TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Go言語のいい感じの開発環境を構築する

更新日:

今回はmacに、いい感じでバージョン&パッケージを管理できる開発環境を構築していこうと思います。

goenvの導入

まずはgolang自体のバージョンを管理するためのツールであるgolangを導入します。

goenvを通してgolangをインストールすることで、異なるバージョンを利用する必要がある時にスムーズに作業を継続できます。

基本的な使い方はrubyのrbenvや、pythonのpyenvと大差ありません。gvmというツールもあるのですが、個人的にrbenv,pyenvを使ってきたので、goenvを選択しました。

brew install goenv

まずはbrewでgoenvをインストールします。

あとは環境変数にgo言語のコマンドを実行した時の利用先のパスを設定します。

export PATH="$HOME/.goenv/bin:$PATH"
eval "$(goenv init -)"

.bash_profileを編集したら、以下のコマンドで変更を適用します。

source ~/.bash_profile

Go言語のインストール

インストールしたgoenvを使用してGo言語をインストールします。

まずはインストールできるバージョンの確認。

goenv install -l

ずらーっとバージョンが並びます。今回は記事作成時点で最新の1.9をインストールします。

goenv install 1.9.0

インストールしたGo言語を有効化するために以下のコマンドを実行します。

goenv global 1.9.0

無事Go言語がインストールされたかを確認してみましょう。

go version

goenvでインストールしたバージョンが表示されていたら、Go言語までインストール完了となります。

direnvの導入

ここまででGo言語自体はインストールでき、開発可能な状態にはなりました。

しかし開発を行なっていると、特に複数プロジェクトに手をつけている場合においては、プロジェクトごとにインストールするパッケージをしっかりと分けて管理したいところ。

しかしGo言語ではGOPATHという環境変数に設定されたパスにどんどんパッケージが追加されていく仕様となっております。つまり上記を実現させるためには作業しているプロジェクトごとにGOPATHを切り替える必要が出てくるわけです。

これを手動でやっていたら、作業効率ガタ落ちですよね。その環境変数の切り替えを自動で実施してくれるのがdirenvというツールになります。

以下のコマンドでインストール。

brew install direnv

次にbash_profileに設定を追加します。EDITORはdirenvの設定ファイルを編集するときに起動されるエディターです。お好みで変更してもOKです。

echo 'eval "$(direnv hook bash)"' >> ~/.bash_profile
echo 'export EDITOR=vim' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

設定が完了したら、実際に作業ディレクトリに移動して、direnvの設定ファイルを作成します。

まずは適当に作業ディレクトリを作業して、そのディレクトリに移動します。

cd ~/workspace/
mkdir go-sample
cd go-sample

そしてdirenvの設定ファイルを作成するために以下のコマンドを打ちます。

direnv edit .

するとエディターが立ち上がって設定を追加できるようになります。以下の内容を入力して、保存します。

export GOPATH=$(pwd)

そうすると、現在いるディレクトリに

.envrcというファイルが新規作成できております。ここに記載した環境変数がそのディレクトリに移動した際に読み込まれるようになるわけです。めっちゃ便利。

vendoringについて

Go1.6からは依存パッケージを分けて管理することのできるVendoringが標準で適用されるようになりました。

もしGo1.5以下で環境構築する必要がある場合、以下のような環境変数を設定する必要があります。

export GO15VENDOREXPERIMENT=1

1.6以上であればスキップしてOKです。

glideの導入

残る課題はパッケージのインストール先とパッケージ管理です。

要するにRailsでいうGemfileで管理して、vendor配下にパッケージを配置するということをしたいわけです。

こんなわがままを実現してくれるのがglideというツールです。

なにはともあれインストール。

brew install glide

インストールが完了したら作業ディレクトリにて以下のコマンドを実行します。

mkdir src
cd src
mkdir myapp
cd myapp
glide create

途中でY or Nの選択肢は基本的にYでOKです。

Go言語のディレクトリ構成はプロジェクトディレクトリ配下にsrc/[アプリケーションディレクトリ]を作成し、そこに開発ソースを配置していくのが一般的な模様。glideの仕様上、[作業用ディレクトリ]/src/[アプリケーションディレクトリ]の構成を守らないと、上手くパッケージを読み込んでくれませんので、注意しましょう。

では実際にパッケージをインストール。今回は例としてWebフレームワークであるechoをインストールしてみます。

glide get github.com/labstack/echo

普通はgo getとやるところをglide getで実行します。

こちらも途中で選択肢が出てきますが、基本的にはM(minor)を選択しておけば問題ありません。

echoの動作確認のために、go-sample/src/myappにserver.goを作成し、以下のように記述します。echoのガイドを参考に進めています。

package main

import (
    "net/http"
    
    "github.com/labstack/echo"
)

func main() {
    e := echo.New()
    e.GET("/", func(c echo.Context) error {
        return c.String(http.StatusOK, "Hello, World!")
    })
    e.Logger.Fatal(e.Start(":1323"))
}

保存してサーバーを起動しようしたところ、エラーが発生しました。

go run server.go

vendor/github.com/labstack/echo/echo.go:55:2: cannot find package "github.com/labstack/gommon/color" in any of:
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/myapp/vendor/github.com/labstack/gommon/color (vendor tree)
        /Users/stobita/.goenv/versions/1.9.0/src/github.com/labstack/gommon/color (from $GOROOT)
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/github.com/labstack/gommon/color (from $GOPATH)
vendor/github.com/labstack/echo/echo.go:56:2: cannot find package "github.com/labstack/gommon/log" in any of:
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/myapp/vendor/github.com/labstack/gommon/log (vendor tree)
        /Users/stobita/.goenv/versions/1.9.0/src/github.com/labstack/gommon/log (from $GOROOT)
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/github.com/labstack/gommon/log (from $GOPATH)
vendor/github.com/labstack/echo/echo.go:57:2: cannot find package "golang.org/x/crypto/acme/autocert" in any of:
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/myapp/vendor/golang.org/x/crypto/acme/autocert (vendor tree)
        /Users/stobita/.goenv/versions/1.9.0/src/golang.org/x/crypto/acme/autocert (from $GOROOT)
        /Users/stobita/workspace/go-sample/src/golang.org/x/crypto/acme/autocert (from $GOPATH)

色々調べてみると、glideでは依存パッケージが自動的にインストールされないケースがあるとかないとか・・・

というわけで先頭にあるcolorを手動でインストールします。

glide get github.com/labstack/gommon/color

すると無事echoが起動されますので、ブラウザでhttp://localhost:1323/にアクセスしてみましょう。

Hello worldが表示されていれば構築完了です!

まとめ

まだまだデファクトスタンダードが存在していない状態ではありますが、今回構築した環境であれば、Railsにおけるbundleに近い感覚で使えるかと思います。

今回の記事がGoを初めてたいと考えている人のお役に立てば幸いです。

紹介した方法で上手く行かない際はTwitterかお問い合わせでお声かけいただければ、対応できる範囲でお応えいたしますので、どうぞお気軽に。

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/3/30

プログラマーはIT土方なのか

プログラマーという働き方について、調べたときに必ずといって良いほど出てくる単語であるIT土方。 実際に土木関係に従事する人たちがどのような労働環境におかれているかは置いといて、基本的には以下のような状況を揶揄して使われている言葉です。 毎日終電まで残業させられる 納期のプレッシャーに追われる 忙しいのに低賃金 とにかく辛い そういった過酷な環境であるから、『プログラミングを楽しいと思っていたり、理数系の才能がある人間じゃなければ絶対になるな』という言葉もよく聞きます。 今回はプログラマーが世間でIT土方と ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

転職したいエンジニアの背中を押す記事

知人であったり、SNS上で知り合いのエンジニアの中には、今の職場に不満を感じ、転職したいという思いを募らせている人が結構な割合います。 僕からしたら絶賛売り手市場であるエンジニア業界において、劣悪な労働環境に耐えるという選択は非常に勿体無いことだと考えています。 確かにIT業界における技術者というのは、非常に需要のある立場ですが、慎重に働く場所を選ばなければ搾取される可能性が高いです。 技術という武器を持っているエンジニアならば、ストレスなく効率よく働くべき場所を求めて行動を起こすべきだと思うんですよね。 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

プログラマーという働き方を見限る前に見ておくべき記事

プログラマーとかSEってちょっと前まで最先端の働き方って感じで世間でもてはやされていましたが、今ではブラック業界の代表格と言われるようになっていますよね。エリート社畜の巣窟とか。 実際SIer系の案件であったり、システム会社を名乗る派遣企業によって希望を持って入ってきた若者が食いつぶされてきたわけですから、当然の帰結ともいえます。 実際僕がこれまで正社員として働いてきた会社も、みなし残業という名の残業未払いであったり、都内にも関わらず勤続2年目で手取り17万円とかいう扱いを平気でやってきました。鬼畜の所業 ...

続きを読む

office

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がレバテックフリーランスでフリーランスを目指してみた

正社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの方向転換の一環として、業界最大手であるレバテックフリーランスの個人面談に出向いてきたので、その感想を書いていこうと思います。 フリーランスというと知識・経験・人脈を兼ね備えたスーパーエンジニアしかなれない存在だと思っている人も少なくありません。 しかし最近では今回紹介するレバテックフリーランスや以前の記事で紹介したギークスジョブなどといったエージェントを利用すれば、僕のように経験の浅いエンジニアでも十分に目指せる働き方となっています。 この記事が現在働いている ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/22

【厳選】現役フリーエンジニアが勧めるフリーランスエージェント2選

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニア、特にプログラマーがフリーランスになろうとしたとき、人脈豊富なスーパーエンジニアでもない限り、最も現実的な選択肢がフリーランスエージェントを利用した働き方です。 とはいえエンジニアバブルの昨今、そういったエージェントサービスは数多存在しており、戦国時代状態です。 選択肢が多いということは嬉しいことであり、同時にどれを選べばいいかという悩みにもなります。 各サイトではメリットや自サービスの長所しか書かれていません。当然ですが。 そうなると選ぶ側としては迷 ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.