Macに無駄なくRuby on Rails 開発環境

   

今回はできる限り余計なものを入れずに、MacにRailsの開発環境を導入するまでの手順を書いていこうと思います。

Homebrewのインストール

ソフトウェアを効率よくインストール・更新・管理するためのシステムであるHomebrewをインストールします。

以下のサイトに移動し、トップページに書いてあるコマンドをターミナルから実行します。

https://brew.sh/index_ja.html

2017年8月時点では以下の通りでしたが、タイミングによっては変わってくるという話も聞きますので、しっかりサイトまで確認しに行くようにしましょう。

やっている内容はPCにデフォルトでインストールされているRubyを使用して、ダウンロードしたHomebrewのインストールを行なっている感じです。

Xcode,Command Line Toolsのインストールは不要

ネットでHomebrewのインストール方法を検索すると、大体がXcodeとCommand Line Toolsのインストールを行なっていますが、2017/8現在、それらの手順は必要ありません。

Command Line ToolsはHomebrewのインストールの中で勝手にインストールしてくれますし、Xcodeはそもそも不要です。容量でかいし、使わない人には邪魔者でしかありません。

Rubyのインストール

Railsを動かすために必要なRubyはmacの場合デフォルトでインストールされています。

しかしインストールされているRubyはバージョンが古いバージョンがありますし、バージョンの管理・更新が容易ではありません。

そういった問題を解決するためにRubyのバージョン管理ツールであるrbenvとruby-buildをインストールします。

またデフォルトで入っているRubyではなく、rbenvで管理しているRubyを使用するために以下のコマンドをそれぞれ実行します。

以下のコマンドでrbenvで使用できるRubyのバージョンが一覧表示されますので、インストールしたいバージョンをメモなりコピーなりしておきます。

今回は2.4.1をインストールしておきます。いつでもインストール・切り替えは可能ですので、そう迷う必要もありません。

インストールしたRubyを有効にします。ちなみにrehashについては現在のrbenvでは不要とのことですが、一応やっておきます。タイトルで無駄なくと唱っておきながら。

以上の操作が完了したら、バージョンを確認してrbenvでインストールしたRubyが有効になっていることを確認します。

インストールしたRubyのバージョンが表示されたら、Rubyのインストール作業は完了となります。

ちなみにrbenvでRubyをインストールした後に元から入っているRubyのバージョンを確認したい場合は以下のコマンドで。

MySQLのインストール

Rubyをインストールしたわけだし、早速Railsのインストールを・・・と行きたいところですが、その前にMySQLをインストールします。

RailsではデフォルトでSQLiteというデータベースを使用しますが、このSQLiteは実際に公開されるサービスに利用されることはありません。

なので、実際の運用で選択されるMySQLをインストールし、Railsで利用するようにしておきましょう。

コマンドは一発です。

Rails on Rubyのインストール

最後にRailsのインストールを行なっていくわけですが、一般的な手順でインストールするとrbenvフォルダの中にインストールされてしまいます。

そうするとバージョン管理の観点から好ましくありませんので、基本的にはプロジェクトごとにRailをインストールする手順をとります。

まずはgemコマンドでbundlerをインストールします。

あとは以下の記事で紹介している手順で新規Railsプロジェクトを作成していきましょう。

Ruby on Railsで新規でプロジェクトを作成するたびに各手順をググっていては時間がもったいない。ということで備忘録的な意味も込めて、開発環境においてRails新規プロジェク

これによってプロジェクトごとにバージョン管理されたRails開発環境が完成となります。

 - Ruby on Rails, プログラミング