TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Go言語のいい感じの開発環境を構築する

更新日:

今回はmacに、いい感じでバージョン&パッケージを管理できる開発環境を構築していこうと思います。

goenvの導入

まずはgolang自体のバージョンを管理するためのツールであるgolangを導入します。

goenvを通してgolangをインストールすることで、異なるバージョンを利用する必要がある時にスムーズに作業を継続できます。

基本的な使い方はrubyのrbenvや、pythonのpyenvと大差ありません。gvmというツールもあるのですが、個人的にrbenv,pyenvを使ってきたので、goenvを選択しました。

brew install goenv

まずはbrewでgoenvをインストールします。

あとは環境変数にgo言語のコマンドを実行した時の利用先のパスを設定します。

export PATH="$HOME/.goenv/bin:$PATH"
eval "$(goenv init -)"

.bash_profileを編集したら、以下のコマンドで変更を適用します。

source ~/.bash_profile

Go言語のインストール

インストールしたgoenvを使用してGo言語をインストールします。

まずはインストールできるバージョンの確認。

goenv install -l

ずらーっとバージョンが並びます。今回は記事作成時点で最新の1.9をインストールします。

goenv install 1.9.0

インストールしたGo言語を有効化するために以下のコマンドを実行します。

goenv global 1.9.0

無事Go言語がインストールされたかを確認してみましょう。

go version

goenvでインストールしたバージョンが表示されていたら、Go言語までインストール完了となります。

direnvの導入

ここまででGo言語自体はインストールでき、開発可能な状態にはなりました。

しかし開発を行なっていると、特に複数プロジェクトに手をつけている場合においては、プロジェクトごとにインストールするパッケージをしっかりと分けて管理したいところ。

しかしGo言語ではGOPATHという環境変数に設定されたパスにどんどんパッケージが追加されていく仕様となっております。つまり上記を実現させるためには作業しているプロジェクトごとにGOPATHを切り替える必要が出てくるわけです。

これを手動でやっていたら、作業効率ガタ落ちですよね。その環境変数の切り替えを自動で実施してくれるのがdirenvというツールになります。

以下のコマンドでインストール。

brew install direnv

次にbash_profileに設定を追加します。EDITORはdirenvの設定ファイルを編集するときに起動されるエディターです。お好みで変更してもOKです。

echo 'eval "$(direnv hook bash)"' >> ~/.bash_profile
echo 'export EDITOR=vim' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

設定が完了したら、実際に作業ディレクトリに移動して、direnvの設定ファイルを作成します。

まずは適当に作業ディレクトリを作業して、そのディレクトリに移動します。

cd ~/workspace/
mkdir go-sample
cd go-sample

そしてdirenvの設定ファイルを作成するために以下のコマンドを打ちます。

direnv edit .

するとエディターが立ち上がって設定を追加できるようになります。以下の内容を入力して、保存します。

export GOPATH=$(pwd)

そうすると、現在いるディレクトリに

.envrcというファイルが新規作成できております。ここに記載した環境変数がそのディレクトリに移動した際に読み込まれるようになるわけです。めっちゃ便利。

vendoringについて

Go1.6からは依存パッケージを分けて管理することのできるVendoringが標準で適用されるようになりました。

もしGo1.5以下で環境構築する必要がある場合、以下のような環境変数を設定する必要があります。

export GO15VENDOREXPERIMENT=1

1.6以上であればスキップしてOKです。

glideの導入

残る課題はパッケージのインストール先とパッケージ管理です。

要するにRailsでいうGemfileで管理して、vendor配下にパッケージを配置するということをしたいわけです。

こんなわがままを実現してくれるのがglideというツールです。

なにはともあれインストール。

brew install glide

インストールが完了したら作業ディレクトリにて以下のコマンドを実行します。

mkdir src
cd src
mkdir myapp
cd myapp
glide create

途中でY or Nの選択肢は基本的にYでOKです。

Go言語のディレクトリ構成はプロジェクトディレクトリ配下にsrc/[アプリケーションディレクトリ]を作成し、そこに開発ソースを配置していくのが一般的な模様。glideの仕様上、[作業用ディレクトリ]/src/[アプリケーションディレクトリ]の構成を守らないと、上手くパッケージを読み込んでくれませんので、注意しましょう。

では実際にパッケージをインストール。今回は例としてWebフレームワークであるechoをインストールしてみます。

glide get github.com/labstack/echo

普通はgo getとやるところをglide getで実行します。

こちらも途中で選択肢が出てきますが、基本的にはM(minor)を選択しておけば問題ありません。

echoの動作確認のために、go-sample/src/myappにserver.goを作成し、以下のように記述します。echoのガイドを参考に進めています。

package main

import (
    "net/http"
    
    "github.com/labstack/echo"
)

func main() {
    e := echo.New()
    e.GET("/", func(c echo.Context) error {
        return c.String(http.StatusOK, "Hello, World!")
    })
    e.Logger.Fatal(e.Start(":1323"))
}

保存してサーバーを起動しようしたところ、エラーが発生しました。

go run server.go

vendor/github.com/labstack/echo/echo.go:55:2: cannot find package "github.com/labstack/gommon/color" in any of:
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/myapp/vendor/github.com/labstack/gommon/color (vendor tree)
        /Users/stobita/.goenv/versions/1.9.0/src/github.com/labstack/gommon/color (from $GOROOT)
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/github.com/labstack/gommon/color (from $GOPATH)
vendor/github.com/labstack/echo/echo.go:56:2: cannot find package "github.com/labstack/gommon/log" in any of:
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/myapp/vendor/github.com/labstack/gommon/log (vendor tree)
        /Users/stobita/.goenv/versions/1.9.0/src/github.com/labstack/gommon/log (from $GOROOT)
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/github.com/labstack/gommon/log (from $GOPATH)
vendor/github.com/labstack/echo/echo.go:57:2: cannot find package "golang.org/x/crypto/acme/autocert" in any of:
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/myapp/vendor/golang.org/x/crypto/acme/autocert (vendor tree)
        /Users/stobita/.goenv/versions/1.9.0/src/golang.org/x/crypto/acme/autocert (from $GOROOT)
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/golang.org/x/crypto/acme/autocert (from $GOPATH)

色々調べてみると、glideでは依存パッケージが自動的にインストールされないケースがあるとかないとか・・・

というわけで先頭にあるcolorを手動でインストールします。

glide get github.com/labstack/gommon/color

すると無事echoが起動されますので、ブラウザでhttp://localhost:1323/にアクセスしてみましょう。

Hello worldが表示されていれば構築完了です!

まとめ

まだまだデファクトスタンダードが存在していない状態ではありますが、今回構築した環境であれば、Railsにおけるbundleに近い感覚で使えるかと思います。

今回の記事がGoを初めてたいと考えている人のお役に立てば幸いです。

紹介した方法で上手く行かない際はTwitterかお問い合わせでお声かけいただければ、対応できる範囲でお応えいたしますので、どうぞお気軽に。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/23

エンジニア派遣でキャリアを積んで高収入を目指す

エンジニアとして採用面談を受けたことのある人なら分かると思うのですが、面談の時に最も重要視されるポイントは業務経験です。 もちろん普段の個人学習や、技術への関心などでフォローできる面もありますが、一番見られるのはどんな技術を使って、どんな業務を行ってきたかという点なんですよね。 採用する側もプロダクトの正否を左右する立場として責任を負っているわけですから当然です。 そんな時、良質な職務経験をどのように積むことができるか、というのがポイントになってきます。 今回はキャリア構築のための、派遣エンジニアという選 ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/28

未経験からプログラミングを学ぶための方法を徹底比較

いまの時代、プログラマという仕事ほどインスタントに高収入を目指せる職業は存在しないと考えています。 未経験の言語での参加にも関わらず、最初から残業なしで手取り30万円を得られた経験を以って、そのことを強く実感しました。 で、最近はプログラマ・エンジニアのこういった稼げる側面に気づいて、プログラマになりたいと考える人多くなってきました。 が、実際にどのような手順を踏んでプログラミングを学習して、プログラマになればいいか分からない人も同様に多いようです。 勉強方法によっては遠回りになりかねない 働きながら勉強 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

文系出身エンジニアが26才でフリーランスになった感想

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 フリーランスエンジニアということは、つまりエンジニアとして独立しているということになり、すごい敷居が高い印象を持っている人が多いです。 けど僕は文系大学出身かつ、プログラミングも社会人になって一年弱ほど経ってから初めて経験しました。 そんな経験の浅い僕が滞りなくフリーランスエンジニアとして活動して、報酬についてもある程度満足のいく額を得ることができています。 最近はフリーランスという働き方が脚光を浴びてきて、気にはなっている。けどなかなか踏み出す勇気が出な ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/12

エンジニアにとってSESが最良の選択肢ではない3つの理由

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアが正社員として働く上での選択肢として、SES企業というものがあります。 非常に数が多く、特に未経験エンジニアに対して広く門を開けているのでSESを選ぶ人はかなり多い。 しかしこのブログでは度々言っていることですが、ITエンジニアにとっては不幸になる可能性が高い働き方なんですよね。 そこで今日はエンジニアにとってSES企業という選択肢がなぜオススメできないかについて解説していこうと思います。 SESとは? まずSES企業とはどのようなものなのかにつ ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.