TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

未分類

Googleアドセンスに合格【2017年4月】

更新日:

一年ほど前に何度か申請するも承認されず、諦めて放置していたGoogleアドセンスにリベンジしてみました。

するとこれまでの苦労がウソのようにすんなり合格しましたので、承認までの流れを書いていきます。

google-adsense

二次審査がなくなった?

以前Googleアドセンスへ申請を行った際(2016年4月~9月)は、

  • 必要事項を記入して申請する一次審査
  • 広告コードをサイトに配置して行われる二次審査

という段階を踏んでいました。

私は二次審査に期間を空けて5回ほど申し込んだのですが、ことごとく玉砕しました…

しかし今回久し振りにチャレンジしてみようと思い、申請してみたところ、以前とは申請の流れが大きく変わっていました。

headタグへのコード挿入

こちらサイトとGoogleアドセンスをリンクさせるための手続きということで、必要情報を記入後に要求されました。

「一次審査が厳しくなったのかな?」

と考え、言われたとおりサイトにコードを挿入ししばらく待ちました。

Googleアドセンスのトップ画面には3日ほどで審査が完了します、との文字が。

待つこと数日…

「お客様のサイトが AdSense に接続されました」

というタイトルのメールが突然Googleから送られてきました。

内容を見ると冒頭の画像のように、まるで審査が完了したような文字と画像がありました。

そこでやっとGoogleアドセンスの審査方法が変わっていたことに気付きました。

二次審査がなくなった…というよりは

おそらく以前申請したときの記録の影響で、一次審査がまるでパスされたようなスピードで完了した、という可能性もあります。

二次審査で落選した場合、一次審査からやり直しになったような気がしたのですが…

しかし二次審査のプロセスがガラリと変わったことは事実のようです。

前回の申請時から変わったこと

  • 記事数はおよそ10記事程プラス
  • 既存の記事は特に修正なし
  • その他デザイン、固定ページ等の修正なし

巷ではGoogleアドセンスの審査は年々厳しくなっていると聞きます。

しかし実際これだけの修正で以前落選していたサイトが合格しているということは、

それほど厳しくなっていないのではないかと考えられます。

それどころかサイトの傾向によっては優しくなっている可能性すらあります。

よく言われているマイナスポイントのウソ

前回申請して落選したとき、今回改めて申請するにあたり、

いろいろなサイトでGoogleアドセンスに合格するためのコツ、してはいけないこと、などを調べました。

その中でも特に多くいわれている2点のマイナスポイントがありました。

  • 画像を多用してはいけない
  • 広告を記事に挿入してはいけない

今回の申請は割とダメ元でやってみたので、これらをはじめとする細かな注意点には頓着せずに進めました。

それでも無事合格することができたので現在の審査基準においてはこれまで言われていたタブーが適用されていない可能性があります。

画像を多用してはいけない

審査のための1つの手段として、文字だけで構成された申請用のホームページを用意する、というものがありました。

この方法については無料ブログでは承認されなくなってしまったこともあり、どちらにしろ現実的ではなくなっています。

それに今回合格したこのサイトは商品レビュー記事が高い割合で投稿されており、結構な量の画像が貼られています。

基本的にGoogleアドセンスの審査基準は閲覧者にとって有益なサイトであること、と言われています。

たとえば以前投稿したWindows10のアップデートスケジュール取り消しの記事などは文字だけで説明していたらとても分かりにくい内容になってしまいます。

商品レビュー記事でも実際の商品の画像があった方がイメージしやすいのではないでしょうか。

そういった意味では画像の多用が審査においてマイナスポイントになるというのは迷信に近い考えであると断言できます。

広告を記事に挿入してはいけない

当ブログではAmazonアソシエイトの広告をがっつり挿入させてもらっています。

収益化を目的としているのはもちろんのことですが、実際にその商品が気になった閲覧者の方がスムーズに販売ページにアクセスできるようにという気持ちで広告リンクを貼っています。

また実物の写真よりも広告で使用できる画像の方が解像度が良い為、より詳細に商品のイメージをつかむことができます。

広告を記事に挿入することでGoogleアドセンスの審査に影響があるとすれば、

サイト内のコンテンツが見づらくなってしまうほど、大量のアフィリエイトリンクが貼られている場合です。

記事の中で自然な流れで挿入されている広告であればマイナスポイントとなることはありえないでしょう。

せっかくなので当ブログの『購入レビュー』カテゴリなどの記事を参考にしてみてください(宣伝)

まとめ

つまり何が言いたいかと言いますと、一度Googleアドセンスを諦めていた人も、もう一度チャレンジしてみてください

ということです。

Googleアドセンスの審査が具体的にどのように行われているかは明らかではありませんが、その基準がユーザーの利便性のために日々変動していることは事実です。

少し前まで落選させられていたサイトが現在は承認されるということも十分にありえます。

せっかく少なくない時間を費やし記事を投稿しているのですから、お小遣い程度でも広告収入があると嬉しいですよね。

この記事が少しでもブロガーの方のお役に立てれば幸いです。

閲覧いただきありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

【地方も強いフリーランスエージェント】PE-BANKを徹底分析

ITエンジニアという職業の魅力についてはこのブログでなんども書いていますが、その中でもフリーランスエンジニアという働き方は、 年収1000万以上も珍しくない高収入 リモートワークや時短勤務などの自由な働き方 を実現する可能性を秘めています。 しかし有名どころのエージェントは基本的に都内、関東のみしか扱っていないケースが多いです。 また現状ITエンジニアがフリーランスとしてやっていく場合、都内で働くことが案件数・単価の都合上もっとも効率がいいです。 しかし地元に愛着があったり、離れることが難しい状況下にある ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアになって大変だったこと・苦労したこと

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 このブログでは基本的にITエンジニアの独立を勧めることが多いですが、今日はちょっと視点を変えて、フリーランスエンジニアとして活動する上で、苦労することに視点を当ててお話していこうと思います。 世間ではフリーランスをもてはやす声、それに対する反論などが飛び交っていますが、多くの意見が「フリーランス」という一括りにしたもので、実情を捉えていないものがほとんどであると感じています。 この記事では実際に僕がフリーランスエンジニアとして活動してきた中でリアルに体験してき ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアのコントロールしにくいという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニアという存在は ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/19

プログラミング初心者に贈る挫折しない為の3つの心構え

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 最近では未経験者からプログラマー・エンジニアへの転身を志しプログラミングを学習を始めている人が増えていますね。 しかし理解出来ない部分が出てきたり、モチベーションを保てずに学習途中で挫折していまうという話も多く耳に入ってきます。 そこで今回は文系出身から職業プログラマーへ進んだ僕が、挫折しないプログラミング学習の進め方・心構えについてお話していこうと思います。 目的が具体的にイメージできる教材を使用する プログラミングの学習を始めて間もないときに、 変数に値を代 ...

続きを読む

-未分類

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.