TIS ENGINEER NOTE

27才文系出身フリーランスエンジニアのブログ

エンジニア独立

自分の市場価値を把握しようとしないエンジニアは搾取される

更新日:

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。

エンジニア需要の高まり、待遇の向上からエンジニア・プログラマを目指す人が急増してきている昨今。

確かにエンジニアという職業はこれから高収入・柔軟な働き方を目指そうとした時に、最も適切な選択肢です。

そんな高収入かつ将来性のある職業であるエンジニアですが、自分のエンジニアとしての市場価値を知っておかないと、本来得られるはずの収入よりも少ない額で働くことになる可能性があります。それでも中小企業のサラリーマンよりは稼げますが。

今回は何故市場価値を把握しようとしないエンジニアが搾取されるのか。搾取されずに効率よく稼ぐにはどうすれば良いかについて書いていこうと思います。

なぜ搾取されるのか

エンジニアを取り巻いているのは、同じ技術力・職務経験でも本人が30万でいいやと言えば30万、60万出してと言えば60万の収入が支払われるケースが発生します。他の業界の人から見たら異常と言える環境ですね。

この状況を生んでいるのはエンジニアの相場感が世間に浸透仕切っていないというのが一番の原因です。

エンジニアが不足している、と言った報道や情報はIT以外の業界の人でも知っているくらい広まっていますが、それによって採用単価がどの程度上がってきているのかということに関しては何故か広まっていません。

日本の謙虚さが美徳、報酬を気にしてばかりいる人間は強欲だ、という風潮も手伝ってのことかと思います。

実際Java,Rubyあたりの実務経験が1年ほど選ぶのに苦労するくらい選択肢がある現状にも関わらず、ギリギリ生活できる程度の収入で満足したり、自分の価値を低く見積もりすぎているエンジニアはたくさんいます。

採用する、紹介する側としては安く労働力を提供してもらった方がいいに決まっているので、自分の価値を低く見積もるエンジニアは美味しい存在です。

市場価値について

市場価値って言うと一見意識高い系の言葉に思えるかも知れませんが、特にエンジニアにとっては生涯年収を大きく左右するレベルで重要な概念です。

エンジニアにとっての市場価値とは、企業がどの程度の報酬を払って、自分の企業のプロダクトに関わってもらいたいかという基準です。

この基準を知らないと紹介業者・仲介業者に理不尽に搾取されたり、企業のコスト削減に知らないうちに貢献することに繋がります。

市場価値を把握することができれば

正社員であれば、正しい給与水準で採用活動を行なっている企業を絞り込むことができますし、派遣・フリーランスであれば企業や紹介業者に対して確信を持って交渉したり、案件の選択ができるようになります。

市場価値を調査するといういっときの手間を惜しまないことで今後数年の収入を大きく左右するわけです。

どうやって確かめればいいの?

市場価値の重要さはわかった。じゃあ具体的にはどうやって調べればいいの?となりますね。

僕の実際の経験を元に自分の市場価値を正しく掴むための方法についてご紹介していきます。

フリーランスエージェントを活用する

ここまで述べたようにエンジニアの収入事情は他の業界と比べた時に大きく異なりますので、基本的にはエンジニアを専門としており、業界に精通したサービスを頼ることが最も有効な選択肢となります。

その中でもフリーランスエージェントのカウンセリングを受けるというのが、最も効率よく自分の市場価値を把握する手段です。

フリーランスエージェントって何?という方はこちらの記事をご覧ください。

僕自身もフリーランスエージェントに話を聞きに言って、初めて自分の市場価値を知ることができました。

その頃僕は客先常駐をメインとした企業で正社員として勤めていたのですが、手取りは20万円を下回る程度でした。

しかし訪ねたフリーランスエージェントで、その頃の自分で月50万円を得ることができる現場がいくつもあるという事実を知りました。

所属している企業のさじ加減で自分が提供している価値が理不尽に搾取されていることに、ここで初めて気づいたわけです。

フリーランスエージェントもエンジニアの紹介、手数料で収益をあげているサービスではありますが、相談自体は無料で行なっているところがほとんどですし、ギークスジョブレバテックフリーランスといった大手のエージェントであれば自分の市場価値・希望に沿った形で単価交渉を行なってくれます。

以下の記事でこれまで6件のフリーランスエージェントを訪ねてきた僕がオススメするフリーランスエージェントを紹介しています。

https://tisnote.com/freelance-best-two-selection/

まとめ

正社員・派遣・フリーランス、いずれの働き方を選択するにしろ市場価値を知らない・知ろうとしないエンジニアは多かれ少なかれ損をすることになります。

今すぐ転職や独立を考えていなくても、自分の働きを高い報酬を払ってでも必要としていることを知れれば、給与交渉や今後の方針の参考になるはずです。

もしすぐにでも独立したい!もっといい待遇で働きたい!というのであれば、何が何でも自分の市場価値を知る機会を設けるべきです。

やりがいや成長できる機会はもちろん大事ではありますが、それは低い収入に甘んじて働く理由にはなりません。

どうせ働くなら、自分の価値に見合った待遇を与えてくれる場所で働きましょう。

よく読まれている記事

エンジニア独立

2018/8/21

稼げないエンジニアは過小評価が原因

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代、3年目になっても手取りが20万にも届かない残念な状態にありました。その時は、 てぃすITエンジニアとか全然稼げない職業なんだな という印象を持っていました。別の業種に就こうと考えたことも1度や2度ではないです。 そして正社員を辞めてフリーランスになって月100万程度は安定して稼げるようになり、エンジニアの収入の相場のカラクリが少しずつ掴めてきました。 勘違いしないで欲しいのですが、単に正社員よりフリーランスの方が優れているということが言いたいわけ ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/8/12

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/7/29

エンジニアにとっての理想的な職場とは

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 この記事を読んでくださっているということはITエンジニアかと思いますが、皆さんエンジニアとして働くならどんな環境で働きたいですか? スーツ勤務が嫌、言われたことをモクモクとこなすのが好き、など人によって理想として掲げる働き方って大きく異なります。 僕はこれまでエンジニアとして、SES企業やノリノリのベンチャー企業、起業したてのスタートアップ企業における業務を経験してきました。 今回は僕の経験や周囲のエンジニアから聞いた話を交えて、エンジニアにとっての働き方 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/2

エンジニアが会社員のままでいるのはヤバいなと感じた理由

現在会社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの転身を目論んで活動中のてぃすです。 今回は僕が感じた会社に雇われた状態でエンジニアを続けることのデメリットについて語っていきます。 エンジニアは多くの現場で幅広い技術を習得するべきである 会社員としてエンジニアを続けることの最大のマイナスポイント。 それはキャリアの目標を自分で定めることができないという点です。 エンジニアが携わるITの世界というのは、技術の流行り廃りが他の業界に比べて断トツで早いんですよね。 そうなるとその技術で生計を立てていくエンジニア ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/2

プログラマーはIT土方なのか

プログラマーという働き方について、調べたときに必ずといって良いほど出てくる単語であるIT土方。 実際に土木関係に従事する人たちがどのような労働環境におかれているかは置いといて、基本的には以下のような状況を揶揄して使われている言葉です。 毎日終電まで残業させられる 納期のプレッシャーに追われる 忙しいのに低賃金 とにかく辛い そういった過酷な環境であるから、『プログラミングを楽しいと思っていたり、理数系の才能がある人間じゃなければ絶対になるな』という言葉もよく聞きます。 今回はプログラマーが世間でIT土方と ...

続きを読む

-エンジニア独立

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.