TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア入門

プログラミング初心者に贈る挫折しない為の3つの心構え

更新日:

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。

最近では未経験者からプログラマー・エンジニアへの転身を志しプログラミングを学習を始めている人が増えていますね。

しかし理解出来ない部分が出てきたり、モチベーションを保てずに学習途中で挫折していまうという話も多く耳に入ってきます。

そこで今回は文系出身から職業プログラマーへ進んだ僕が、挫折しないプログラミング学習の進め方・心構えについてお話していこうと思います。

目的が具体的にイメージできる教材を使用する

プログラミングの学習を始めて間もないときに、

  • 変数に値を代入
  • クラスを生成する
  • オブジェクト指向

などと言われてもピンとこないと思います。少なくとも僕はそうでした。

そのあたりの概念が理解できていない状態で、教材に言われるがままにコマンドプロンプトやターミナルの真っ黒背景の画面に呪文を打ち込んで、『Hello World!』などと表示されたところで「だから何?」となることでしょう。僕はそうでした。

にも関わらず世間に出回っている教材の多くが、このように初心者をおいてきぼりの状態で価値を想像できない作業を進めることを強要して来ます。

これじゃモチベーションの維持は難しいですし、達成感も皆無。そして何より楽しくありません。楽しくないものを続けるのは苦痛です。

じゃあどのように学習すればよいのか。

それは実際に役に立つ状況を想像できる機能を作成しながら学習を進めるタイプの教材です。

具体的にはWebサイトを作りながら進められていく教材がオススメです。

例え単純なものでも、日頃インターネットを通じて触れているWebサービス・Webアプリに類似した成果物の完成に向けて作業を進めることが出来れば、モチベーション達成感を得ながら継続していくことができます。

最初は指示されるがままにコードを書いたり環境の設定をすることになるとは思いますが、プログラミングという手段がWebサイトという結果に繋がるプロセスを体験することは、ジワジワと貴方の学習効率を上げてくれます。

本を使って学習する場合、実践形式で進められる教則本 + 辞書的に使える基本的な内容の教則本を組み合わせれば効率的に学んでいくことができるでしょう。

また現在はインターネット上に良質な学習ページ、記事が揃っていますのでそれらを利用するだけでもプログラミングの技術を身につけることが可能です。

参考までに以前書いたオススメ入門用プログラミング言語の記事を貼っておきます。

https://tisnote.com/programming-ruby/

100%理解しなければならないという考えを捨てる

テキストや学習サイトの1項目1項目、完璧に理解してからでないと次の項目に進まない、というスタイルで学習を進める人が結構います。

プログラミングの学習においてそういった考えは捨てましょう。

学習を進めていく中で、どうしても理解できない部分というのは出てくるものです。

しかしその躓きに執着し、理解できないことで自分には向いていないと感じてしまうことは学習意欲を著しく削いでしまいます。

『クラスとか名前空間とか何のことかよく分からなくて』『例外処理とか意味わからん』などという理由で学習を中断してしまった話はよく聞きます。

それは非常にもったいないことです。自分は仕事としてプログラミングに携わっていますが、理解できない機能や法則なんて未だに山ほどあります。

「今はあんまり理解できないけど、そのうち分かるようになるだろう」

くらいのスタンスで進めていくことが重要です。別の項目で学んだことが躓いていたところのヒントになることもよくあります。

プログラミングに詳しい人と話をするチャンスが巡ってきてその時に解決することもあるでしょう。

鉛筆の持ち方がわからなくても字は書けます。

几帳面な人には難しいかもしれませんが、分からないところは思い切って飛ばす勇気を持ちましょう。

3.インターネット上でとにかく調べる

学習を進める中で分からない用語や処理が出てきた時はガンガンGoogleで調べましょう。

教材の中では具体的に述べられていない項目について、インターネット上には有益な情報が転がっていることはよくあります。

同じく学習を進めている人のブログ記事や、現場で働いているプログラマの備忘録などが思わぬヒントとなることを今まで何度も経験してきました。

プログラマーとして仕事をしていく上で最も奪われると厳しい道具と言われれば、僕はブラウザであると答えます。

プログラミング開発を行っていく上で重要なことは調べることです。

よっぽどの上級プログラマーでもない限り、頭の中に入っていることだけで開発を進めることは難しいです。

そこで求められるのは上手に必要な情報を調べる能力です。

たかが検索、されど検索。検索条件に入力するワードによって求める情報に辿りつけるかどうかが左右されます。

学習の中で調べるスキルを洗練させていけば、いつか実際にプログラミングで何かを作るとき、業務でプログラミングを使用するときに必ず役に立ちます。

どうしても求める情報が見つからないときは質問掲示板、特にプログラミング特化のteratailなどで質問してみるのもアリです。

エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまで述べた心構えはもちろん重要ではありますが、一番大事なのは『プログラミング技術を習得したい』という強い意思です。

何かしらプログラミングを学習しようと思うに至った理由があると思います。

その一番の動機とプログラミング技術を身に付けた後に得られるであろうメリットを、常に意識しながら学習を進めていきましょう。

今回の記事がプログラミングの学習を始めようと思っている人、挫折しかけている人の助けになれば幸いです。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

【地方も強いフリーランスエージェント】PE-BANKを徹底分析

ITエンジニアという職業の魅力についてはこのブログでなんども書いていますが、その中でもフリーランスエンジニアという働き方は、 年収1000万以上も珍しくない高収入 リモートワークや時短勤務などの自由な働き方 を実現する可能性を秘めています。 しかし有名どころのエージェントは基本的に都内、関東のみしか扱っていないケースが多いです。 また現状ITエンジニアがフリーランスとしてやっていく場合、都内で働くことが案件数・単価の都合上もっとも効率がいいです。 しかし地元に愛着があったり、離れることが難しい状況下にある ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

仕事を選べるITエンジニアになるための面談テクニック

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアとして働いていく上で、大部分の人が経験する面談。 その後の数ヶ月、正社員や長期プロジェクトであれば数年の待遇を左右する超重要イベントなのですが、多くのエンジニアがこの重要性に気づいていません。 とりあえずこれまでの経歴を箇条書きして どこかで調べてきたような自己PRを適当に書いて 面談で書いてあることをそのまま口にする といった投げやりな面談を続けていては、売り手市場ということもあり仕事に困る可能性は低いですが、待遇の良い仕事を気づかないうちに逃 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。 報酬(給与)の額 やりがい 成長機会 で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。 人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。 自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。 1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけで ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/23

エンジニア派遣でキャリアを積んで高収入を目指す

エンジニアとして採用面談を受けたことのある人なら分かると思うのですが、面談の時に最も重要視されるポイントは業務経験です。 もちろん普段の個人学習や、技術への関心などでフォローできる面もありますが、一番見られるのはどんな技術を使って、どんな業務を行ってきたかという点なんですよね。 採用する側もプロダクトの正否を左右する立場として責任を負っているわけですから当然です。 そんな時、良質な職務経験をどのように積むことができるか、というのがポイントになってきます。 今回はキャリア構築のための、派遣エンジニアという選 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

自分の市場価値を把握しようとしないエンジニアは搾取される

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア需要の高まり、待遇の向上からエンジニア・プログラマを目指す人が急増してきている昨今。 確かにエンジニアという職業はこれから高収入・柔軟な働き方を目指そうとした時に、最も適切な選択肢です。 そんな高収入かつ将来性のある職業であるエンジニアですが、自分のエンジニアとしての市場価値を知っておかないと、本来得られるはずの収入よりも少ない額で働くことになる可能性があります。それでも中小企業のサラリーマンよりは稼げますが。 今回は何故市場価値を把握しようとし ...

続きを読む

-エンジニア入門

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.