TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Macに無駄なくRuby on Rails 開発環境

更新日:

今回はできる限り余計なものを入れずに、MacにRailsの開発環境を導入するまでの手順を書いていこうと思います。

Homebrewのインストール

ソフトウェアを効率よくインストール・更新・管理するためのシステムであるHomebrewをインストールします。

以下のサイトに移動し、トップページに書いてあるコマンドをターミナルから実行します。

https://brew.sh/index_ja.html

2017年8月時点では以下の通りでしたが、タイミングによっては変わってくるという話も聞きますので、しっかりサイトまで確認しに行くようにしましょう。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

やっている内容はPCにデフォルトでインストールされているRubyを使用して、ダウンロードしたHomebrewのインストールを行なっている感じです。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Xcode,Command Line Toolsのインストールは不要

ネットでHomebrewのインストール方法を検索すると、大体がXcodeとCommand Line Toolsのインストールを行なっていますが、2017/8現在、それらの手順は必要ありません。

Command Line ToolsはHomebrewのインストールの中で勝手にインストールしてくれますし、Xcodeはそもそも不要です。容量でかいし、使わない人には邪魔者でしかありません。

Rubyのインストール

Railsを動かすために必要なRubyはmacの場合デフォルトでインストールされています。

しかしインストールされているRubyはバージョンが古いバージョンがありますし、バージョンの管理・更新が容易ではありません。

そういった問題を解決するためにRubyのバージョン管理ツールであるrbenvとruby-buildをインストールします。

brew install rbenv ruby-build

またデフォルトで入っているRubyではなく、rbenvで管理しているRubyを使用するために以下のコマンドをそれぞれ実行します。

echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

以下のコマンドでrbenvで使用できるRubyのバージョンが一覧表示されますので、インストールしたいバージョンをメモなりコピーなりしておきます。

rbenv install -l

今回は2.4.1をインストールしておきます。いつでもインストール・切り替えは可能ですので、そう迷う必要もありません。

rbenv install 2.4.1

インストールしたRubyを有効にします。ちなみにrehashについては現在のrbenvでは不要とのことですが、一応やっておきます。タイトルで無駄なくと唱っておきながら。

rbenv rehash
rbenv global 2.4.1 

以上の操作が完了したら、バージョンを確認してrbenvでインストールしたRubyが有効になっていることを確認します。

ruby -v

インストールしたRubyのバージョンが表示されたら、Rubyのインストール作業は完了となります。

ちなみにrbenvでRubyをインストールした後に元から入っているRubyのバージョンを確認したい場合は以下のコマンドで。

/usr/bin/ruby -v

MySQLのインストール

Rubyをインストールしたわけだし、早速Railsのインストールを・・・と行きたいところですが、その前にMySQLをインストールします。

RailsではデフォルトでSQLiteというデータベースを使用しますが、このSQLiteは実際に公開されるサービスに利用されることはありません。

なので、実際の運用で選択されるMySQLをインストールし、Railsで利用するようにしておきましょう。

コマンドは一発です。

brew install mysql

Rails on Rubyのインストール

最後にRailsのインストールを行なっていくわけですが、一般的な手順でインストールするとrbenvフォルダの中にインストールされてしまいます。

そうするとバージョン管理の観点から好ましくありませんので、基本的にはプロジェクトごとにRailをインストールする手順をとります。

まずはgemコマンドでbundlerをインストールします。

gem install bundler

あとは以下の記事で紹介している手順で新規Railsプロジェクトを作成していきましょう。

https://tisnote.com/ruby-on-rails-new-project-develop/

これによってプロジェクトごとにバージョン管理されたRails開発環境が完成となります。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/28

月80万円も目指せるフロントエンドエンジニアの魅力

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアといえば、JavaやRubyを駆使するサーバーサイドエンジニアの方がイメージとして強いですよね。 ただWeb系で活躍するエンジニアには他にもフロントエンドエンジニアという働き方があります。 今日はこのフロントエンドエンジニアについて、 よくある誤解 どれくらい稼げるのか どうすればなれるのか 将来性 キャリアアップのコツ などの観点からお話していきます。 フロントエンドエンジニアとは フロントエンドエンジニアとは、簡単に言えばユーザーが操作する画 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアのコントロールしにくいという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニアという存在は ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

エンジニアがリモートワークをして感動したお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニアとして活動する中で、メインで参加しているプロジェクト以外にもフルリモートでもう1つのプロジェクトにも参加しています。 今日は実際にリモートワークってどんなもんなのかについてお話していこうと思います。 前置き リモートワークの話題については各種メディア、ブログやSNSでも度々盛り上がっています。 通勤時間の短縮になる 通勤で使う体力を仕事にまわすことができる 家庭の事情などで外で働けない人も活躍することができる などのポジティブな捉え方もあれば ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/28

ITエンジニアが給与上げるために出来ることは限られている

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 今ITエンジニアってかなり稼げる職種として知られてきていますが、中にはその影響を感じられていない人もいるんじゃないかと思います。 ぼくは2年の間に正社員、派遣、フリーランスと渡り歩いて、月収は20万→40万→80万->100万と変動してきました。 その中でITエンジニアとして収入を上げるために出来ることがなんなのかが少しずつ見えてきました。 今回はその経験から感じたITエンジニアが収入を上げるために出来ることについて分析・解説していきます。 会社の中で給 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

-プログラミング
-, ,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.