TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア入門

○ヶ月でプログラマーになれる vs そんな簡単になれない論争について

投稿日:

こんばんは。フリーエンジニアのてぃすです。

最近TwitterをはじめとするSNSやブログなどで度々繰り返されている

「○ヶ月でエンジニア/プログラマーになれる」という広告や意見に対する、

「エンジニア/プログラマーはそう簡単になれる職業ではない」

という意見から始まる論争。

今日は実際にプログラマーとしてご飯を食べていて、職業エンジニアになるためのノウハウについての記事も投稿している立場から、この一連のやりとりについて意見してみようと思います。

「○ヶ月でエンジニア/プログラマーになれる」という広告・意見について

まず論争の火種となっているプログラマーという職業の難易度の低さを示唆する広告等についてです。

結論から言って、半年だろうが3ヶ月であろうが未経験から短期間でプログラマーになることは可能です。

自分の経験から

僕がプログラマーとして働くようになったのは社会人の途中からです。

未経験の状態でSES企業に入社した僕は1ヶ月Javaの研修を受けて、すぐに現場に放り込まれました。

現場では詳細設計・実装・単体テストなど、いわゆる職業エンジニアとしての仕事を行い、給与をもらっていました。

要するに僕は未経験から1ヶ月でエンジニアになったわけです。別に経歴詐称が行われたりもしていません。

このケースが一般的なケースであるというつもりはありませんが、状況・機会によっては期間を問わずエンジニアになれることはあるということです。

例えば各種プログラミングスクールはカリキュラム完了後のキャリアサポートについてしのぎを削っている状況です。

そのため人材紹介に強い母体が運営していたり、コネのあるスクールで学ぶことができれば短期間で職業プログラマーとなることはそう難しい事ではありません。

もちろんまともに社会人として務めることのできる程度の常識は必要ではありますし、プログラマーになった後にキャリアを伸ばしていくには努力する必要があったり、苦労することが多いのは事実です。

言い過ぎな広告

ただし「未経験から○ヶ月で月収50万」などとまで言っている広告はあまり信用しない方がいいでしょう。

確かにエンジニアは他業種に比べて収入を伸ばしやすい職業ではありますが、最初からそこまでの高収入を得るというのは難しいです。

未経験から50万円以上というのは絶対に不可能とは言いませんが、相当資金のある顧客を見つけるか、交渉力のある営業についてもらって更にその営業から高い単価を引き出すような交渉力が必要となってくるでしょう。

要するにめちゃくちゃ能力が高くて運のいい人じゃないとあまり現実的ではないということです。

「エンジニア/プログラマーはそう簡単になれる職業ではない」

一旦視点を変えまして、上で説明した広告や意見への反論・批判として語られる「エンジニアという職業はそんな甘いもんじゃないぞ」という意見について。

よく見かけるのは、

  • コンピュータ理論を学ばずにできる職業ではない
  • フレームワークの使い方だけを知っている人がエンジニアになるべきではない
  • 給料をもらわなくてもプログラミングするような人じゃないと無理な職業

などですね。

批判する意図について

おそらく上記のような批判を発信している人の意図としては、

  • 業界のレベルが下がることを恐れている
  • 低レベルのエンジニアと一緒に働きたくない
  • 自分のついている職業に対するプライドから

が多いでしょう。

個人的にはこういった理由からくる意見については身勝手な印象を受けます。

業界は人手不足である

少なくとも僕の知る範囲ではエンジニア/プログラマーの人材が不足している現状です。

そしてその人材不足を解決するためには、これから新社会人になる人々だけではなく、他業種からの参入も必要です。

プログラマーになることを志している人がこういった批判を見かけて尻込みしてしまうというのは業界にとって損失ではないでしょうか。

知識の浅いエンジニアが参入することで業界のレベルが下がること以上に、業界自体が回らなくなるような自体も懸念することが重要なはずです。

最初は誰もが初心者である

プログラマーにはコンピュータ理論や言語の仕組みについての深い理解が必要、という意見自体にはある程度賛同できます。

しかしそういった知識・経験がなければプログラマーとしての一歩を踏み出すことが許されない、というのは少々酷な話ではないでしょうか。

プログラマー・エンジニアにとって実務というのは最も効率よく知識を身に付けることができる場です。

最初はフレームワークに乗っかることでしか開発ができずとも、実務の中でそういったベースとなる知識を身につけていく機会をくれてもいいじゃないか…と思ってしまいます。

そういうと自分の余暇を使ってプログラミングをやるような人だけがプログラマーになるべきだ、という意見もありますが、そんなことができる人はごく少数であり、ほとんど誰も寄り付かないような職業になってしまうでしょう。

まとめ

今回の記事についてはどちらかの意見を批判する意図はありません。

それぞれの論争の中でも、様々な背景事情や文脈があるはずですので、今回意見した内容に全てがマッチすることはないでしょう。

ただ、プログラマーという職業のハードルをむやみにあげるような意見が多く見受けられたので、今回のような記事を描いてみた次第です。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア入門

2018/1/2

プログラマになるために資格は必要か

ここ最近のエンジニア需要増大に伴って、プログラマやエンジニアになりたいと考え始める人が周りにも増えてきました。 そんな時によく聞かれるのが「プログラマになろうとしたら、資格とか取ったほうがいいの?」という内容。 確かに、真っ黒な画面に向かってカタカタ英語や記号を打ち込んでいるTHE 専門職であるプログラマという職業には、何かしら資格が必要に思えるかもしれません。 今日はそんなプログラマ・エンジニアを目指していて、最初の一歩として資格取得を検討している人に向けてプログラマになるのに資格が必要かという疑問に応 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/28

収入を上げたいWebエンジニアが学習するべき技術

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニアの収入は技術に比例して上がるわけではない。というのはこのブログでよく言っていることです。 しかし技術と収入の因果関係はもちろん0ではありません。 そこで今回はITエンジニアとして働いていく上で収入アップに繋がる可能性の高い技術をピックアップして紹介していきます。 今やっている仕事で収入に限界を感じている 新しい技術を学びたいけど何を学ぶのが効率がいいのか知りたい というエンジニアは要チェックです。 技術によって収入が上がる要因 まず収入が上がる技術と ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアの働き方比較(正社員/派遣/フリーランス)

最近ではITエンジニアの需要が激増し、特にプログラマーを目指す人が増えてきました。 今の時代、プログラマーをはじめとするITエンジニアを仕事として選ぶことは賢明かつ的確な判断と言えるでしょう。 その一方で、世間ではプログラマーの不遇が叫ばれていたり、IT土方などの蔑称で呼ばれていたりします。 それは働き方の選択を誤っているプログラマーがあまりに多いことが原因となっています。 稼げる市場であるということは、依頼主と技術提供者の間に入って、不当に利益を得ようとする存在が増えることに繋がります。そういった存在に ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/20

【時給2000円以上】経験者が語る派遣エンジニアの魅力

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 巷で語られているITエンジニアの働き方といえば、正社員 or フリーランス、というのが主流として語られています。 しかしITエンジニアにとって美味しい働き方がもう1つ存在しています。 それが今回紹介する派遣エンジニアです。 ぼくもフリーランスエンジニアとして独立する前の準備期間に派遣エンジニアを活用しました。 今日はその派遣エンジニアという働き方の魅力と活用方法について紹介していきます。 派遣エンジニアとは 今回紹介する派遣エンジニアという働き方を一言で表すと ...

続きを読む

-エンジニア入門

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.