TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

未分類

オンラインサロンに参加してみた感想

更新日:

以前ネットで知り合った人たちとチャットツールを共同開発したら、とんでもなく勉強になったという記事でサラッとお話しましたが、僕はりゅうけんの『人生逃げ切りサロン』】というオンラインサロンに参加しています。

参加して2ヶ月ほど経過したので、今回はオンラインサロンに参加しようとしたキッカケ、活動する中で感じたことについてつらつらと書いていこうと思います。

「オンラインサロンって何?」「興味はあるけど何となく胡散臭い」とか考えている人の参考になれば嬉しく思います。

そもそもオンラインサロンって?

ざっくり言うとある分野で成功している人を中心に形成される閉鎖的なオンラインコミュニティ

例えば起業家やブロガーなどが、そのノウハウを一方向的にではなく双方向的に提供するための場として、有料で提供しているのがよく見るパターンです。

双方向的に、というのはどういうことかと言うと、メルマガやブログなどのように一方的に情報を与えるだけではなく、コミュニケーションを通して成功に向けての背中押しをしてくれるイメージですね。

基本的には有料で運営されていて、月額1000円~10000円以上など様々です。

なんでオンラインサロンに入ろうと思ったのか

僕自身は最初オンラインサロンというものにあまりポジティブな印象を持ってはいませんでした。

まず響きが胡散臭いですし、成功者の更なる飯の種になるのも癪だなと思い、どちらかというと敬遠していたくらいです。何となく僕の嫌いな意識高い系が多そうなイメージもありました。

そんな中、エンジニアの進路についての情報収集に利用していたブログであるRYUKEN OFFICIAL BLOGの管理人であるりゅうけんさんがオンラインサロンを運営しているというのを見つけました。

経歴や考え方、感性に魅力を感じている御方ではあったので、どのようなサロンを運営しているのか興味が沸き、詳細を確認してみました。

すると月額1980円との文字が。あら安い。参加しよう。となりました。

失礼かもしれませんが、このサロンへの参加を決定した理由は値段の手ごろさです。

特に僕はオンラインサロンがどういったものなのかほとんど知りませんでしたし、更にはネガティブな印象をいただいていたわけです。そうなるとやはりその選択が失敗だったときの損失はできるだけ低く抑えたいという気持ちが強かったのです。

もちろん活動内容や方針が面白そうだという理由はありましたが、それらの理由は興味が沸くキッカケでこそあれ、決定を促すものではありませんでした。このとき月額5000円とか10000円だったら参加はしていなかったと思います。今でこそ、それだけ払う価値はあると感じてはいますが、未知のサービスに月10000円とか払うのって勇気要りますからね。

オンラインサロンの活動を通じて感じたこと

そんなこんなで参加させていただき、日々活用させていただいているわけですが、その中で感じたメリットについて書いていきます。

行動のメンテナンスに最適

オンラインサロンに入る目的は人それぞれではありますが、情報を貰いたいというだけという受身の参加ではあまりメリットを享受できないなと感じました。

ただ情報が欲しいだけならブログやメルマガを購読するなり、情報商材を購入した方がシンプルですし、手っ取り早いです。

他のオンラインサロンの風土は知りませんが、特に『人生逃げ切りサロン』は、行動する中で軌道修正を求める人にフィットするコミュニティであると感じています。

何かを成したいときにトライ&エラーは大切なことですが、できることなら最短のルートを辿って進んで行きたいものです。

オンラインサロンの主催者はもちろん、参加者の中にもその筋でゴリゴリお金を稼いでいるスペシャリストが揃っているわけです。そのような方々に自分の成果物を評価してもらい、直すべき箇所を指摘してもらえるというのは、僕がオンラインサロンの最大のメリットであると感じている部分です。

1時間ウン万円などの料金で提供されているコンサルサービスがある中で、オンラインサロンのコスパは目を見張るものがあります。僕のような臆病者にこそ有力な選択肢であると言えますね。

成功する人の過程をリアルタイムで見ることができる

お金を払ってオンラインサロンに入っている人って、当然ながら何かを達成したいと考えていて、実際に行動を起こしている人たちがほとんどです。

そんな人たちがどのような行動を起こして、どのような成果を得たかをリアルタイムに目撃できることには非常に大きな価値がありました。

ブログや書籍などでは成功者の結果ありきのアドバイスやノウハウを得ることができますが、どうしても現実味が乏しく、教則本を読んでいるような感覚からはどうしても逃れられません。

様々な経歴、目的を持った人たちの成功までの道筋を見て、関わり合いを持つことで、自分に不足していることや取るべき行動というものを生々しく実感することができました。

やる気を貰う、という表現はあまり好きではありませんが、自分と近しい境遇の人が成功を重ねていく姿は勇気とモチベーションも与えてくれます。

まとめ:自分に合ったものであればオンラインサロンはオススメ

個人的な感想文という感じで書かせてもらいましたが、オンラインサロンがどういったものというイメージは持っていただけたのではと思います。

成功するためのツールとして、オンラインサロンというのはかなり有益なものであると僕は強く感じています。

しかしそれも自分に合ったサロンを見つけられたら、の話です。

『自分にあった』というのはジャンルはもちろんのこと、得られるメリットなども含まれます。

まず行動を起こすことのできない人は行動を促してくれるサロンに入るべきですし、自分で知識を得て正しく使える自信のある方はそもそもオンラインサロンという選択肢自体が不要なものかも知れません。

オンラインサロンが自分に足りないものを埋めてくれると判断できたのであれば、一度勇気を出して参加申請を出してみるといいと思います。

気に入らなければ退会していまえばいい訳ですしね。

今回紹介したりゅうけんの『人生逃げ切りサロン』】は僕のように効率的に手広く稼ぐ手段を求める欲張りさんにはピッタリですので、気になる人は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

以上、閲覧いただきありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

ITエンジニアがスーツ勤務を強要する現場を避けるべき理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プラグラマやインフラ担当などと言ったITエンジニアとしての一般的な働き方として、客先に常駐して業務を行うというものがあります。 そんなとき、現場を選ぶ判断基準の一つとして服装が自由か否かというものが上げられます。 僕は決まって私服勤務可能な現場を選ぶようにしています。それはなぜか。エンジニアをスーツ勤務させる客先にロクなところがないから。 これまでスーツ勤務・私服勤務の現場を経験した上で、エンジニアがスーツを勤務を強要する現場を避けるべき理由を書いて行こうと思い ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

文系出身エンジニアが26才でフリーランスになった感想

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 フリーランスエンジニアということは、つまりエンジニアとして独立しているということになり、すごい敷居が高い印象を持っている人が多いです。 けど僕は文系大学出身かつ、プログラミングも社会人になって一年弱ほど経ってから初めて経験しました。 そんな経験の浅い僕が滞りなくフリーランスエンジニアとして活動して、報酬についてもある程度満足のいく額を得ることができています。 最近はフリーランスという働き方が脚光を浴びてきて、気にはなっている。けどなかなか踏み出す勇気が出な ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

仕事を選べるITエンジニアになるための面談テクニック

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアとして働いていく上で、大部分の人が経験する面談。 その後の数ヶ月、正社員や長期プロジェクトであれば数年の待遇を左右する超重要イベントなのですが、多くのエンジニアがこの重要性に気づいていません。 とりあえずこれまでの経歴を箇条書きして どこかで調べてきたような自己PRを適当に書いて 面談で書いてあることをそのまま口にする といった投げやりな面談を続けていては、売り手市場ということもあり仕事に困る可能性は低いですが、待遇の良い仕事を気づかないうちに逃 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

転職したいエンジニアの背中を押す記事

知人であったり、SNS上で知り合いのエンジニアの中には、今の職場に不満を感じ、転職したいという思いを募らせている人が結構な割合います。 僕からしたら絶賛売り手市場であるエンジニア業界において、劣悪な労働環境に耐えるという選択は非常に勿体無いことだと考えています。 確かにIT業界における技術者というのは、非常に需要のある立場ですが、慎重に働く場所を選ばなければ搾取される可能性が高いです。 技術という武器を持っているエンジニアならば、ストレスなく効率よく働くべき場所を求めて行動を起こすべきだと思うんですよね。 ...

続きを読む

-未分類

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.