログラミング 初心者』などと調べてみても、

オススメプログラミング言語○選といった類の記事やサイトばかりで

結局何を勉強すればいいの?

となってしまっていることでしょう。

そこで今回は、現在プログラマーとして働いている私から、これからプログラムを勉強したいという方に向け、国産プログラミング言語であるRubyをオススメする記事を書いていきます。

ここで巡り合ったのも何かの縁。

以下に書いていく根拠になるほどな!と思っていただけたら、今日からRubyの学習を開始してください。

Ruby on Railsの存在

Rubyというプログラミング言語について少しでも調べたことのある人ならご存じかと思われるRuby on Rails(以降Rails)

ざっくり言うとRubyを使ってWEBサイトを作るための枠組みのようなもの。

料理においてRubyが調理器具なら、Railsはシステムキッチンです。謎なたとえですね。

このRailsの存在がどうしてRubyを初心者にオススメする理由になるのでしょうか?

目標のない作業は苦痛である

地面に穴を掘れ

と理由も告げられず、急に命令されて「よっしゃ!やったるぞ!」

となる人はかなりマレな存在です。というか変な人です。

一般的な感性の持ち主ならば「は?」となりますし、もし逆らえない状況であったなら、かなり苦痛を伴った作業になると思います。

しかしその作業が「果物の成る木を植えるため」であると言われたら少しはやる気が湧いてきませんか?

更にその木に成った果物が自分のものになると分かれば更にモチベーションが上がることでしょう。

重ねて分かりにくい例えになりましたが、プログラミングの勉強でも同じことが言えます。

ただよくわからない英語の羅列を書いていくだけではそうそうやる気が出るものではありません。

世界中に公表させることも可能であるWEBサイトを作るという目標はプログラミングを学んでいく上で、モチベーションを分かりやすく上げてくれます。

C言語やJavaの教則本などは、真黒な画面にプログラムを打ち込んでHello Worldと表示されました!やったね!って感じで全然面白くないですし、それを学んで何ができるのか全く想像できません。

C言語、Javaなどは学習する価値のある言語であることは間違いありませんが、これからプログラミングを学ぼうとしている人にとっては決して優しくはない存在です。

でもWEBサイトを作る枠組みなんて他の言語にもあるじゃん。とお思いでしょう。

もちろんRailsの存在そのものだけがRubyを入門用プログラミング言語としてオススメする理由ではございません。

Railsチュートリアルという最強の学習サイト

Ruby on Rails チュートリアルとはTwitterに似たSNSサイトを作成しながらRailsとRubyの学習を行えるサイトです。

もちろん無料。

WEBサービスの環境設定、開発、公開までの流れを実際に作業しながら学んでいくことができます。

この学習サイトの何が素晴らしいというと、

  • 実際にインターネット上に公開するまでの手順も紹介
  • GitやBitbucketなどといった実際の開発現場でも使用されるツールの使い方も流れの中で解説
  • 実際にWebサイトを構築する上で欠かせないCSSやHTMLの知識も補完

当然のように思われるかもしれませんが、ここまで丁寧に作られた網羅的な教則本・サイトを私は他に知りません。

何より最終的に出来上がるのが、身近な存在であるTwitterに似ているというというのがポイントですね。

このRailsチュートリアルを一通り学習し終えたら、自分で適当にテーマを決めてWEBサイト・WEBサービスを作ってみてください。

分からない部分を調べながら作っていくうちにRails・Rubyの知識がガンガン身についていきます。

まとめ

プログラミング初心者に向けた記事で明確に対象を絞って紹介しているものが少なかったので勢いで書いてみました。

別に将来的にそのプログラミング言語を使わなくなったとしても、その過程で学んだものは決して無駄にはなりませんし、1つの言語を覚えれば他の言語の学習は一気に容易になります。

悩んでいる暇があったら少しでも学習を進めた方が有意義だと思いますよ。

以上、閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/2/18

Webサービス・Webアプリケーションを作って公開するまでの流れ

エンジニアとして活動していくに際して、自分で作成し公開している制作物があるというのは非常に強力なアピールポイントとなります。 もちろんクオリティが高いに越したことはありませんが、自分で作成し公開までを行なったというだけでもかなりの評価を得られます。 これからエンジニアになりたい エンジニアとしてのキャリアアップ・キャリアチェンジを望んでいる という人には大変オススメのプロセスです。 実際僕もRailsを未経験の状態から勉強していた際の仕上げとして作成&公開したWebアプリケーションのおかげであっさ ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニア歴2年の僕がギークスジョブでフリーランスを目指してみた

ぼちぼちの偏差値の文系大学を卒業後、パッケージ運用系のIT企業に就職。9か月で退職。 その後特定派遣会社の正社員として働いてきた僕がなぜフリーランスを目指す気になったのか。 一番の理由はズバリ、お金が稼ぎたかったから。 正確にはもっと効率よくお金を稼ぎたかったからです。 こんな会社もう嫌だ・・・ 現在僕は正社員として2年以上継続して現場に赴き、プログラミングの業務に従事してきましたが、全く給料が上がらない。 ぶっちゃけると手取りが20万円に届かないレベル。ボーナスもお小遣い程度なので年収も悲惨。 給与明細 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/17

自分の市場価値を把握しようとしないエンジニアは搾取される

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア需要の高まり、待遇の向上からエンジニア・プログラマを目指す人が急増してきている昨今。 確かにエンジニアという職業はこれから高収入・柔軟な働き方を目指そうとした時に、最も適切な選択肢です。 そんな高収入かつ将来性のある職業であるエンジニアですが、自分のエンジニアとしての市場価値を知っておかないと、本来得られるはずの収入よりも少ない額で働くことになる可能性があります。それでも中小企業のサラリーマンよりは稼げますが。 今回は何故市場価値を把握しようとし ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/2/28

パーソルテクノロジースタッフの派遣でエンジニア歴2年の僕が時給2000円を余裕で超えた話

今いる会社を辞めることとなり、今後のエンジニアとしての身の振りを検討中のてぃすです。 今回とある派遣会社にて、業務経験なしのRuby on Railsの案件を紹介してもらい、その時給が2000円を超えていました。 月給換算したら1,2年目の正社員の給与を余裕で超えてきます。派遣という働き方の印象がガラッと変わる体験をしました。 今回はエンジニア歴2年の僕にそんな素敵な待遇を提供してくれたパーソルテクノロジースタッフについて、実体験を交えて語っていこうと思います。 エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタ ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/13

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

-エンジニア入門
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.