TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア独立

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

投稿日:

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。

僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。

  • 報酬(給与)の額
  • やりがい
  • 成長機会

で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。

人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。

自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。

1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけですから、時間を短く感じるようなやりがいのあるプロジェクトに関わりたいですよね。

これからエンジニアになりたいと考え、業界に新規参入してくる人たちに負けないよう、将来を見据えたキャリアップのために成長機会も見落とすわけにも行きません。

ただ考え方の古い経営者とかエンジニア不遇の時代を生きてきたベテランエンジニアの人たちの中には、これら全ての要素を求めることを欲張りだと発信している人たちが結構います。

報酬とやりがい、成長機会って言うのはどれかを充実させるために別のどれかを諦める必要がある関係ではないはずです。

にも関わらず、上で述べたような考え方の古い声の大きな人たちが「やりがいがあるなら給与に関係なく尽力すべきだ」とか「やりがいはないけど今後のためになるから」といった言葉で優秀で将来のある若者をねじ伏せているケースをよく聞きます。

コードを書いていればそれだけで楽しいプログラマや、なんとか生きていけるだけの額の給与があればいいと諦めている人であればそれでも良いのかも知れませんが、そうでない人が世の中のほとんどを占めているはずです。

みんな少しでも日々の生活をよくしたいと考えていますし、より良い環境を常に求めているはずです。

エンジニアで言えばお金をしっかり稼いで、楽しく働いて、今後もそれを継続していくことを願っていることが健全だと思います。ただその時にその気持ちを「欲張りである」と思ってしまうエンジニアが多いことを非常にもったいなく思っています。

せっかくエンジニアと言う選択肢が豊富な職業に付いているならどんどん欲張りをすべきです。

で、僕が自分が実際に色々な働き方を体験して思ったのが、それを実現するために一番確実で手っ取り早いのがフリーランスエンジニアという選択肢でした。

自分のキャッチアップしたい技術を使っているプロジェクトに参加しつつ、正社員を大きく上回る報酬を得ることができるわけですから。

しかも今の時代、フリーランスのエンジニアは実務経験が1年程度あれば、簡単に実現できる働き方です。

上司や同僚に「フリーランスなんて安定しないよ」とか言われるかも知れませんが、その企業があなたの生活を定年まで保証することができないのであれば、ポジショントークでしかありません。

本当に心配してくれている人だとしても、古い個人事業主に対する考え方や噂に囚われているケースがほとんどです。

実際にフリーランスとして働いた経験のある人、業界に精通した信頼できる人の意見にこそ耳を傾ける価値があります。

以下の記事では現役エンジニアの僕が進めるフリーランスエージェントを紹介しています。業界のプロフェッショナルから、自分がどのような働き方を選択できるか話を聞くだけでも大きな価値があると思います。

https://tisnote.com/freelance-best-two-selection/

まとめ

貯金もできず、毎日死んだ魚のような目で、今後の需要も期待できない技術を使って働かされるような職場であれば今すぐ環境を変える努力を始めるべきです。

今のエンジニアという職業にはそれが許されるポテンシャルがありますからね。

何が言いたいかというとエンジニアはもっと妥協なく働く環境を選ぶべきであるということです。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアになって大変だったこと・苦労したこと

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 このブログでは基本的にITエンジニアの独立を勧めることが多いですが、今日はちょっと視点を変えて、フリーランスエンジニアとして活動する上で、苦労することに視点を当ててお話していこうと思います。 世間ではフリーランスをもてはやす声、それに対する反論などが飛び交っていますが、多くの意見が「フリーランス」という一括りにしたもので、実情を捉えていないものがほとんどであると感じています。 この記事では実際に僕がフリーランスエンジニアとして活動してきた中でリアルに体験してき ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/8/17

現役エンジニアからみたProEngineerの『エンジニアカレッジ』について

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 最近、 どうすればエンジニアになれるのか エンジニアになるためにどんな勉強をしたの? といった質問を受けることが多くなってきました。 エンジニアは高稼働のブラック職業であるという印象も薄れてきて、効率よく稼げる職業としての側面に気付き始めた方が増えてきたということでしょう。 とはいえ全くの未経験からITエンジニアに転向するというのは独学の場合、不可能ではありませんが、かなり難易度の高い挑戦であると言えます。たとえ独学で成し遂げたとしても、よっぽど運がよくない限り ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/12

エンジニアにとってSESが最良の選択肢ではない3つの理由

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアが正社員として働く上での選択肢として、SES企業というものがあります。 非常に数が多く、特に未経験エンジニアに対して広く門を開けているのでSESを選ぶ人はかなり多い。 しかしこのブログでは度々言っていることですが、ITエンジニアにとっては不幸になる可能性が高い働き方なんですよね。 そこで今日はエンジニアにとってSES企業という選択肢がなぜオススメできないかについて解説していこうと思います。 SESとは? まずSES企業とはどのようなものなのかにつ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

レガシーな技術を扱っていたSES正社員がモダンな技術を扱うフリーエンジニアになるまでにやったこと

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は独立する前、SESの正社員として非常に歴史の長いプロジェクトに常駐で参加していました。 Javaを使ったシステムなのですが、他のJavaエンジニアに聞いても「なにそれ」と言われてしまうような非常にマニアックなフレームワークを最新から数年遅れのバージョンで扱っていました。 自動テスト?クラウドサーバー?なにそれ?的な非常にレガシーかつ面白みのない状況に嫌気と不安を感じて独立を志したわけです。 で、この時のような僕と同じような状況で悩んでいる人ってのをエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間を減らして週3リモートで月70万円で働いていますが、このくらいのバランスもストレスが少なく、快適な日々を過ごすことができています。 そんな感じで独立から1年以上が経過し、わかったことがあります。 ITエンジニアは今の相場から考えれば、フリーランスになった方が圧倒的に得だなということです。 もちろん正社員ディス ...

続きを読む

-エンジニア独立

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.