TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

購入レビュー

高級トラックボールマウスのLogicool(ロジクール) MX ERGOの使い心地レビュー

投稿日:

どうも、ITエンジニアでご飯を食べております、てぃすです。

今日は久しぶりのガジェットレビュー記事として、先日購入したロジクールのワイヤレストラックボールマウスであるMX ERGOを紹介していきます。

使い始めて1ヶ月ほど経ったので、これまで使ってきたマウスと比べた時のメリット・デメリットなんかもお話していきます。

これまで使ってきたマウス

僕は結構マウスやキーボードなどと言ったPC周辺機器を集めるのが好きで、これまで結構な種類のマウスを利用してきました。

数千円のエントリーモデルから、1万円を超えるいわゆるハイエンドなマウスまで。

有名どころで言えば、トラックボールマウスの代表格とも言えるM570

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570

同じくロジクールのハイエンドマウスであるMX2000

Logicool ロジクール MX2000 MX Master ワイヤレスマウス BluetoothSmart・USB接続  Windows/Mac OS 対応

そんないくつものマウスを通り過ぎてきた僕が久しぶりにトラックボールを使いたくなり購入したのが今回紹介するMX ERGOです。

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応 筋緊張20%軽減 8ボタン 高速充電式 2年間無償保証

MX ERGOについて

では本題のトラックボールマウス、MX ERGOについて簡単な紹介を。

MX ERGOは特にキーボードやマウスと言ったPC周辺機器に置いて、安定して質の高い製品を提供しているロジクールから発売されたトラックボールマウスです。

Unifying(USBレシーバー)とBluetoothのワイヤレス接続に対応しており、様々な環境で快適に取り回し可能です。

トラックボールの魅力

トラックボールマウスって使ったことがない人からすると、使い心地が全く想像できないと思います。

僕は数年前からトラックボールを使ってきた上で感想を述べると、一度慣れると手放すことが困難になるほどのポテンシャルを秘めています。

僕の周りでもトラックボール愛好者は何人かいますが、中には購入してからトラックボールしか使わなくなったという人もいるくらいです。

通常のマウスと違って腕を大きく動かす必要がなく、デスクのスペースをほとんど占有することなく使えますし、長く使った時の疲れも軽減されます。

とは言えMX ERGOだと気軽に購入できる値段ではありませんので、不安な方は同じくロジクールのM570から初めて見るのもありかもしれません。

ちなみに個人的にロジクール以外のトラックボールはあまりおすすめしません。ボール部分の動きが滑らかでなかったり、人を選ぶような構造のマウスがほとんどです。

冒険してみたいマウスマニアでもない限り、トラックボールであれば今回紹介するMX ERGOかM570シリーズが無難な選択でしょう。

MX ERGOの魅力

そんな魅惑のトラックボールの中でもハイエンド商品と言えるMX ERGO。

操作性・トラックボールの滑らかさの安定感はもちろんのこと、他の製品にはない魅力が詰まっています。

より疲れにくい角度

タダでさえ疲れにくいトラックボールマウスですが、MX ERGOはマウス自体の角度が調整可能となっており、さらに身体に優しい使い心地となっています。

もちろん普通のマウスと同様の角度にもできますが、僕はだいたい画像にあるように傾斜させたスタイルで利用しています。

この角度によって何がよくなるかというと、腕を伸ばした自然な状態に近い形でマウスを操作ができるようになります。

よくあるマウスの角度だと少し腕をひねる感じになり、知らないうちに腕に負担をかけています。

最近発売されたロジクールのエルゴノミクスマウスであるMX Verticalなんかはトラックボールではありませんが、より自然な腕の状態で利用できる形になっているので、そちらも実は気になってたりします。

豊富なアクションとカスタマイズ性

ゲーミングマウスほどではありませんが、MX ERGOは

  • 左右クリック
  • 左右チルト
  • 人差し指ボタン × 2
  • 親指ボタン
  • 中央ボタン

と豊富なアクションボタンを兼ね備えています。

それらのボタンをLogicool Optionsという公式アプリを使って柔軟に自分好みのマウスに仕立てあげることが可能です。

MX ERGOのデメリット

MX ERGOを1ヶ月使ってきましたが、MX ERGOは非常に完成度の高いマウスであると感じています。

しかしそんなMX ERGOにも他の高級マウスと比べた時に劣っている点ももちろん存在しています。

ホイールのスピードシフトが存在しない

個人的に非常に残念でならないのが、以前のロジクールハイエンド機種に存在していたホイールのスピードシフト機能が存在しないこと。

スピードシフト機能とは、ホイールを回すスピードに合わせてスクロールスピードが自動的に切り替わる機能です。

以前使っていたMX2000には搭載されていて当然のように使っていたのですが、これがないことで物足りなさを感じてしまう場面が多々ありました。

高品質ワイヤレスマウス ロジクール MX2000 MX Masterを買ってみた

Logicool(ロジクール)から販売されているハイエンドマウス MX2000 MX Master を思い切って購入しちゃいました。 Amazonで購入 パソコン周りのアイテムは箱から開封するときが一 ...

特に文字数の多いドキュメントや、縦に長いサイトを利用することが多い人は気をつけておくべきポイントでしょう。

引き換えにチルトアクションが追加されたわけですが、個人的にはチルトを犠牲にしてでもスピードシフトは搭載していて欲しかったですね。

充電が手間

最近のワイヤレスマウスではほとんどがUSB経由での充電式ですが、やっぱり充電切れの時は面倒に感じてしまいます。

公式では1回のフル充電で最長4ヵ月間と言っていますが、一日中PCを触るような人の場合、それよりも短い感覚での充電が必要となるでしょう。

特にUSBポートの数が少ないMac Bookなどを使っている場合はより不便に感じてしまうかもしれません。

ただ充電しながら使うことも可能ですので、人によっては特に不満に感じないかもしれませんが、一応留意しておいた方がいいでしょう。

やっぱり個人的には電池式が再興してほしいところです。

まとめ

これまで述べた感想特徴から、以下に当てはまる人には強くおすすめできるマウスです。

こんな方におすすめ

  • トラックボールマウスに興味がある
  • PC周辺機器にはケチらず、質の高いものを求める
  • 高速スクロールが必要になる場面は少ない
  • 充電式マウスの取り回しに抵抗がない

僕が紹介したデメリットも鑑みた上で、ぜひ検討してみてください。

よく読まれている記事

エンジニア入門

2018/8/19

本気でRubyを学びたい人のためのエンジニアスクール『ポテパンキャンプ』

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニアといえば今や最も少ない投資で高収入を望め、更には週3勤務やリモートワークなどの柔軟な働き方も目指せる夢のある職業です。 ここ最近は営業職や事務職から、将来性を考えてエンジニアに転身するといういう人もかなり増えてきています。 特にRubyプログラマーは日本における絶大な需要とリモート案件の豊富さから、特に人気のあるポジションとなっています。エンジニアとして働いているが、職場環境に不満を抱いていたり、今扱っている技術が今後通用するか不安に感じ、Ruby・W ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

office

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がレバテックフリーランスでフリーランスを目指してみた

正社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの方向転換の一環として、業界最大手であるレバテックフリーランスの個人面談に出向いてきたので、その感想を書いていこうと思います。 フリーランスというと知識・経験・人脈を兼ね備えたスーパーエンジニアしかなれない存在だと思っている人も少なくありません。 しかし最近では今回紹介するレバテックフリーランスや以前の記事で紹介したギークスジョブなどといったエージェントを利用すれば、僕のように経験の浅いエンジニアでも十分に目指せる働き方となっています。 この記事が現在働いている ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/1/21

プログラミング言語としてのJavaについて

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニア・プログラマは年収1000万を現実的に目指せる職業として最近特に注目を集めている職業です。 今いる業界の将来性に不安を感じ脱出してきた人たちも、どんどんエンジニア・プログラマという働き方に集結しています。 ある程度エンジニア・プログラマという職業について調べていると、どのプログラミング言語を習得すればいいのか、という疑問が出てくるタイミングがあると思います。 どのプログラミング言語を選べばいいか、という疑問について調べてみると最近ではJava・R ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

転職したいエンジニアの背中を押す記事

知人であったり、SNS上で知り合いのエンジニアの中には、今の職場に不満を感じ、転職したいという思いを募らせている人が結構な割合います。 僕からしたら絶賛売り手市場であるエンジニア業界において、劣悪な労働環境に耐えるという選択は非常に勿体無いことだと考えています。 確かにIT業界における技術者というのは、非常に需要のある立場ですが、慎重に働く場所を選ばなければ搾取される可能性が高いです。 技術という武器を持っているエンジニアならば、ストレスなく効率よく働くべき場所を求めて行動を起こすべきだと思うんですよね。 ...

続きを読む

-購入レビュー

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.