TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Macに無駄なくRuby on Rails 開発環境

更新日:

今回はできる限り余計なものを入れずに、MacにRailsの開発環境を導入するまでの手順を書いていこうと思います。

Homebrewのインストール

ソフトウェアを効率よくインストール・更新・管理するためのシステムであるHomebrewをインストールします。

以下のサイトに移動し、トップページに書いてあるコマンドをターミナルから実行します。

https://brew.sh/index_ja.html

2017年8月時点では以下の通りでしたが、タイミングによっては変わってくるという話も聞きますので、しっかりサイトまで確認しに行くようにしましょう。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

やっている内容はPCにデフォルトでインストールされているRubyを使用して、ダウンロードしたHomebrewのインストールを行なっている感じです。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Xcode,Command Line Toolsのインストールは不要

ネットでHomebrewのインストール方法を検索すると、大体がXcodeとCommand Line Toolsのインストールを行なっていますが、2017/8現在、それらの手順は必要ありません。

Command Line ToolsはHomebrewのインストールの中で勝手にインストールしてくれますし、Xcodeはそもそも不要です。容量でかいし、使わない人には邪魔者でしかありません。

Rubyのインストール

Railsを動かすために必要なRubyはmacの場合デフォルトでインストールされています。

しかしインストールされているRubyはバージョンが古いバージョンがありますし、バージョンの管理・更新が容易ではありません。

そういった問題を解決するためにRubyのバージョン管理ツールであるrbenvとruby-buildをインストールします。

brew install rbenv ruby-build

またデフォルトで入っているRubyではなく、rbenvで管理しているRubyを使用するために以下のコマンドをそれぞれ実行します。

echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

以下のコマンドでrbenvで使用できるRubyのバージョンが一覧表示されますので、インストールしたいバージョンをメモなりコピーなりしておきます。

rbenv install -l

今回は2.4.1をインストールしておきます。いつでもインストール・切り替えは可能ですので、そう迷う必要もありません。

rbenv install 2.4.1

インストールしたRubyを有効にします。ちなみにrehashについては現在のrbenvでは不要とのことですが、一応やっておきます。タイトルで無駄なくと唱っておきながら。

rbenv rehash
rbenv global 2.4.1 

以上の操作が完了したら、バージョンを確認してrbenvでインストールしたRubyが有効になっていることを確認します。

ruby -v

インストールしたRubyのバージョンが表示されたら、Rubyのインストール作業は完了となります。

ちなみにrbenvでRubyをインストールした後に元から入っているRubyのバージョンを確認したい場合は以下のコマンドで。

/usr/bin/ruby -v

MySQLのインストール

Rubyをインストールしたわけだし、早速Railsのインストールを・・・と行きたいところですが、その前にMySQLをインストールします。

RailsではデフォルトでSQLiteというデータベースを使用しますが、このSQLiteは実際に公開されるサービスに利用されることはありません。

なので、実際の運用で選択されるMySQLをインストールし、Railsで利用するようにしておきましょう。

コマンドは一発です。

brew install mysql

Rails on Rubyのインストール

最後にRailsのインストールを行なっていくわけですが、一般的な手順でインストールするとrbenvフォルダの中にインストールされてしまいます。

そうするとバージョン管理の観点から好ましくありませんので、基本的にはプロジェクトごとにRailをインストールする手順をとります。

まずはgemコマンドでbundlerをインストールします。

gem install bundler

あとは以下の記事で紹介している手順で新規Railsプロジェクトを作成していきましょう。

https://tisnote.com/ruby-on-rails-new-project-develop/

これによってプロジェクトごとにバージョン管理されたRails開発環境が完成となります。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

僕がITエンジニアとして独立しなかった場合の損失を計算してみた結果

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニア歴が2年くらい経った頃に、月収が20万円を下回るような状態でした。 その後独立し、ほどなくして月収は100万円にまで到達しました。 実に5倍ほど収入が跳ね上がったことになります。 正直もう少し早く独立していればなぁと思っています。 今だからこそ考えられることですが、戦略さえしっかりしていれば、1年くらいは独立を早めることは可能だったと思うので。 こういう後悔というか振り返りをするたびに思うのですが、世の中僕以上に行動を遅らせることによる損失を食ら ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

パーソルテクノロジースタッフの派遣でエンジニア歴2年の僕が時給2000円を余裕で超えた話

今いる会社を辞めることとなり、今後のエンジニアとしての身の振りを検討中のてぃすです。 今回とある派遣会社にて、業務経験なしのRuby on Railsの案件を紹介してもらい、その時給が2000円を超えていました。 月給換算したら1,2年目の正社員の給与を余裕で超えてきます。派遣という働き方の印象がガラッと変わる体験をしました。 今回はエンジニア歴2年の僕にそんな素敵な待遇を提供してくれたパーソルテクノロジースタッフについて、実体験を交えて語っていこうと思います。 エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が100倍幸せになれるというお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はこれまで、 中小SES正社員 派遣エンジニア フリーランスエンジニア として活動してきましたが、その中で中小SESで正社員として働いていたときが、最も得るものが少なかった期間であったと確信しております。 給与・自分の時間・キャリア・経験のどれを取っても得られるものが少なく、エンジニアとして働く中で第三者に搾取される割合が最も多い働き方です。 そこで今回は僕がこれまでキャリアを積む中で確信した中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が幸せになれ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間を減らして週3リモートで月70万円で働いていますが、このくらいのバランスもストレスが少なく、快適な日々を過ごすことができています。 そんな感じで独立から1年以上が経過し、わかったことがあります。 ITエンジニアは今の相場から考えれば、フリーランスになった方が圧倒的に得だなということです。 もちろん正社員ディス ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

エンジニアは勉強し続けなければいけない職業なのか

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は就職・転職する際にエンジニアを選択肢に含める人が増えてきています。 しかしエンジニアという職業を候補にあげるにあたって、 エンジニアは働きながら勉強し続けなければいけないのではないか? という疑問もよく見聞きします。 そこで今回はフリーランスエンジニアとして活動している僕の視点からこの疑問についての答えを説明していこうと思います。 結論 先に結論を述べると、 エンジニアは勉強し続けなければいけないのか? という疑問の答えはNOです。 決してエンジニア ...

続きを読む

-プログラミング
-, ,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.