TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア入門

エンジニアにとっての理想的な職場とは

更新日:

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。

この記事を読んでくださっているということはITエンジニアかと思いますが、皆さんエンジニアとして働くならどんな環境で働きたいですか?

スーツ勤務が嫌、言われたことをモクモクとこなすのが好き、など人によって理想として掲げる働き方って大きく異なります。

僕はこれまでエンジニアとして、SES企業やノリノリのベンチャー企業、起業したてのスタートアップ企業における業務を経験してきました。

今回は僕の経験や周囲のエンジニアから聞いた話を交えて、エンジニアにとっての働き方についてお話していこうと思います。

エンジニアにとって理想的な職場は?

早速本題ですが、エンジニアにとって理想的な職場とはどこなのか。

時と場合と人によると言ってしまうのは簡単ですが、この記事を読んでくださっている方々が期待している内容とはなり得ないでしょう。なのでしっかりした回答を書いておきます。

僕のこれまでの経験を踏まえて、場合分けした上でシンプルにまとめると以下の通りです。

  • SIer/SES企業
    • 言われたことを淡々とこなす仕事が好き
  • ベンチャー企業/スタートアップ企業
    • 自分で創意工夫しながら作業するのが好き

以降でそれぞれの理由についての詳細を書いていきます。

SIer/SES企業

普段僕のブログではSES企業について批判的な立場を取っていますが、SIer/SES企業の方がベンチャー企業でエンジニアをやるより向いているという人はもちろんいます。

言われたことを淡々とこなす仕事が好き

SIer案件やSES企業から常駐する多くの案件では、やるべきことがしっかりと明確化されているケースが多いです。

特に豊富な経験を持っているベテランでもない限り、基本的にはプロジェクトマネージャや上長の指示を受けて業務を進めていくスタイルがメインとなります。

そのため指示された業務をそつなくこなすことをできる能力があれば、重宝されます。

現場によって異なりますが既存の実装をベースとした改修作業や、スクリーンショットのまとめや機能リリース時の差分比較@エクセルなど、結構地味な作業が多いです。

しかしこれらの作業を淡々とこなしていくことができれば、案件自体はいくらでもあるご時世ですので食いっぱぐれることはありませんし、そう言った経験は同じような現場に行っても活きてくることが多いでしょう。

基本的に卓越した技術や実力が問われる機会は少なく、継続的に安定した稼働を求められることが多いです。もちろんSES業界にも高い技術を持ったエンジニアはたくさんいますが、経験の浅いエンジニア・これからエンジニアになろうとする人にとっては、技術を磨けるかというと運の要素が大いに絡んでくるのがSIer/SES企業です。

ベンチャー/スタートアップ企業

SESと打って変わってベンチャー企業・スタートアップは実力・成果によって大きく立場が変わることが多く、いわば実力主義な職場が多いです。

自分で創意工夫しながら作業するのが好き

SES企業などで派遣される現場に比べると、ベンチャー・スタートアップ企業における業務は体系化されていないケースが多いです。

どういうことかと言うと、SIer案件などでは実現したい機能があった時にエンジニアに割り振られる作業は、何人もの管理業務を行なっているマネージャや上長がスケジュールを整え、作業する範囲などを明確に絞った上で指示されるものがほとんどです。

一方でベンチャー企業やスタートアップ企業は、勢いのある企業であればあるほど、エンジニアがやるべき作業が曖昧なケースが多々あります。

そういった場合、機能を実現するに際して細かな要件などはエンジニアが察して判断することを求められることもあります。

言われた作業だけをこなすと言うのは、そう遠くないうちに人工知能をはじめとする先端技術によって奪われる領域であると考えています。

ベンチャー・スタートアップ企業においては技術だけではなく、柔軟な対応・ビジネスを成功させるための工夫などを鍛えることができます。これらの知識・経験というのはそうそう機械に奪われる類のものではありません。

まとめ

僕は普段エンジニアを目指したいと言う人に対しては、ベンチャー企業に勤めることをオススメしています。

長くエンジニアとして活躍して高収入を目指したいのであれば、低収入かつ成長の機会が少ないSES企業などはあまり勧める事はできません。

エンジニアになろうとした時の窓口としてはSES企業などの方が開けている場合が多いですが、一踏ん張りして自社開発をしている企業を目指したいところです。

個人的な意見をいえば、エンジニア派遣を使ってベンチャー企業での業務を経験すると言うのが非常にオススメ。僕はこの手段を用いて経験を積み、フリーランスエンジニアとして正社員時代の4倍ほどの収入を得ることができました。

以下の記事で最も効率的なエンジニア派遣サービスを紹介しています。

https://tisnote.com/persol-tech-haken/

閲覧いただき、ありがとうございました。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/29

技術を選んで働くエンジニアになるために

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアと一言で言っても扱っている技術によって働き方は様々です。 また働き方に加えて、将来的なキャリアの展望も使う技術によって大きく変わってきます。 ぼくはエンジニアとして扱う技術を変化させていき、現在は週3でリモート中心でマイペースに働きながらゆとりを持って暮らせるくらいは稼げる程度にまで持っていけました。 そこで今回はITエンジニアが使う技術を選ぶことの大切さと、実際に選ぶためのテクニックについてご紹介していきます。 技術を選ぶ事による効能 まずは使 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアのコントロールしにくいという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニアという存在は ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

プログラミングスクールって実際のところどうなの?

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プログラミングスクール、今や広告やSNSでも頻繁に目にするこのワード。 初心者がプログラミングを始めるなら通うべき 独学でも十分だから必要ない プログラミングスクールに通ってもプログラマになれない などなど賛否両論飛び交っていますが、今日は現役エンジニアの視点からプログラミングスクールのメリット・デメリット、そしてエンジニアを目指す上での有力な選択肢となるかについてお話していきます。 プログラミングスクールとは何か その名前の通り、プログラミングを学ぶための学校 ...

続きを読む

エンジニア入門

2019/4/15

プログラミングの勉強はモチベーションだけでやると挫折する

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 最近は未経験からエンジニアを目指したり、エンジニアとしてのキャリアを向上させるために、プライベートでプログラミングを勉強をし始める人が増えてきています。 僕自身、プライベートの時間に未経験言語の勉強をしてキャリアアップした経験があるので、非常にいい傾向だと思っています。 しかしSNSやブログなどを眺めていると、 「この人モチベーションだけで勉強しているな」 という人を多く見かけます。 個人的な経験と人から聞いてきた話から、このようにモチベーションだけで勉強してい ...

続きを読む

-エンジニア入門

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.