TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア独立

ITエンジニアが給与上げるために出来ることは限られている

更新日:

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。

今ITエンジニアってかなり稼げる職種として知られてきていますが、中にはその影響を感じられていない人もいるんじゃないかと思います。

ぼくは2年の間に正社員、派遣、フリーランスと渡り歩いて、月収は20万→40万→80万->100万と変動してきました。

その中でITエンジニアとして収入を上げるために出来ることがなんなのかが少しずつ見えてきました。

今回はその経験から感じたITエンジニアが収入を上げるために出来ることについて分析・解説していきます。

会社の中で給与を上げるのは難しい

まず給与を上げたい、となった時にパッと浮かぶのは現職の昇給を狙うこと。

ただこれがなかなか難しい。

正社員というのは企業から見た時、

  • クビにしにくい
  • 給与を下げにくい

という特性を持っています。

そのため従業員の給与を上げるというのは企業からすると非常にリスクの高い決断なんですよね。しかも上げたからといってその人のパフォーマンスが上がるとは限らない。

なのでよっぽど高い評価を得ていないと、上司や管理職の首を縦に振らせるのは非常に難しい。

一応最終手段として、退職をチラつかせて昇級を狙うというのもありますが、

「こいつは退職を考えている」

という認識をされることでその後のキャリアアップを阻害することにもなりますし、基本的に一度限りの手段となりますので、結果的にそれほど旨味のある方法とは言えません。

転職をなんども繰り返すのは少しリスキー

では正社員として働き続けながら給与を上げたければどうすればいいか。

正社員として働く時に一番給与を上げることができるポイントって入社時の給与交渉なんです。

ということはより高い収入を得られると感じたタイミングで転職するというのが次に取れる手段と言えます。

しかしここにもやはり落とし穴があります。

ジョブホッパーの烙印

ITエンジニアという職業は他業種に比べて、転職回数に対して寛容です。技術があればより良い環境を求めることはある程度認められているわけです。

とは言えもちろん限度はありまして、あまりにも多くの転職を繰り返していると

「この人は自分たちを踏み台にしようとしている」

という印象を企業に持たれることに繋がります。

こういった転職をなんども繰り返している人をジョブホッパーと呼んだりします。

必ずしもマイナス要素として受け止められるとは限りませんが、一度経歴書がそのような状態になってしまうと企業によっては警戒されていまうということは覚えておくべきです。

エンジニア派遣をクッションに使う

転職を繰り返すことによってマイナス要因が発生する、ということはわかったと思いますが、エンジニアとして収入を上げるためにはどこかのタイミングでキャリアチェンジが必要になります。

例えば今はJavaを使った企業Aで働いているけど、いい給料がもらえそうな企業BではRubyを使っている、などといったケース。

しかし企業Bの求人要項ではRubyの業務経験が必要となっていることが多いです。

そうなるとどこでRubyの経験を積めばいいかわからなくなってしまいますよね。

Rubyを扱っていて、未経験OKな企業に入社するという選択肢もありますが、さっきお話したジョブホッパーの件もありますので無駄な転職はしたくないところです。

そんな時は一度派遣エンジニアを挟むをという手段があることも覚えておきましょう。

経歴を汚すことなく、しかもまずまずの給料でキャリアチェンジを行えるという実は非常に美味しい働き方だったりします。

オススメ記事
パーソルテクノロジースタッフの派遣でエンジニア歴2年の僕が時給2000円を余裕で超えた話

今いる会社を辞めることとなり、今後のエンジニアとしての身の振りを検討中のてぃすです。 今回とある派遣会社にて、業務経験なしのRuby on Railsの案件を紹介してもらい、その時給が2000円を超え ...

続きを見る

技術を上げれば給与も上がるという幻想

このようにITエンジニアが給与を上げるための手段って結構限られていたりするんですよね。

ちなみにITエンジニアとしてもっとも重要な指標とされる技術力

技術力自体はエンジニアとしてやっていく上で常に頭に置いておくべきことなのですが、給与との関連性ってそれほど高くなかったりします。

すごい技術力を持っているのに低賃金に悩んでいるエンジニアもいれば、大した技術力も経験もないのに年収1000万円を超えているエンジニアも業界にはたくさんいます。

高い報酬を得ているエンジニアはだいたいキャリア構築、というか働く場所の選び方が非常に賢かったりします。

一番のショートカットはフリーランス

まーたフリーランスを勧めるのか。と思われるかも知れませんが、今の時代給与の優先度が高い人はフリーランスを選ぶべきです。

柔軟にキャリアをコントロールしながら、コンスタントに高い報酬を手にするための条件が揃っているからです。

別に正社員との優劣とかの話ではなく、向き不向きの問題です。

業界の相場を把握しつつ、ベストな報酬を手にし続けたいというのであれば、一度はフリーランスという選択肢を考えてみるのもオススメします。

オススメ記事
正社員エンジニアがフリーランスになるのは全く難しくないという事実

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近ではフリーランスエンジニアというのも珍しいものではなくなってきましたが、まだ誤解されている部分があります。 「フリーランスエンジニアになるのって大変な ...

続きを見る

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が100倍幸せになれるというお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はこれまで、 中小SES正社員 派遣エンジニア フリーランスエンジニア として活動してきましたが、その中で中小SESで正社員として働いていたときが、最も得るものが少なかった期間であったと確信しております。 給与・自分の時間・キャリア・経験のどれを取っても得られるものが少なく、エンジニアとして働く中で第三者に搾取される割合が最も多い働き方です。 そこで今回は僕がこれまでキャリアを積む中で確信した中小SESに入社するなら、派遣エンジニアになった方が幸せになれ ...

続きを読む

エンジニア入門 エンジニア独立 働き方

2019/4/15

高収入を目指してエンジニア・プログラマーになることは正しい選択か

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 今日お話する内容は、 高収入を目指してITエンジニア・プログラマーになることは正しい選択か というもの。 SNSやブログ、またはプログラミングスクールの謳い文句として「エンジニアになって年収○万を目指そう」などと行った言葉を見ることが最近増えてきました。 またそれに対して、「お金のためにエンジニアになることは間違っている」「実際はそんな稼げない」と行ったような意見も同様に飛び交っています。 僕の個人的な意見としては、高収入な職業につける資格や経験、環境にないので ...

続きを読む

office

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がレバテックフリーランスでフリーランスを目指してみた

正社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの方向転換の一環として、業界最大手であるレバテックフリーランスの個人面談に出向いてきたので、その感想を書いていこうと思います。 フリーランスというと知識・経験・人脈を兼ね備えたスーパーエンジニアしかなれない存在だと思っている人も少なくありません。 しかし最近では今回紹介するレバテックフリーランスや以前の記事で紹介したギークスジョブなどといったエージェントを利用すれば、僕のように経験の浅いエンジニアでも十分に目指せる働き方となっています。 この記事が現在働いている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/3/30

プログラマーはIT土方なのか

プログラマーという働き方について、調べたときに必ずといって良いほど出てくる単語であるIT土方。 実際に土木関係に従事する人たちがどのような労働環境におかれているかは置いといて、基本的には以下のような状況を揶揄して使われている言葉です。 毎日終電まで残業させられる 納期のプレッシャーに追われる 忙しいのに低賃金 とにかく辛い そういった過酷な環境であるから、『プログラミングを楽しいと思っていたり、理数系の才能がある人間じゃなければ絶対になるな』という言葉もよく聞きます。 今回はプログラマーが世間でIT土方と ...

続きを読む

-エンジニア独立
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.