TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

働き方

連休明けの5月病を乗り切っていく方法

更新日:

こんにちは

皆様GWはどのように過ごしましたか?

もちろん、接客業などで普段どおり仕事に出向いていた方もいらっしゃる思います。お疲れ様です。

私は特に旅行やイベントも無く、友達と遊んだりゆっくり読書をして過ごしていました。

今年のGWはいい感じでまとまっていて、人によっては有給を使うなどして10連休にした方も多いと思います。

しかし休暇が長期であれば長期であるほど、終わったときの悲しみや絶望感はいっそう強いものになるかと思います・・・

そういった事由から日本では5月病という病気?が蔓延することとなります。

(ちなみに5月病というのは日本特有の言葉だそうです)

何とかして5月病を乗り越えて仕事にプライベートにと充実した生活を送りながら夏を迎えたいですね。

そんなわけで今日はGW明けの憂鬱と5月病を予防および軽減する方法について考えて行きたいと思います。

1.休暇中以上に遊びに出かける

asobi

かなりパワープレイになってしまいますが、個人的にはかなりオススメの方法です。

忙しい期間が重なったなどでなければ、休暇によって体力的にはかなり余裕ができていることかと思います。

そんな体力を活用し、遊びや趣味に積極的に取り組んでみましょう。

週末はできるだけ外に出かけ、平日も余裕があれば同僚や友達と飲みにでかけるなどしてみましょう。

憂鬱になりがちな期間にあえてスケジュールを過密にすることで、思考がどんよりになる暇を失くすといった感じです。

体力が無くなって仕事中に辛くなりそう・・・とよく言われますが、

遊びにでている時にはストレスがしっかり発散されていますので、思いのほか清々しく日々を過ごすことができます。

趣味の場合、インドアなものよりも身体を動かすものの方が効果的です。

しんどいときに動くというのは思い切りが必要なことかと思いますが、

実際にやってみるとかなりの効果がありますので、おすすめですよ!

 

2.次の長期休暇を想像する

next

こちらは皆さん自然にやっていることかと思います。

あえてここでオススメするのは、ぼんやりと考えるのではなく

具体的に考える

ということです。

具体的に考えるというとどういった感じかといいますと、

例えば実際に旅行や観光のスケジュールを立ててみたりとか、

誰とどこに出かけるかを考えてみるということです。

そうすると次の休暇がはっきりとイメージでき、その分楽しみな感覚が強まってまいります。

楽しいことを考えることは悪いことを考える隙間が減ることになります。

人間考えていられる容量には限界があります。

具体的に組み立てた楽しみな予定の思考を用いて、淀んだ思考を追い出してみましょう。

3.映画を観る

eiga

こちらは映画館で観るのでも、DVDを借りて家で観るのでもOKです。

最初に述べた趣味を楽しむということと被ってはいますが、映画鑑賞については特に効果がありますので挙げさせていただきました。

映画といえば様々なジャンルがありますが、その部分については特にこだわらなくてもOKです。

強いて言えばストーリーがちゃんとあるものが好ましいです。

何故映画鑑賞が5月病に効果的なのかについて説明させていただきます。

ストーリーものの映画の中では何人かの登場人物が人生を送っています。

それらの登場人物の行動や心象描写を映像として眺めることで、

日常というものをある種客観的に捉えることができるようになります。

いわゆる5月病というのは自分の置かれた状況を必要以上に悲観的に見てしまうことが原因となることが

多いのではないかと思います。

そんな中でフィクションとはいえ、自分とはまったく日々を送っている存在を眺めることは、

ネガティブな自己分析を薄めることに繋がります。

まとめ

憂鬱なものはしょうがない。

といえばそれまでですが、せっかく暖かい気候が続く期間ですので、健全な精神状態を持って充実した日々を過ごしたいですね。

皆さんの気持ちが少しでも晴れるキッカケを作ることができたなら幸いです。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

自分の市場価値を把握しようとしないエンジニアは搾取される

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア需要の高まり、待遇の向上からエンジニア・プログラマを目指す人が急増してきている昨今。 確かにエンジニアという職業はこれから高収入・柔軟な働き方を目指そうとした時に、最も適切な選択肢です。 そんな高収入かつ将来性のある職業であるエンジニアですが、自分のエンジニアとしての市場価値を知っておかないと、本来得られるはずの収入よりも少ない額で働くことになる可能性があります。それでも中小企業のサラリーマンよりは稼げますが。 今回は何故市場価値を把握しようとし ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/22

【厳選】現役フリーエンジニアが勧めるフリーランスエージェント2選

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニア、特にプログラマーがフリーランスになろうとしたとき、人脈豊富なスーパーエンジニアでもない限り、最も現実的な選択肢がフリーランスエージェントを利用した働き方です。 とはいえエンジニアバブルの昨今、そういったエージェントサービスは数多存在しており、戦国時代状態です。 選択肢が多いということは嬉しいことであり、同時にどれを選べばいいかという悩みにもなります。 各サイトではメリットや自サービスの長所しか書かれていません。当然ですが。 そうなると選ぶ側としては迷 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

プログラマーという働き方を見限る前に見ておくべき記事

プログラマーとかSEってちょっと前まで最先端の働き方って感じで世間でもてはやされていましたが、今ではブラック業界の代表格と言われるようになっていますよね。エリート社畜の巣窟とか。 実際SIer系の案件であったり、システム会社を名乗る派遣企業によって希望を持って入ってきた若者が食いつぶされてきたわけですから、当然の帰結ともいえます。 実際僕がこれまで正社員として働いてきた会社も、みなし残業という名の残業未払いであったり、都内にも関わらず勤続2年目で手取り17万円とかいう扱いを平気でやってきました。鬼畜の所業 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/26

プログラマー・エンジニアが情報発信をするべき2つの理由

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 プログラマー・ITエンジニアとして働いている人が、SNSやブログで積極的に技術的なTipsや働き方に関する考え方を発信しているのをよく見ると思います。 情報発信をしたことのない人からすると、なんでそんな一銭の得にもならない行為をやっているのか、という疑問も湧いてくるでしょう。 知っている人は知っていることですが、エンジニアにとって情報発信ってすごいメリットがある行為なんです。 そこで今日はプログラマー・ITエンジニアが今すぐにでも情報発信を始めるべき2つの理由を ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

仕事を選べるITエンジニアになるための面談テクニック

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアとして働いていく上で、大部分の人が経験する面談。 その後の数ヶ月、正社員や長期プロジェクトであれば数年の待遇を左右する超重要イベントなのですが、多くのエンジニアがこの重要性に気づいていません。 とりあえずこれまでの経歴を箇条書きして どこかで調べてきたような自己PRを適当に書いて 面談で書いてあることをそのまま口にする といった投げやりな面談を続けていては、売り手市場ということもあり仕事に困る可能性は低いですが、待遇の良い仕事を気づかないうちに逃 ...

続きを読む

-働き方

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.