プロフィール

特徴

好きなもの:物語のあるもの全般(本とか漫画とか映画とか)

嫌いなもの:残業

稼ぐ引きこもりを目指して日々精進中です。

簡単な人生のあらすじ

~小学生まで

1991年、茨城県に生を受ける。その後は親の都合で複数の学校を転々としておりました。

その過程で初対面の人とのコミュニケーション・他人の顔色を判断することを身につけました。良くも悪くも。

中学時代

サッカー部に所属するものの、才能と努力する気概の欠如からベンチにすら入らず。

そんな状況で満たされない自己承認欲求を満たすために楽器を始めてしまう。どちらかというと大きな過ち。

受験は何とかは入れそうなレベルの高校を適当に受験。

高校時代

学校に行かず、バンド活動に傾倒し始める。一応ギリギリ卒業しました。

受験は何とか入れそうな(以下略)

大学受験

学校に行かず、バンド活動に傾倒し続ける。こちらもギリギリ留年せずに卒業。

4年生の2月に就職活動を始める。動き出しが致命的に遅すぎる。

何とか新卒で採用していただく。

社会人 Part.1

滑り込みで採用してもらった企業にて就業開始。

業務管理パッケージの運用をしている会社であり、使用している言語も他で使いどころの無いようなマニアックなもの。一応ここでプログラミング言語に初めて触ることになる。

以下の理由から9ヶ月で退職。

  • みなし残業制度
  • 残業が習慣化した勤務文化
  • 忘年会で女装してダンスさせられることになった

無事忘年会前に辞められました。

社会人 Part.2

友人の紹介でIT派遣会社に正社員として就職。

一通りJavaの研修を受けた後、通販サイトの開発現場に常駐。その後2年半ほど同じ現場で働くことになる。

使用されているフレームワーク・構成どれをとってもかなり古臭いもので、このまま続けていてもキャリアは絶望的。そんな環境で働き続けていました。

高校受験・大学受験・就職活動と人生におけるターニングポイント全てを適当に済ませてきた結果、25歳を過ぎても手取りが20万を下回るというポンコツ社会人が出来上がったわけです。

人生に焦り始める

そんな手取りで大丈夫かと問われたらダメですと答えるしかない状況において、ようやく僕にも人生に対する不安というものが芽生え始めました。

このままじゃ結婚はおろか、人並みの生活を送ることすら難しくなってしまうのでは・・・・

そんな考えに対して起こした行動が、勤務している仕事に尽力するというものではないところに僕のひねくれ具合が反映されます。

そう、副業というものに手を出し始めます。

本屋で出会った転売指南書

芽生え始めた不安を燻らせながら、趣味である書店めぐりをしていたところ、一冊の平積みされた本に出会いました。

どうやら海外から商品を仕入れて日本で売って利益を出すというビジネスがあるらしく、そのノウハウをまとめた一冊でした。そのころお金を稼ぐなら会社で働いて給料を貰うという発想しかなかったため、興味を引かれ購入してみました。

疑り深さと、やらない理由を見つけることについては一家言あった僕にしては珍しく、その書物にしたがって副業を開始しました。胡散臭さを覚える以上に、このままではマズイという感情に突き動かされた結果なのでしょう。

月利10万円に到達する

その本に書いてあった内容はBUYMAというプラットフォームを用いた輸入ビジネスでした。

輸入とは言ってもやっていることは海外の通販サイトから商品を購入し、利益を上乗せした上でサイトに出品するというもの。

本で学んだ基礎にネットで公開されているノウハウに従い、淡々と作業を続けているうちに月に売り上げが60万、利益で10万ほどまで到達することができました。

しかし出品作業の単調さ・受け取りや発想の手間・クレーム対応などに嫌気が差し、段々と手が遠のいていきました。労力と収入がつりあわないなと感じたわけです。

ただここで手にした『正しいノウハウに忠実に従えば稼げる』という感覚は、僕の今後の行動に大きな影響を与えてくれました。

プログラミングに集中し始める

もっと効率のよい稼ぎ方はないか、と考えているとき各所で「プログラマーは稼げる」という謳い文句がブログや広告にて目に付き始めました。

絶賛プログラマーとして低賃金に苦しんでいる身としては、何言ってんだこいつ状態だったわけですが、いろいろ調べ始めると本当にプログラマーは稼げるらしい。

つまり働く場所・環境さえ上手く選べばプログラマーというのは効率よく稼げる職業であるということに気づきました。

そのころには動かない理由を探すクセはかなり軽減されていたので、いっちょ働き方改革でも始めますか。ということで行動を起こし始めます。

Rubyの学習

そのとき自分はJavaというプログラミング言語を使用していたのですが、どうにもつまらなかったのです。

ならばもう少し楽しい言語というものは無いのかい?と考えたときに目をつけたのがRubyです。

悩む時間も無駄だと判断し、早速学習を始めました。

サイト公開

とりあえず勉強の仕上げとしてWebサイトでも作ってみるかということで作ったのがこちらのサイト。

HideWord

あわよくばヒットして稼げたら嬉しいなという下心も込めて作成・公開しましたが、今のところ発展途上ということにしておいてください。

仕事を探し始める

とりあえずRubyやるのに今の会社は無理だと判断し、上司に退職の意を伝える。

それと同時に派遣・フリーランスエージェントにてヒアリングを実施してもらい、案件の紹介をしてもらうことに。

2週間ほどで計5件以上の企業で面談を受け、それぞれオファーをいただく。

現在

派遣でRubyのWeb開発案件に従事しながら、知人のサービス立ち上げにエンジニアに参加している状態。

あとはブログ収益の安定化、プログラミングのリモート副業案件の獲得を目指して動いている段階です。

長くなりましたが、これまでが現在までの自分の経歴となります。

ブログについて

ブログは自分の経験したことの備忘録や発信が、見てくれた人の役に立った上で収益を生んでくれたら嬉しいなと考え運営しております。

自分の考えや学んだことを言語としてアウトプットする能力を向上させてくれているので、やっていてよかったと感じています。

プログラミングについて

プログラミングは好きでも嫌いでもないです。効率よく稼ぐことのできるツールとして用いているというのがメインです。

それでもやっている中で楽しいなと感じることはあるので、相性は悪くはないんじゃないかなと思っています。

もしプログラミング初心者の方で概要や環境構築について分からないことがあったら、僕が学んだことから共有できることもあると思いますので、Twitterやお問い合わせからご連絡ください。

できうる範囲でサポートさせていただきます。人に教えるって学習効率めっちゃいいですからね。

公開日: