TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア入門

プログラミングの勉強はモチベーションだけでやると挫折する

更新日:

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。

最近は未経験からエンジニアを目指したり、エンジニアとしてのキャリアを向上させるために、プライベートでプログラミングを勉強をし始める人が増えてきています。

僕自身、プライベートの時間に未経験言語の勉強をしてキャリアアップした経験があるので、非常にいい傾向だと思っています。

しかしSNSやブログなどを眺めていると、

「この人モチベーションだけで勉強しているな」

という人を多く見かけます。

個人的な経験と人から聞いてきた話から、このようにモチベーションだけで勉強している人は理想とする結果に辿り着けない可能性が高いです。

今日はモチベーションに頼りきりになる危険性とその改善策についてお話していこうと思います。

注意ポイント

本当の本当にプログラミングが好きで勉強している、と自信を持って言える人にはこの記事に書いてある内容は参考にならないと思います。

プログラミングとモチベーションについて

いや、モチベーションはとっても大事なものです。

収入を上げたい、プログラミングでお金を稼げるようになりたい、といった願望や書いたコードがうまく動いたときの達成感は頑張るための上質な原動力になってくれます。

今回お話したいのは、モチベーションだけで勉強している状況がよくないということです。

モチベーションだけでプログラミングの勉強をしていると

  • プライベートで良いこと・悪いことが起こったときに手が止まってそれっきりになってしまう
  • 難しい問題が直面したときに挫折したり、諦めてしまう
  • 努力した結果が一度報われないと心が折れてしまう

などといった問題が発生します。

モチベーションに習慣を加える

じゃあどうすれば良いさ。となるかと思いますが、簡単な話です。

プログラミングの勉強を自分の習慣にすることができれば、上でお話したような問題は発生しません。

燃え盛る焚き火ではなく、バーベキューで使うような炭のように熱を蓄えるべきなのです。

モチベーションは着火剤であるべきで、その着火剤ありきで行動するとまともな結果を得ることは難しいでしょう。

習慣化のコツ

簡単に習慣化できれば苦労しないよ。という気持ちは非常に理解できます。正直いって決して容易な方法ではありません。でもかといって複雑な話ではありません。

それはスケジュールを組むということです。

仕事のある日は家に着いてから1時間。休みの日は朝起きてから3時間。と決めておくことです。

いっそそれ以上の勉強はやらない、とカッチリ決めるくらいの方が効果的だったりします。

そのスケジュールをしっかりと守って継続していく。これこそがプログラミング学習を確実に継続させるための一番の方法です。

外せない予定などが入って、勉強できなかったときに気持ち悪い感じがするようになればあなたの勝ちです。炭に火が着いた状態となります。

プログラミング学習とSNS

繋がる文化

少し話題はそれますが、ちょっと前に「駆け出しエンジニアと繋がりたい」といったハッシュタグ・文化が流行していました。

それ自体は人脈が広がったり、意見交換ができるという意味では良い文化だなと思いました。ただこの文化をモチベーションを得る目的で使っている人が多いのが気になりました。

そういった流行りの中で得られる文化の何が怖いかというと、人と一緒じゃなきゃ頑張れなくなるメンタルになり得るというところ。

もし誰からも反応がなくなったり、文化が廃れてしまったときにあっさりとプログラミングの世界から離れてしまうという可能性があります。

これもいわゆるモチベーション依存の状況になり得る要素ですので、本気でエンジニアになりたいという人は心に留めておいて欲しいポイントです。

発信しすぎるデメリット

あとは同じSNS関連で、

  • プログラミング本当に楽しい!
  • ずっとやってても全然苦じゃない!

って呟いている人も挫折しやすい傾向があるように見えます。

そういう人も勉強の中でつまずいたり、努力の成果が出なかった場合にポッキリと折れてしまう可能性が非常に高いです。

あとは外部への発信とそれに対するポジティブな反応で欲求が満たされてしまい、それによってエンジニアになるという最終目標に到達する前に燃え尽きてしまうということもあるでしょう。

情報発信自体は非常に有効なツール

ここまで見るとSNSによる繋がりや情報発信を批判しているように見えますが、そんなことは全くありません。むしろ積極的に利用すべきです。

自分で一から作ったサービスを紹介したり、自分がつまずいたところ・解決した方法などを発信していくことは今の時代では就職を有利にするための武器にもなり得ます。

僕も何度かSNS経由で仕事のオファーをもいただいたことがあるくらいなので、たかがSNSと侮ることなくしっかりと活用すべきなのです。

要点としては、SNSから得られる繋がり・承認欲求だけを原動力としてはいけない、ということです。

まとめ

最も早く確実に結果を出す人は淡々とルーチンをこなせる人です。

そういう人はしれっとエンジニアになってたり、高収入を得て楽しく活動していたりします。

プログラミングの勉強ってめっちゃ難しいじゃないですか。

だから一過性の勢いに頼るのは気をつけるべきというのを覚えておいて欲しいです。

よく読まれている記事

エンジニア入門

2019/4/28

未経験からプログラミングを学ぶための方法を徹底比較

いまの時代、プログラマという仕事ほどインスタントに高収入を目指せる職業は存在しないと考えています。 未経験の言語での参加にも関わらず、最初から残業なしで手取り30万円を得られた経験を以って、そのことを強く実感しました。 で、最近はプログラマ・エンジニアのこういった稼げる側面に気づいて、プログラマになりたいと考える人多くなってきました。 が、実際にどのような手順を踏んでプログラミングを学習して、プログラマになればいいか分からない人も同様に多いようです。 勉強方法によっては遠回りになりかねない 働きながら勉強 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/28

月80万円も目指せるフロントエンドエンジニアの魅力

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアといえば、JavaやRubyを駆使するサーバーサイドエンジニアの方がイメージとして強いですよね。 ただWeb系で活躍するエンジニアには他にもフロントエンドエンジニアという働き方があります。 今日はこのフロントエンドエンジニアについて、 よくある誤解 どれくらい稼げるのか どうすればなれるのか 将来性 キャリアアップのコツ などの観点からお話していきます。 フロントエンドエンジニアとは フロントエンドエンジニアとは、簡単に言えばユーザーが操作する画 ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/23

DMM WEBCAMP(旧:WEBCAMP PRO) - エンジニアとして働きたい人のためのプログラミングスクール

最近のプログラミングスクールは、就業サポート・業務で役立つ教育を掲げているところがかなり多くなってきました。というかこの2つを満たしていないスクールはもはや存在価値が薄くなってきています。 今回はその2本の柱を高いクオリティで実現している DMM WEBCAMP(旧:WEBCAMP PRO)について、現役プログラマの目線から紹介していこうと思います。 このDMM WEBCAMPは総合的に見て、本気でエンジニアを目指そうとする人にとって最有力候補と言えるレベルで非常に優秀なプログラミングスクールです。この根 ...

続きを読む

office

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がレバテックフリーランスでフリーランスを目指してみた

正社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの方向転換の一環として、業界最大手であるレバテックフリーランスの個人面談に出向いてきたので、その感想を書いていこうと思います。 フリーランスというと知識・経験・人脈を兼ね備えたスーパーエンジニアしかなれない存在だと思っている人も少なくありません。 しかし最近では今回紹介するレバテックフリーランスや以前の記事で紹介したギークスジョブなどといったエージェントを利用すれば、僕のように経験の浅いエンジニアでも十分に目指せる働き方となっています。 この記事が現在働いている ...

続きを読む

-エンジニア入門
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.