他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

      2018/01/13

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。

僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。

今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。

なぜ下調べが必要か

エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。

ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている人は少ない。

逆に経歴が浅いエンジニアは自分を採用してくれる企業に拾ってもらえればいいや、くらいの半ば諦め気味なスタンスで面談に望んでいるケースが多いです。

しかし、より理想的な環境、高収入を目指して行くつもりであれば1つ1つの面談に対して妥協なく挑むことは必須であると言えます。

その時に是非実践して欲しいのが面談相手に関する詳細な下調べ

僕は面談を繰り返す中でそういった下調べを実践し、面談に出向いて得られるフィードバックを元に調査内容を改善する、ということを繰り返してきました。

おかげで最近では自分の希望する単価で9割以上の確率でオファーをいただけるようになりました。

下調べに活用すべきコンテンツ

面談の前に案件紹介エージェントや派遣会社から、どういった企業でどのようなプロジェクトに参加するのかを聞くことが可能なケースがほとんどです。

フリーランスエージェントであればレバテックフリーランスギークスジョブ、派遣であればパーソルテクノロジースタッフの派遣 などで実際に面談する企業の詳細な情報を提供してれました。

そういったサービスから仕入れた情報を元に以下のコンテンツをチェックしていきましょう。

コーポレートサイト

まずは企業のコーポレートサイトで、その企業がどういったサービスを提供していて、どのような理念を元に動いているのかを把握しておきましょう。

エンジニアがそのあたりの経営的な情報を仕入れておく必要があるのか?と思われるかと思いますが、重要なのはその企業に対して関心を持っているということを相手に伝えることができる点です。

職務経歴の紹介や、質疑応答の中に前もって調べておいた情報を挟むだけでも、視野・関心の広さを相手に感じさせることができます。

面接官としても自分が従事している企業・プロジェクトに強い関心を持ってくれていることに悪い気はしないはずです。

お世辞を言えばいい、というわけではありません。その企業・プロジェクトに参加したいから面談を受けるわけで、その参加したい企業への関心を表に出すのが重要、ということです。

採用ページ

同じく企業の公開するコンテンツでチェックしておきたいのが採用ページのエンジニア欄。

採用ページを見ることによって、コーポレートサイトでは測れなかった企業の求める人材像を掴むことができます。

自分の提供できる価値企業の求める人物像がクロスするポイントを前もって把握しておくことで、より無駄なくアピールを行うことができます。

外部求人サービス

その企業が公開しているサイト以外にもチェックしておくことをオススメするのが外部求人サービスにおける求人内容。

ここでは企業の求人ページ以上に生々しく、企業の求める人材の条件を知ることができます。

こういった求人サービスであれば給与・単価も掲載されている可能性もあるので、自分の希望する待遇に届いているかの確認・価格交渉にも活用することができます。

公開案件に限られますが、もし存在していれば是非チェックしておきたいですね。

Wantedly

色々と話題に事欠かない日本のビジネス向けSNSの代表格であるWantedly。

実際にこのサービスを使って仕事探しをするかは賛否両論あるかと思いますが、情報収集のためのツールとしては非常に有用です。

企業の更新具合にもよりますが、企業が投稿している記事を通して現場に関するリアルな情報を得ることが可能です。

採用ページは結構無機質な印象がありますが、Wantedlyに投稿されている採用情報は若干フランクな形式が多いですので、現場の雰囲気を想像しやすいです。

「Wantedlyでこんなことが書かれてましたよー」と切り出せばちょっと砕けた感じのトークのきっかけにすることができます。

面接相手も人間なわけで、面接する側が緊張しているというパターンも多々あります。そんな状況で空気を少し緩めることができれば、コミュニケーション能力のある人材として期待値をあげることが可能です。

エンジニアブログ

全ての企業が公開しているわけではありませんが、是非探して内容を確認しておきたいのがその企業で働くエンジニアのブログポストです。

これまで上げてきたコンテンツの中でも特にコアな情報を得ることができます。

エンジニアの面談では実際に現場で働くエンジニアが面接官として対応してくれるケースが多いですので、前もってその現場で働くエンジニアの雰囲気・技術的関心を掴んでおくのは非常に有益であるといえます。

そういった記事に書かれている内容が分からないのに知ったかぶりをする必要はありませんが、ある程度掲載されている技術について概要を調べておくことができれば、技術的関心や意欲のアピールに繋がります。

面談相手がエンジニアであれば、Wantedlyと同様にフランクなトークの切り口とすることもできるのでもし見つけたら一通り目を通しておきましょう。

まとめ:情報を制する者が面談を制する

エンジニアに限った話ではありませんが、採用面談においては、

  • これまで培っていた経験・知識
  • 最新技術への関心
  • 一緒に働きたいと思えるような人物か

といった印象が複雑に絡み合った上で判断材料とされます。

そして面談の相手となる方も必ずしも人事のプロフェッショナルであるとは限りません。これはエンジニアの面談では特に顕著。

よって能動的に自分の提供できる価値が企業の発展にどう繋がるかをアピールすることが必要となってきます。

そういったアピールの質を向上させる第一歩が入念な下調べであると僕は考えています。

別に営業みたいに軽快で流暢なトークを披露する必要はありません。技術者としてそこで働きたいという気持ちを淀みなく面接相手に伝えることが重要なのです。

この記事が理想的な労働環境を目指すエンジニアのお役に立てば幸いです。

閲覧いただき、ありがとうございました。

 - エンジニア独立