TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア独立

僕がITエンジニアとして独立しなかった場合の損失を計算してみた結果

更新日:

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。

僕はエンジニア歴が2年くらい経った頃に、月収が20万円を下回るような状態でした。

その後独立し、ほどなくして月収は100万円にまで到達しました。

実に5倍ほど収入が跳ね上がったことになります。

正直もう少し早く独立していればなぁと思っています。

今だからこそ考えられることですが、戦略さえしっかりしていれば、1年くらいは独立を早めることは可能だったと思うので。

こういう後悔というか振り返りをするたびに思うのですが、世の中僕以上に行動を遅らせることによる損失を食らっている人が多い。

そこで今日は僕の経験を交えながら、ITエンジニアが行動しないことにより被る損失についてお話していこうと思います。

もし僕がそのまま会社員をやっていたら

まず僕が現在も低賃金の正社員を不満を抱えながらも今まで続けていたらどうなっていたか試算してみようと思います。

僕はこの記事を書いている段階で独立から14ヶ月ほど経過しています。

そして正社員時代の給与が月20万円、独立後の収入が月100万円となります。

さほど昇格は期待できないような職場でしたが、一応10万円差額を減らして、月70万円の差があるという計算にしておきましょう。

残念ながらボーナスのない企業だったので、あとはこの月ベースの差額で算出してみようと思います。

つまり僕が現状への不満を改善するための行動を起こしていなかった場合、今までに

70 × 15 = 1050

何と恐ろしいことに1000万円以上の金額を得るチャンスを逃していたということになります

行動しないことによるリスクが見えにくい理由

実際に自分が行動を起こさないで発生する損失って現実に起きたあとか、しっかりとシミュレーションしてみないと見えにくいものなんですよね。

さらに大体の人って、やらない理由を探す時は謎の行動力を発揮するのですが、やる理由を探すという行為に対しては非常に腰が重くなりがちなんです。

僕自身怠け者なので、その気持ちはとてもよくわかるのですがその考え方を改めない限り、目に見えない損失というのはどんどんかさんで行きます。

行動するリスク VS 行動しないことによるリスク

よくフリーランスとして独立するにはリスクがあると言われます。

そしてそのようなフリーランスを勧めることは無責任だ、といった意見をもらうこともあります。

しかしここまで読んでいただけたら分かると思いますが、低賃金の仕事をダラダラ続けることの方が遥かにリスキーであるということがわかるでしょう。

僕からしてみれば、行動し始めようとしている人に対して、根拠薄弱なリスクを語って足を引っ張ることの方がずっと悪質な行為だと感じています。

正直現在と、予想されるこれからの人手不足から考えれば、ITエンジニアが独立して路頭に迷う確率は非常に低いです。

もし独立の最初で案件が見つからずつまずいたとしても、元の低賃金で働いていた数ヶ月分の数10万程度の損失ですので、最初に試算した行動しないことによる損失に比べれば非常に可愛いものです。

その上フリーランスエージェントを使えばそうそう案件探しに苦戦することもないでしょう。

エンジニアの強い味方、フリーランスエージェントとは?

このブログで度々登場する単語であるフリーランスエージェント。 これまで正社員として企業に所属してきたエンジニアにとっては馴染みのない単語だと思います。 なんとなく案件を紹介してくれるサービスだろう。 ...

続きを見る

自分がどれだけ稼げるかは知っておくべき

今回は僕の収入変遷を元に資産してみましたが、自分のケースに当てはめて考えた方がより現実を受け止められるのではないでしょうか。

そのためには自分が独立や転職した場合に、どれだけ収入をアップさせることをできるのかを知ることから始めるべきです。

すぐにでも独立したり転職をする気がなかったとしても、フリーランスエージェントが設けているカウンセリングを受けることで行動する気が起きることもあります。

そこで自分にピッタリな案件を見つけることができれば、その勢いで独立してみるのもアリでしょう。

まとめ

現状を変えるための行動って、正直言ってめちゃくちゃしんどいんですよね

だから人は現状は不満があっても、行動しない理由を与えてくれる情報をありがたがって受け止めるし、ほとんどの人が行動できないままダラダラと過ごすことになリます。

今回の記事で行動しないことでどれだけの損失を被るかを実感してもらえたなら嬉しく思います。

よく読まれている記事

エンジニア入門

2018/1/2

プログラマになるために資格は必要か

ここ最近のエンジニア需要増大に伴って、プログラマやエンジニアになりたいと考え始める人が周りにも増えてきました。 そんな時によく聞かれるのが「プログラマになろうとしたら、資格とか取ったほうがいいの?」という内容。 確かに、真っ黒な画面に向かってカタカタ英語や記号を打ち込んでいるTHE 専門職であるプログラマという職業には、何かしら資格が必要に思えるかもしれません。 今日はそんなプログラマ・エンジニアを目指していて、最初の一歩として資格取得を検討している人に向けてプログラマになるのに資格が必要かという疑問に応 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/30

SIer・SESからWEB系エンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

エクセルで作らされる誰が読むかも分からないドキュメント 月に1回の帰社日 枯れた技術を言われた通りに扱うだけの毎日 スーツ勤務で下級労働者扱い SIer・SES系エンジニアとしての業務経験があり、かつ外の世界を知ったエンジニアから見たSIer・SES系のイメージってこんな感じですよね。 ここで言う外の世界の代表格と言えばWEB系ベンチャーやフリーランス。 カテゴライズの厳密さについては色々と意見はありますが、いわゆる自社サービスで利益を立てている企業と言えば分かりやすいでしょう。 最近ではエンジニアの待遇 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/1

ITエンジニアがTwitter運用に本腰を入れ始めた話

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 私事ですが、最近Twitter運用を本格的に初めてみました。 以前からITエンジニアとしてのアカウントは持っていたのですが、キャリア関連の情報を発信していくために新しくアカウントを開設しました。 そこで今日はITエンジニアとして活動している僕がTwitter運用を本格化するに至った理由と今後の方針についてお話していこうと思います。 Twitterを頑張ってみようと思った理由 Twitterの運用を本格化して行くということは、当然他のことができる時間を削るわけで ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

僕がITエンジニアとして独立しなかった場合の損失を計算してみた結果

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニア歴が2年くらい経った頃に、月収が20万円を下回るような状態でした。 その後独立し、ほどなくして月収は100万円にまで到達しました。 実に5倍ほど収入が跳ね上がったことになります。 正直もう少し早く独立していればなぁと思っています。 今だからこそ考えられることですが、戦略さえしっかりしていれば、1年くらいは独立を早めることは可能だったと思うので。 こういう後悔というか振り返りをするたびに思うのですが、世の中僕以上に行動を遅らせることによる損失を食ら ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

転職したいエンジニアの背中を押す記事

知人であったり、SNS上で知り合いのエンジニアの中には、今の職場に不満を感じ、転職したいという思いを募らせている人が結構な割合います。 僕からしたら絶賛売り手市場であるエンジニア業界において、劣悪な労働環境に耐えるという選択は非常に勿体無いことだと考えています。 確かにIT業界における技術者というのは、非常に需要のある立場ですが、慎重に働く場所を選ばなければ搾取される可能性が高いです。 技術という武器を持っているエンジニアならば、ストレスなく効率よく働くべき場所を求めて行動を起こすべきだと思うんですよね。 ...

続きを読む

-エンジニア独立
-, ,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.