TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

未分類

オンラインサロンに参加してみた感想

更新日:

以前ネットで知り合った人たちとチャットツールを共同開発したら、とんでもなく勉強になったという記事でサラッとお話しましたが、僕はりゅうけんの『人生逃げ切りサロン』】というオンラインサロンに参加しています。

参加して2ヶ月ほど経過したので、今回はオンラインサロンに参加しようとしたキッカケ、活動する中で感じたことについてつらつらと書いていこうと思います。

「オンラインサロンって何?」「興味はあるけど何となく胡散臭い」とか考えている人の参考になれば嬉しく思います。

そもそもオンラインサロンって?

ざっくり言うとある分野で成功している人を中心に形成される閉鎖的なオンラインコミュニティ

例えば起業家やブロガーなどが、そのノウハウを一方向的にではなく双方向的に提供するための場として、有料で提供しているのがよく見るパターンです。

双方向的に、というのはどういうことかと言うと、メルマガやブログなどのように一方的に情報を与えるだけではなく、コミュニケーションを通して成功に向けての背中押しをしてくれるイメージですね。

基本的には有料で運営されていて、月額1000円~10000円以上など様々です。

なんでオンラインサロンに入ろうと思ったのか

僕自身は最初オンラインサロンというものにあまりポジティブな印象を持ってはいませんでした。

まず響きが胡散臭いですし、成功者の更なる飯の種になるのも癪だなと思い、どちらかというと敬遠していたくらいです。何となく僕の嫌いな意識高い系が多そうなイメージもありました。

そんな中、エンジニアの進路についての情報収集に利用していたブログであるRYUKEN OFFICIAL BLOGの管理人であるりゅうけんさんがオンラインサロンを運営しているというのを見つけました。

経歴や考え方、感性に魅力を感じている御方ではあったので、どのようなサロンを運営しているのか興味が沸き、詳細を確認してみました。

すると月額1980円との文字が。あら安い。参加しよう。となりました。

失礼かもしれませんが、このサロンへの参加を決定した理由は値段の手ごろさです。

特に僕はオンラインサロンがどういったものなのかほとんど知りませんでしたし、更にはネガティブな印象をいただいていたわけです。そうなるとやはりその選択が失敗だったときの損失はできるだけ低く抑えたいという気持ちが強かったのです。

もちろん活動内容や方針が面白そうだという理由はありましたが、それらの理由は興味が沸くキッカケでこそあれ、決定を促すものではありませんでした。このとき月額5000円とか10000円だったら参加はしていなかったと思います。今でこそ、それだけ払う価値はあると感じてはいますが、未知のサービスに月10000円とか払うのって勇気要りますからね。

オンラインサロンの活動を通じて感じたこと

そんなこんなで参加させていただき、日々活用させていただいているわけですが、その中で感じたメリットについて書いていきます。

行動のメンテナンスに最適

オンラインサロンに入る目的は人それぞれではありますが、情報を貰いたいというだけという受身の参加ではあまりメリットを享受できないなと感じました。

ただ情報が欲しいだけならブログやメルマガを購読するなり、情報商材を購入した方がシンプルですし、手っ取り早いです。

他のオンラインサロンの風土は知りませんが、特に『人生逃げ切りサロン』は、行動する中で軌道修正を求める人にフィットするコミュニティであると感じています。

何かを成したいときにトライ&エラーは大切なことですが、できることなら最短のルートを辿って進んで行きたいものです。

オンラインサロンの主催者はもちろん、参加者の中にもその筋でゴリゴリお金を稼いでいるスペシャリストが揃っているわけです。そのような方々に自分の成果物を評価してもらい、直すべき箇所を指摘してもらえるというのは、僕がオンラインサロンの最大のメリットであると感じている部分です。

1時間ウン万円などの料金で提供されているコンサルサービスがある中で、オンラインサロンのコスパは目を見張るものがあります。僕のような臆病者にこそ有力な選択肢であると言えますね。

成功する人の過程をリアルタイムで見ることができる

お金を払ってオンラインサロンに入っている人って、当然ながら何かを達成したいと考えていて、実際に行動を起こしている人たちがほとんどです。

そんな人たちがどのような行動を起こして、どのような成果を得たかをリアルタイムに目撃できることには非常に大きな価値がありました。

ブログや書籍などでは成功者の結果ありきのアドバイスやノウハウを得ることができますが、どうしても現実味が乏しく、教則本を読んでいるような感覚からはどうしても逃れられません。

様々な経歴、目的を持った人たちの成功までの道筋を見て、関わり合いを持つことで、自分に不足していることや取るべき行動というものを生々しく実感することができました。

やる気を貰う、という表現はあまり好きではありませんが、自分と近しい境遇の人が成功を重ねていく姿は勇気とモチベーションも与えてくれます。

まとめ:自分に合ったものであればオンラインサロンはオススメ

個人的な感想文という感じで書かせてもらいましたが、オンラインサロンがどういったものというイメージは持っていただけたのではと思います。

成功するためのツールとして、オンラインサロンというのはかなり有益なものであると僕は強く感じています。

しかしそれも自分に合ったサロンを見つけられたら、の話です。

『自分にあった』というのはジャンルはもちろんのこと、得られるメリットなども含まれます。

まず行動を起こすことのできない人は行動を促してくれるサロンに入るべきですし、自分で知識を得て正しく使える自信のある方はそもそもオンラインサロンという選択肢自体が不要なものかも知れません。

オンラインサロンが自分に足りないものを埋めてくれると判断できたのであれば、一度勇気を出して参加申請を出してみるといいと思います。

気に入らなければ退会していまえばいい訳ですしね。

今回紹介したりゅうけんの『人生逃げ切りサロン』】は僕のように効率的に手広く稼ぐ手段を求める欲張りさんにはピッタリですので、気になる人は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

以上、閲覧いただきありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/25

絶対にエンジニアになりたい人にオススメするプログラミングスクール3選

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 最近はエンジニアの人手不足による給与向上や、自由度の高い働き方に魅力を感じてエンジニア・プログラマを目指す人が増えてきました。 僕の周囲にもプログラミングを始めたいという人が増えてきて、プログラミングスクールとかたくさんあるけどどれがいいの?という質問を受けることがあります。 せっかくなので実際に現場でWeb開発に携わる立場からプログラミングスクールについて比較しながら調べてみました。 そして実際にエンジニアとして働くために最も充実したサービスを提供しているプロ ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/5/30

エンジニアにとっての理想的な職場とは

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 この記事を読んでくださっているということはITエンジニアかと思いますが、皆さんエンジニアとして働くならどんな環境で働きたいですか? スーツ勤務が嫌、言われたことをモクモクとこなすのが好き、など人によって理想として掲げる働き方って大きく異なります。 僕はこれまでエンジニアとして、SES企業やノリノリのベンチャー企業、起業したてのスタートアップ企業における業務を経験してきました。 今回は僕の経験や周囲のエンジニアから聞いた話を交えて、エンジニアにとっての働き方 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/28

収入を上げたいWebエンジニアが学習するべき技術

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニアの収入は技術に比例して上がるわけではない。というのはこのブログでよく言っていることです。 しかし技術と収入の因果関係はもちろん0ではありません。 そこで今回はITエンジニアとして働いていく上で収入アップに繋がる可能性の高い技術をピックアップして紹介していきます。 今やっている仕事で収入に限界を感じている 新しい技術を学びたいけど何を学ぶのが効率がいいのか知りたい というエンジニアは要チェックです。 技術によって収入が上がる要因 まず収入が上がる技術と ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

-未分類

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.