TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア独立

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

投稿日:

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。

僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。

  • 報酬(給与)の額
  • やりがい
  • 成長機会

で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。

人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。

自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。

1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけですから、時間を短く感じるようなやりがいのあるプロジェクトに関わりたいですよね。

これからエンジニアになりたいと考え、業界に新規参入してくる人たちに負けないよう、将来を見据えたキャリアップのために成長機会も見落とすわけにも行きません。

ただ考え方の古い経営者とかエンジニア不遇の時代を生きてきたベテランエンジニアの人たちの中には、これら全ての要素を求めることを欲張りだと発信している人たちが結構います。

報酬とやりがい、成長機会って言うのはどれかを充実させるために別のどれかを諦める必要がある関係ではないはずです。

にも関わらず、上で述べたような考え方の古い声の大きな人たちが「やりがいがあるなら給与に関係なく尽力すべきだ」とか「やりがいはないけど今後のためになるから」といった言葉で優秀で将来のある若者をねじ伏せているケースをよく聞きます。

コードを書いていればそれだけで楽しいプログラマや、なんとか生きていけるだけの額の給与があればいいと諦めている人であればそれでも良いのかも知れませんが、そうでない人が世の中のほとんどを占めているはずです。

みんな少しでも日々の生活をよくしたいと考えていますし、より良い環境を常に求めているはずです。

エンジニアで言えばお金をしっかり稼いで、楽しく働いて、今後もそれを継続していくことを願っていることが健全だと思います。ただその時にその気持ちを「欲張りである」と思ってしまうエンジニアが多いことを非常にもったいなく思っています。

せっかくエンジニアと言う選択肢が豊富な職業に付いているならどんどん欲張りをすべきです。

で、僕が自分が実際に色々な働き方を体験して思ったのが、それを実現するために一番確実で手っ取り早いのがフリーランスエンジニアという選択肢でした。

自分のキャッチアップしたい技術を使っているプロジェクトに参加しつつ、正社員を大きく上回る報酬を得ることができるわけですから。

しかも今の時代、フリーランスのエンジニアは実務経験が1年程度あれば、簡単に実現できる働き方です。

上司や同僚に「フリーランスなんて安定しないよ」とか言われるかも知れませんが、その企業があなたの生活を定年まで保証することができないのであれば、ポジショントークでしかありません。

本当に心配してくれている人だとしても、古い個人事業主に対する考え方や噂に囚われているケースがほとんどです。

実際にフリーランスとして働いた経験のある人、業界に精通した信頼できる人の意見にこそ耳を傾ける価値があります。

以下の記事では現役エンジニアの僕が進めるフリーランスエージェントを紹介しています。業界のプロフェッショナルから、自分がどのような働き方を選択できるか話を聞くだけでも大きな価値があると思います。

https://tisnote.com/freelance-best-two-selection/

まとめ

貯金もできず、毎日死んだ魚のような目で、今後の需要も期待できない技術を使って働かされるような職場であれば今すぐ環境を変える努力を始めるべきです。

今のエンジニアという職業にはそれが許されるポテンシャルがありますからね。

何が言いたいかというとエンジニアはもっと妥協なく働く環境を選ぶべきであるということです。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/5/29

転職したいエンジニアの背中を押す記事

知人であったり、SNS上で知り合いのエンジニアの中には、今の職場に不満を感じ、転職したいという思いを募らせている人が結構な割合います。 僕からしたら絶賛売り手市場であるエンジニア業界において、劣悪な労働環境に耐えるという選択は非常に勿体無いことだと考えています。 確かにIT業界における技術者というのは、非常に需要のある立場ですが、慎重に働く場所を選ばなければ搾取される可能性が高いです。 技術という武器を持っているエンジニアならば、ストレスなく効率よく働くべき場所を求めて行動を起こすべきだと思うんですよね。 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/1/2

プログラマになるために資格は必要か

ここ最近のエンジニア需要増大に伴って、プログラマやエンジニアになりたいと考え始める人が周りにも増えてきました。 そんな時によく聞かれるのが「プログラマになろうとしたら、資格とか取ったほうがいいの?」という内容。 確かに、真っ黒な画面に向かってカタカタ英語や記号を打ち込んでいるTHE 専門職であるプログラマという職業には、何かしら資格が必要に思えるかもしれません。 今日はそんなプログラマ・エンジニアを目指していて、最初の一歩として資格取得を検討している人に向けてプログラマになるのに資格が必要かという疑問に応 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/3/30

プログラマーはIT土方なのか

プログラマーという働き方について、調べたときに必ずといって良いほど出てくる単語であるIT土方。 実際に土木関係に従事する人たちがどのような労働環境におかれているかは置いといて、基本的には以下のような状況を揶揄して使われている言葉です。 毎日終電まで残業させられる 納期のプレッシャーに追われる 忙しいのに低賃金 とにかく辛い そういった過酷な環境であるから、『プログラミングを楽しいと思っていたり、理数系の才能がある人間じゃなければ絶対になるな』という言葉もよく聞きます。 今回はプログラマーが世間でIT土方と ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

仕事を選べるITエンジニアになるための面談テクニック

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアとして働いていく上で、大部分の人が経験する面談。 その後の数ヶ月、正社員や長期プロジェクトであれば数年の待遇を左右する超重要イベントなのですが、多くのエンジニアがこの重要性に気づいていません。 とりあえずこれまでの経歴を箇条書きして どこかで調べてきたような自己PRを適当に書いて 面談で書いてあることをそのまま口にする といった投げやりな面談を続けていては、売り手市場ということもあり仕事に困る可能性は低いですが、待遇の良い仕事を気づかないうちに逃 ...

続きを読む

-エンジニア独立

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.