LinuxにGo言語の開発環境を構築する手順

      2018/01/02

利用しているフリーランスエージェントの担当者に

「Go言語は歴史が浅いので、Web開発経験があれば高単価で参加できる案件結構ありますよ」

と言われたので、とりあえず触ってみることに。

Go言語(golang)とは何か

Googleによって2009年に開発されたプログラミング言語です。天下のGoogle様によって提供されているというだけで謎の安心感がありますね。

特徴としては

  • シンプル
  • 実行・コンパイルが早い
  • 標準ライブラリが充実している

といった感じ。まだガッツリ触れていないので体感はできていませんが、エンジニアの技術に左右されず、安定したクオリティの開発が可能な言語といった感じです。

若い言語であるということは、経験の長いエンジニアが存在しないということです。つまりある程度の開発経験があれば、プロジェクトに参加しやすいとなるわけで、学習のコスパはかなりいいんじゃないかと。

何はともあれ開発環境を構築しようということで、Linux環境にGo言語をインストールしていきます。

ちなみに僕はVirtualBoxで作成した仮想環境に、Ubuntu系統のmintというディストリビューションに構築を行いました。ですが今回の方法はディストリビューションを問わず実施可能な手順となっておりますので、是非参考にしてみてください。

LinuxにGo言語をインストール

今回は公式から直接バイナリファイルをダウンロードしてきます。

ちなみにapt-getやyumで単純にインストールしようとすると古いバージョンがインストールされる場合があるので、最新版が欲しい場合はしっかり確認しておきましょう。

他にはgvmというRubyで言うとrbenvのようなバージョン管理ツールもあるようですが、そちらを使ったインストールについてはまたの機会に。

基本的には公式のインストールガイドに沿って行っていきます。

公式からダウンロード

ホームディレクトリなどにファイルをダウンロードします。

公式のダウンロードページを確認してみると、この記事を書いている2017/8時点では1.8.3が最新ですので、指定してダウンロードします。

ダウンロードしたファイルの解凍

/usr/localディレクトリにダウンロードしたファイルを解凍します。

パスの設定

次にGoコマンドなどが使用できるよう、ユーザーの設定ファイルにGo言語のパスを設定します。

私の環境の場合~/.bashrcの末尾に以下の記載を追加しました。

設定を保存したら以下のコマンドで変更を適用させましょう。

ネットに公開されている構築方法によってはGOPATH(作業ディレクトリ)を設定している場合がありますが、go envコマンドを実行してみると標準でユーザーディレクトリ配下のgoディレクトリに設定されていることが確認できますので、変更したいという場合以外は設定不要です。

インストールの確認

以下のコマンドでインストールしたGoのバージョンを確認できれば、無事インストールが完了したことになります。

補足①:パスの変更

今回は特に必要ありませんでしたが、インストール場所については自分で指定した場所に変更することが可能です。

その際は以下のように追加でGOROOTについての記載を行ってください。

補足②:ディストリビューション固有のパッケージ管理コマンドを使用しなかった理由

Ubuntuなどのディストリビューションであれば下記のコマンドでインストールできるバージョンを確認することができます。

apt-cache showpkg golang

このコマンドの実施結果を確認したところ、1.6しかインストールできない模様でしたので、今回はバイナリからの直接インストールを選択しました。

テストソースの作成

実際にコマンド上で動く簡単なプログラムを作成してみます。

Goファイルの作成

まずは標準で設定されている作業ディレクトリの下にgoファイルを作成します。

hello.goの内容は以下の通り。Hello Worldをコマンド上に表示する処理です。

ビルド&実行

作成したGoファイルをビルドします。

ビルドが完了すると、同ディレクトリにhelloというファイルが作成されますので、そちらを実行します。

hello, worldと表示されれば無事動作確認完了です。

まとめ:思ったよりサクッと開発環境が作れた

思ったよりもシンプルな手順でインストールが完了しました。

経験の浅いエンジニアでも、第一線で活躍する可能性を持つことのできるGo言語。簡単なプログラムを作成して、githubなどにアップするだけでも企業に向けてのアピールポイントとして活用できるでしょう。

僕はひとまずWebフレームワークなどを使用して雰囲気をつかんでみようかと思います。

余談となりますが、冒頭でお話したエージェントについては以下の記事で詳しく書いています。興味があったら合わせて読んでみてください。

ぼちぼちの偏差値の文系大学を卒業後、パッケージ運用系のIT企業に就職。9か月で退職。 その後特定派遣会社の正社員として働いてきた僕がなぜフリーランスを目指す気になったのか。 一

閲覧いただき、ありがとうございました。

 - プログラミング ,