TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア独立

月80万円も目指せるフロントエンドエンジニアの魅力

更新日:

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。

ITエンジニアといえば、JavaやRubyを駆使するサーバーサイドエンジニアの方がイメージとして強いですよね。

ただWeb系で活躍するエンジニアには他にもフロントエンドエンジニアという働き方があります。

今日はこのフロントエンドエンジニアについて、

  • よくある誤解
  • どれくらい稼げるのか
  • どうすればなれるのか
  • 将来性
  • キャリアアップのコツ

などの観点からお話していきます。

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、簡単に言えばユーザーが操作する画面の開発を担当するエンジニアです。

ユーザーから見えないデータ処理などを行うサーバーサイドとは求められる技術や経験が異なることがほとんどです。

画面の見た目や動きを変えるだけではなく、SPA(シングルページアプリケーション)などと言った画面側での制御が複雑な開発までこなすことができれば、非常に高い単価を望めます。

最近では特にReactVue.jsなどと言ったフレームワークを習得しているフロントエンドエンジニアはとても需要があります。

フロントエンジニアのよくある誤解

フロントエンドエンジニアとよく混同されて語られるのが、マークアップエンジニアやHTMLコーダーなどです。

マークアップエンジニアやHTMLコーダーというものは基本的にデザイナーが提案したデザインをブラウザ上に再現するためのコードを書くことが仕事です。

一方でフロントエンドエンジニアは求められる要件に適切な技術を用いて、時にはデザイナーと連携を取りながら、ユーザーインターフェース(ブラウザなどのユーザーが操作する画面)を快適なものに開発していく職業といえます。

そのためフロントエンジニアってデザイナーの奴隷みたいなものでしょう?みたいな認識は全くもって勘違いと言えるわけです。

フロントエンドエンジニアは稼げるのか

先に結論を言ってしまうと、フロントエンドエンジニアはめっちゃ稼げます

僕自身フロントエンド技術も扱うエンジニアとして、フリーランスで活動していますが、提案されるフロントエンド案件の単価はサーバーサイドと変わらないほど高単価のものがほとんどです。

技術の発展により、ユーザーが操作する画面はよりリッチなものとなり、ユーザーもそう言った画面が当然と思うような状況にあります。

そのため各企業はより操作性に優れた画面を開発をするためにフロントエンドエンジニアを妥協せずに集めるようになってきたわけです。

それもあり、特にReactやVue.jsを扱えるエンジニアは月80万円以上の案件もザラに転がっているような状態になっています。

どうすればなれるのか

基本的にフロントエンドエンジニアになろうとして取るべき行動はサーバーサイドエンジニアの時と大きく変わるものではありません。

独学またはプログラミングスクールなどを活用して、プログラミングやWebの基礎を学び、実務を通して経験を積んでいくというプロセスです。

オススメ記事
未経験からプログラミングを学ぶための方法を徹底比較

いまの時代、プログラマという仕事ほどインスタントに高収入を目指せる職業は存在しないと考えています。 未経験の言語での参加にも関わらず、最初から残業なしで手取り30万円を得られた経験を以って、そのことを ...

続きを見る

最初からフロントエンドエンジニアを目指すのであれば、特にJavaScriptの学習に重点を置いて、ReactやVue.jsを用いたポートフォリオとしてサービスを作成してみると近道になるでしょう。

あとはマークアップエンジニアやHTMLコーダー系の案件を避けた上で案件をチョイスして実務経験を積んでいけば高単価なフロントエンドエンジニアを目指すことが可能です。

フロントエンドエンジニアの将来性

よく聞く話として、Webサイトの自動生成ツールなどが発展している現在、フロントエンドエンジニアに将来性はあるのか、というものがあります。

確かに簡単な設定でホームページが作成できるサービスは増えてきていますが、フロントエンドエンジニアの趨勢を語る上では的外れな観点です。

どちらかというと自動生成ツールの発展によって仕事を奪われるのはHTMLコーダーなどと言った、指定されたデザインを再現するだけの業務です。

フロントエンドエンジニアは前に話した通り、デザイナーと連携したり、よりよりユーザー体験を技術を持って再現する仕事です。

こう言った領域が自動で行われるような時代はまだまだ来そうにありませんので、フロントエンドエンジニアという職業はしばらく高い需要をキープすることでしょう。

どちらかというと中途半端なサーバーサイドエンジニアの方が、Firebase等のBaaS発展によって仕事を奪われていく可能性が高いです。

フロントエンドエンジニアのキャリアアップ

フロントエンドエンジニアとして現在活動しているエンジニアがより高い給与、働きやすい環境を手に入れるためにはどうすればいいか。

基本的には通常のエンジニアとやれることは変わりません。

オススメ記事
ITエンジニアが給与上げるために出来ることは限られている

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 今ITエンジニアってかなり稼げる職種として知られてきていますが、中にはその影響を感じられていない人もいるんじゃないかと思います。 ぼくは2年の間に正社員、 ...

続きを見る

どちらかというとサーバーサイドエンジニアなどよりもフリーランスが向いている職業と言えます。

フロントエンドエンジニアが扱う技術は流行り廃りがサーバーサイドに比べて激しく、1つの企業で同じことをやり続けることによるリスクが大きいです。

また体制や考え方の古い企業の場合、フロントエンジニアの価値を低く見積もられる、なんてこともあります。

そのためフリーランスとして先端技術を追いながら、高い単価と柔軟な働き方を享受するというスタイルが非常にマッチするわけです。

僕が使っているフリーランスエージェントでもかなりの数の案件を高単価で扱っていたりするので、気になる人はチェックしてみてください。

オススメ記事
【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間 ...

続きを見る

まとめ:大きく価値が上がってきている働き方

フロントエンドエンジニアはITエンジニアのなかでも、特に価値が急激に上がった職業と言えるでしょう。

得たノウハウをアプリケーションエンジニアとしての開発にも大きく生かすことができたりと、実はメリットに溢れた選択肢なんですよね。

エンジニアと言えばサーバーサイドという風がまだ強い昨今ですので、穴場であるフロントエンドエンジニアとしてバリバリ稼いでいくというのも考えてみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

エンジニアがリモートワークをして感動したお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニアとして活動する中で、メインで参加しているプロジェクト以外にもフルリモートでもう1つのプロジェクトにも参加しています。 今日は実際にリモートワークってどんなもんなのかについてお話していこうと思います。 前置き リモートワークの話題については各種メディア、ブログやSNSでも度々盛り上がっています。 通勤時間の短縮になる 通勤で使う体力を仕事にまわすことができる 家庭の事情などで外で働けない人も活躍することができる などのポジティブな捉え方もあれば ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアの働き方比較(正社員/派遣/フリーランス)

最近ではITエンジニアの需要が激増し、特にプログラマーを目指す人が増えてきました。 今の時代、プログラマーをはじめとするITエンジニアを仕事として選ぶことは賢明かつ的確な判断と言えるでしょう。 その一方で、世間ではプログラマーの不遇が叫ばれていたり、IT土方などの蔑称で呼ばれていたりします。 それは働き方の選択を誤っているプログラマーがあまりに多いことが原因となっています。 稼げる市場であるということは、依頼主と技術提供者の間に入って、不当に利益を得ようとする存在が増えることに繋がります。そういった存在に ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/20

【時給2000円以上】経験者が語る派遣エンジニアの魅力

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 巷で語られているITエンジニアの働き方といえば、正社員 or フリーランス、というのが主流として語られています。 しかしITエンジニアにとって美味しい働き方がもう1つ存在しています。 それが今回紹介する派遣エンジニアです。 ぼくもフリーランスエンジニアとして独立する前の準備期間に派遣エンジニアを活用しました。 今日はその派遣エンジニアという働き方の魅力と活用方法について紹介していきます。 派遣エンジニアとは 今回紹介する派遣エンジニアという働き方を一言で表すと ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

ITエンジニアがスーツ勤務を強要する現場を避けるべき理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プラグラマやインフラ担当などと言ったITエンジニアとしての一般的な働き方として、客先に常駐して業務を行うというものがあります。 そんなとき、現場を選ぶ判断基準の一つとして服装が自由か否かというものが上げられます。 僕は決まって私服勤務可能な現場を選ぶようにしています。それはなぜか。エンジニアをスーツ勤務させる客先にロクなところがないから。 これまでスーツ勤務・私服勤務の現場を経験した上で、エンジニアがスーツを勤務を強要する現場を避けるべき理由を書いて行こうと思い ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアのコントロールしにくいという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニアという存在は ...

続きを読む

-エンジニア独立

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.