TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

購入レビュー

MacBook Pro 2017 13インチ touchbarなしを購入したよ

更新日:

前々から購入を検討していて、先日注文したMacBook Pro 2017モデルの13インチが手元に届きました。

色はスペースグレーで、touch barは搭載していないモデルです。

メインの使い道はプログラミング

僕は現在までWindowsをメイン機として使用しておりました。5年以上前に友人に作ってもらったPCですが、スペック的にはまだまだ現役で動いてくれています。

ではなぜ今回MacBook Proを購入したのか。その主な目的はプログラミングのためです。

一般的にプログラミングはWindowsよりMacでやったほうがいいよ、という意見を聞いていました。

自分自身Rubyを勉強する中で、Unixベースの方がやりやすいなという気持ちがあり、仮想PC上にLinuxをインストールして開発環境を構築してプログラミングを行なっていました。

しかし仮想PC上だとどうしてもキーボード操作やスペック的に歯がゆい気持ちなることが多々ありました。

そこで思い切って買ってしまおう!24回まで無金利でローン組めるみたいだし!ということで購入に踏み切りました。

スペック・カスタマイズ内容

冒頭でも書きましたがモデルはMacBook Pro 2017 13インチ touch bar 非搭載モデルです。

スペックは以下の通り。

  • CPU:第7世代の2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ
  • ストレージ:256GB SSD
  • メモリ:16GB
  • キーボード:US

デフォルトから変更したのはメモリ増設とキーボードの英語配列化です。

メモリは複数アプリを立ち上げた時にもたつくのが嫌いなので、多めに欲しいという思いから増設。

キーボードは職場でも家でもUSを使用していたので、変更しました。キーボードを変更すると少し到着までの日数が増えますので、同様にUSキーボードを検討しているという方は要注意。

CPUはカスタマイズの費用対効果が小さいと考え、デフォルトのままです。どうせ同じコア数ならそこまで差を感じる場面も少なかろう、ということで。念のためappleの相談チャットで自分の用途でCPUカスタマイズが必要か、と質問したところデフォルトで問題ないはずと返答をもらったのも理由の1つです。

touch bar非搭載のモデルを選んだのは、単純にtouch barいらないなと思ったから。搭載モデルの方がCPU性能は上がりますが、こちらも値段の差ほどの魅力を感じなかったため、結局はtouch barなしを選択しました。

15インチモデルを選ばなかった理由としては、サブPCとしてはデカすぎるという理由。Windowsデスクトップは変わらずメインとして活躍してもらう予定ですからね。確かにスペック的に13インチと15インチの間には大きな差がありますが、自分の用途的には余剰スペックではないかと感じたというのも理由の一つです。

触ってみた感想

世間で言われているほど、衝撃的に使いやすいという感じはしませんでした。そりゃ普段はWindowsゴリゴリ使っていたものだから当たり前ですよね。

もう少し慣れたら、その使いやすさというものを実感することができるのでしょう。

CtrlキーとCommandキーの違いであったりで、しばらくはモゾモゾする機会が多いことかと思いますが、段々慣れていければいいなと思います。

Mac Bookの真骨頂であるとも言われるトラックパッドですが、当然ながらまだまだ使いこなせていません。最終的には極力マウスは使わず操作できるようにしていきたいので、積極的に使い方を身につけていこうと思います。

あと画面はめちゃくちゃ綺麗ですね。安物ディスプレイを普段使っているので、その鮮明っぷりにはビックリです。基本的に動画鑑賞などの用途に使用する予定はありませんが、目が疲れなさそうなのはかなりの高ポイントです。

まとめ

本当に購入したばかりなので、ほとんどアプリケーションも入れていない状態です。

これからプログラミング用にカスタマイズして行く予定ですので、その上で色々所感を述べていけたらなと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

大事に使いたいのでハードケースを購入したよ

https://tisnote.com/estone-macbook-pro-shell-cover/

ファスナー付のインナーケースも購入したよ

https://tisnote.com/macbook-pro-yarrashop-case/

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

僕がITエンジニアとして独立しなかった場合の損失を計算してみた結果

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニア歴が2年くらい経った頃に、月収が20万円を下回るような状態でした。 その後独立し、ほどなくして月収は100万円にまで到達しました。 実に5倍ほど収入が跳ね上がったことになります。 正直もう少し早く独立していればなぁと思っています。 今だからこそ考えられることですが、戦略さえしっかりしていれば、1年くらいは独立を早めることは可能だったと思うので。 こういう後悔というか振り返りをするたびに思うのですが、世の中僕以上に行動を遅らせることによる損失を食ら ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアが市場価値を知りたければエージェントを活用すべき

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 企業に雇われないフリーランスという働き方。 ITエンジニアという自分の技術を商売道具とする職業は、フリーランスとの相性が抜群だったりします。 僕自身文系かつエンジニア歴2年半で独立しましたが、1年目から年収1000万を軽く超えることができました。 独立してこれまでで学んだことは、ITエンジニアがフリーランスとなり効率よく稼ぐには市場価値の把握がもっとも重要であるということです。 市場価値という超重要な要素 ITエンジニアという職業はいくら高い技術を持っていても ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/22

【厳選】現役フリーエンジニアが勧めるフリーランスエージェント2選

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニア、特にプログラマーがフリーランスになろうとしたとき、人脈豊富なスーパーエンジニアでもない限り、最も現実的な選択肢がフリーランスエージェントを利用した働き方です。 とはいえエンジニアバブルの昨今、そういったエージェントサービスは数多存在しており、戦国時代状態です。 選択肢が多いということは嬉しいことであり、同時にどれを選べばいいかという悩みにもなります。 各サイトではメリットや自サービスの長所しか書かれていません。当然ですが。 そうなると選ぶ側としては迷 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/28

収入を上げたいWebエンジニアが学習するべき技術

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニアの収入は技術に比例して上がるわけではない。というのはこのブログでよく言っていることです。 しかし技術と収入の因果関係はもちろん0ではありません。 そこで今回はITエンジニアとして働いていく上で収入アップに繋がる可能性の高い技術をピックアップして紹介していきます。 今やっている仕事で収入に限界を感じている 新しい技術を学びたいけど何を学ぶのが効率がいいのか知りたい というエンジニアは要チェックです。 技術によって収入が上がる要因 まず収入が上がる技術と ...

続きを読む

-購入レビュー
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.