本当は紹介したくない穴場フリーランスエージェント『IT求人ナビ』

      2018/01/02

エンジニアがフリーランスとして独立することを考えたとき、重要になってくるのが案件紹介エージェント選び。

プログラマー・SEという職業がバブル状態である近年、そういった案件紹介サービスは大量に存在しています。しかもどのサービスも『高単価』『案件多数』など似たような売り文句ばかりで選ぶ側としては結構困ってしまいますよね。

そういった場合、業界最大手であるギークスジョブレバテックフリーランスなどを手堅く利用するのが常套手段となりますが、あまり名前が知られていなくても、豊富な案件数や充実したサービスを提供してくれるサービスを見逃してしまうのは惜しいところ。

今回は上で示した最大手に匹敵する案件数を誇るIT求人ナビについて、代表の方に根掘り葉掘り質問する機会がありましたので、紹介していきます。

僕のような経験の浅いエンジニアにとってもかなり魅力的なサービスですので、次の案件探しに活用していこうと思います。

IT求人ナビとは?

IT求人ナビとは池袋センタービルにオフィスを構える株式会社アクロビジョンが運営するフリーランスエンジニア向けの案件紹介サービスです。

2007年3月の設立と同時にサービスを開始しているため業界実績10年。この界隈では老舗といって差し支えないでしょう。企業へのコネクションも期待できます。

IT求人ナビをオススメする理由

豊富な案件数と少ない登録者数

IT求人ナビでは1ヶ月に2000件以上の新規案件を公開しています。これは業界トップクラスの案件数を誇るレバテックフリーランスが公開している数値の実に5倍です。既存公開している案件や伸び代の差もありますから、一概に優劣をつけるべき点ではありませんが、この数値を実現することのできる営業力は特筆すべき点と言えます。案件が多ければ、それだけエンジニア側はワガママに自分に合った仕事を選ぶことができるわけです。

しかしこれだけの案件数をキープしているのにも関わらず、登録しているエンジニアはレバテックと比べて1/5の6000人

豊富な案件数に比べて少ない登録者数。これがどういったメリットを生むのか。

ずばり自分に良い案件が回ってくる確率が高いということに繋がります。豊富な案件数があったとしても、自分と似たような環境・条件で案件を探しているエンジニアが多数存在する場合、どうしてもイス取りゲーム的要素は発生しますからね。

知名度が上がる前に是非とも甘い蜜をすすらせていただきたいところ。

良質かつ柔軟なサポート体制

登録者数が少ないからといってサービスの質が低いというわけではありません。

エンジニアが快適に案件を選び、キャリアを積んでいくために業界に精通したコーディネーターがサポートしてくれます。エンジニアがエージェントを検討する際に必ずチェックするポイントをしっかりクリアしていますね。

また家庭の事情であったり、平行稼動などを考えたときに気になってくるのが、時短勤務などの労働条件について。今のところリモートや時短の案件数自体は少ないものの、積極的な紹介・対応が可能とのこと。

更に給与の支払いは客先によって、末締め翌月20~40日払いとのことですが、要望を出せば最短である末締め翌月20日支払いが可能であるとのこと。これは数あるフリーランスエージェントの中でもトップクラスの早さですので、キャッシュフロー的にもかなり安心できます。

最高効率の案件探し

基本的にエージェントを使った案件探しって、エージェントが提示してきた案件にYesかNoか、と言った感じで進めていくパターンが多いです。

そういったエージェントと比べたとき、IT求人ナビでの案件探しはエンジニア主体によるものとなります。

もちろんコーディネーターに自分にマッチング度の高い案件を提案してもらうこともできますが、豊富な公開案件の中から、条件に合った案件に応募することも可能です。案件のほとんどを出し惜しみなく、可能な限り公開しているため実現できるシステムです。

エージェントを介して案件を探していると『もっといい案件あるんじゃないの?』と思ってしまうことも多々ありますので、このように自分から能動的に案件を選べるというサービスも候補に入れておきたいところ。

キーワード・金額・場所で条件を絞ったメルマガ配信

IT求人ナビの最大の特徴と言えるのが、この条件で絞ったメルマガ配信。

以下の画像のように案件の検索結果画面に、案件通知メルマガの設定フォームが表示されています。ここでメールアドレスの登録を行うことで、自分の絞り込んだ条件に合致する案件が登録されたときに、通知を受けることができます。

 

僕の知る限り他のエージェントでこのような機能を実現しているところはありません。案件探しはスピード感も重要ですから、この機能はかなりありがたい。

ちょっとコアな話

冒頭でも書きましたが、今回IT求人ナビのサービスについて、かなり根掘り葉掘り質問させていただきました。その中でエンジニアとして気になる具体的な数値を伴ったお話も聞かせてもらいましたので、公開しちゃいます。

ぶっちゃけどれくらい稼げるの?

例えば正社員や派遣社員から転職する場合、どうしても気になる、絶対に気にするべきポイントが報酬の額。

この報酬額の具体的な値って大体のエージェントに聞いてもはぐらかされることの多いポイント。個人的に特に気になる経験の浅いエンジニアがどのくらい稼げるを聞いてきました。

  • 2年の経験で40~45万円
  • 3年の経験で45~53万円

福利厚生とかを考慮してもこれを超える待遇で働けているエンジニアって多くないです。具体的な額を提示してくれるということは、無知なエンジニアの足元を見てぼったくられる危険性が少ないと言えます。

もちろん自身の経歴や交渉によってこの額を上回ることも期待できます。簡単に個人面談を依頼することができますので、自分がどれだけの報酬を得ることができるのか確認してみることを強くオススメします。

ぶっちゃけどれくらいピンハネしているの?

更にエージェントがはぐらかしてくるポイントであるピンハネ率。色々理屈をこねてはぐらかしてきたり、30%以上の紹介料を持っていくエージェントも跋扈している中、IT求人ナビのピンハネ率は以下の通り。

  • 平均7~15%

こちらはある程度幅のある返答ではありましたが、客先の支払いによって変動するとのこと。

最低値である7%であればフリーランスエージェントの中でもかなり優良なマージン率ですし、15%だとしても少し高めの感覚はありますが、平均値を大きく上回るほどではありません。交渉次第で低いマージン率を実現することが可能であることを加味すれば、かなり良心的な振れ幅ですね。

基本的にはこちらの希望報酬を下回ることのないよう営業を進めていくとのことです。

案件紹介までの流れ

サイトから直接案件を探して、応募するのも手ですが、基本的には一度個人面談を挟み、コーディネーターから説明・アドバイスを受けてから客先への面接へと進むことをオススメします。

一般的なエージェントと同じく、

  1. IT求人ナビ会員登録
  2. メールまたは電話で個人面談の日程を相談
  3. 面談と非公開のものを含めた案件紹介
  4. 客先での面接
  5. 就業

と言った一般的なフローで進んでいきます。登録から最短3日で就業可能と謳っているだけあって、スピード感のある仕事探しをサポートしてくれます。もちろん個人面談を受けたからと言って、無理に就業を勧められるというわけではありませんのでご安心を。

また個人面談は現役で活動しているエンジニアのために業務時間外の対応も可能とのこと。平日昼間に時間を取ることの難しいエンジニアも一度問い合わせてみましょう。

まとめ:掘り出し物を見つけた気分

自分も最近までは最大手のエージェントばかりチェックしていたので、このIT求人ナビを見つけたときは目から鱗が落ちる感覚でした。

もちろん最大手には最大手である理由があるわけですが、知名度低めのエージェントを選択することで得ることのできるメリットもあるわけです。

エンジニアがエージェントを使って独立する際は複数登録が基本です。そのとき最大手 + 今回紹介したような熱意ある中堅エージェントを組み合わせて案件探しを進めていくというやり方も非常に効果的です。

例えば

といった使い分けもいいでしょう。

良質なエージェントを探している人はもちろんのこと、現在登録しているエージェントに物足りなさを感じている方は一度利用してみることをオススメします。たかだか1時間程度の面談時間でキャリアの幅を広げることができると思えば、かなり効率のいい投資と言えます。

 - エンジニア独立