TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア独立

プログラマーがフリーランスになって独立するために必要なスキル

更新日:

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。

ITエンジニアが独立するべきか、しないべきか。昨今のエンジニア・プログラマーの働き方議論において、最もホットなのがこの話題じゃないでしょうか。

賛否については、それぞれの立場や環境によって感情論も混ざって言い分は異なりますし、経験したこともない人の否定意見も飛び交って魑魅魍魎が跳梁跋扈な感じです。

なので今回はそういった賛否ではなく、実際にプログラマーをはじめとするITエンジニアが独立するためにはどの程度のスキル・経歴が必要かについてお話していこうと思います。

独立を狙えるタイミングとその時の報酬について

具体的な数字を先に述べると、ITエンジニアとしての経験が2年以上あれば、独立して活動することは容易です。

やる気のある人が余暇を削って最適な手段を取れば1年でもいけます。

もちろん月に200万以上などといった超高収入を手にするにはかなりの努力と経験が必要にはなりますが、サラリーマンの平均収入を超えるような月60万円程度であれば、難易度は非常に低いと言えます。

人手不足の現在、日々の業務を誠実にこなしてきたのであれば、業務経験2年というボーダーを越えれば独立は決して特別なことではありません

これまでの経歴による難易度について

自社開発を行なっている企業でガッツリ開発していた経験や、貴重なスキルを保持していることはフリーランスとして活動するに際して、心強い武器となりますが、決して必須という訳ではありません。

SESでレガシーなシステムを触っていたり、小規模なシステムに関わったことのない経験しかない場合でも、紛れもないエンジニアとしての経験となります。

それでも、これまでの経験のまま独立するのが不安という場合には派遣エンジニアとして、独立する際に役に立ちそうな経験を積んでおくのもオススメです。

僕自身、SESでレガシーシステムを扱っていた状態から、Rubyの自社開発案件にフリーランスで参加するまでの間に、パーソルテクノロジースタッフの派遣を挟んで技術と経歴の補強を行いました。

これによって、エンジニア経験2年半から独立した最初の案件で月80万相当の報酬を得ることができました。派遣はまずまずの金額を稼げて、サクッと辞められるので、単純にキャリアチェンジの際にもオススメです。

パーソルテクノロジースタッフの派遣でエンジニア歴2年の僕が時給2000円を余裕で超えた話

今いる会社を辞めることとなり、今後のエンジニアとしての身の振りを検討中のてぃすです。 今回とある派遣会社にて、業務経験なしのRuby on Railsの案件を紹介してもらい、その時給が2000円を超え ...

どういったジャンルが独立しやすいか

これまでの経験や、他のエンジニアの話を統合するとプログラマーにとって、Webエンジニアが最も独立しやすい業種であると考えています。

案件が豊富なこと、社外への仕事の委託に対して積極的であることが大きな理由です。

また多くのプログラミングスクールのカリキュラムとしてWebエンジニアリングが組み込まれていることからもわかる通り、一定のラインまでの要求技術が低めであることも理由の1つです。

もしこれまでWeb系以外の業務に付いていたりして、Web系からフリーランスを目指したい人や、これまでの経歴に自信があまりない、という人は先ほど紹介した派遣を使ったキャリア補強を行うか、自分でWebサービスを構築できるよう学習し、その証拠を用意しておくなどの準備をしておくと尚よしです。

具体的にいうと、このサイトで何度もいっている通り、自分でWebサービスを作って構築するのをオススメします。

周囲の声に聞きすぎない

固定観念なのか変なプライドなのか分かりませんが、1年や2年で独立できるわけがない!などといった意見を経験もないのに声だかに叫んだりしている人は多いです。

正社員で勤めていると上司がそういった意見をいっている場面も多いでしょう。または実際に状況を変えるための行動を怠けるための名分として、今の状況を正当化したいという気持ちが手伝い、そういった意見を言わせているケースもあります。

実際に短い期間で独立した身からすると、そういう人々は現在のエンジニア市場について適切に把握できていないのではないかと思います。プログラミング・エンジニアリングが非常に難しく、決して甘くないことについては同意しますが、それがフリーランスになれないという意見に結びつくという時代ではもうありません。

もちろん他人の意見を参考にするという姿勢は大事ではありますが、最終的な判断は自分で見たもの聞いたものから、自分の意思で判断するべきです。

フリーランス初心者のための独立方法

このブログでは何度もいっていることですが、初めてフリーランスエンジニアとして活動するには、フリーランスエージェントを使う以上の最短経路はありません。

特別なコネや、情報発信能力、充実したキャリアなどがあれば話は別ですが、そうでなければフリーランスエージェントに案件を紹介してもらったり、サポートしてもらいながら慣れていくのが一番効率がいい方法です。

実際に僕がこれまで知り合ったフリーランスエンジニアの8割以上はエージェントを介して活動しています。

最近ではmidworksなどの正社員並みの福利厚生・給与保証を備えたエージェントも実績を増やしているので、独立に対して不安が拭えないという人は一度話を聞いてみることをオススメします。

【正社員並みの保証】安心フリーランスエージェント・Midworksを徹底分析

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 今やフリーランスエンジニアという働き方もだいぶカジュアルになってきています。僕自身 文系大学卒 大したキャリアもコネもない という一般的には心もとない状態か ...

もちろん最初から案件豊富な案件の中から高単価案件を狙うというのもアリですので、その際は以下の記事などを参考にして見てください。

【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間 ...

まとめ:できないと決めるのは試してからが吉

プログラマ・ITエンジニアとして活動していて、新しい現場においてこれまで使った技術がそのまま使えるという場面はそう多くありません。

ITエンジニアにとって大事な能力は具体的な技術力や知識だけではなく、キャッチアップ能力や調査能力です。それはプロダクトの新旧や規模において上下や質の違いはあれど、誠実に業務と向き合っていれば積み上がるものです。

それらを持っているというだけで、ある程度のエンジニアとしての価値を持っていることを自覚した上で行動すれば、今の時代独立して高収入を得ることは難しくないということを覚えておいてもらいたいです。

よく読まれている記事

office

エンジニア独立

2019/5/29

エンジニア歴2年の僕がレバテックフリーランスでフリーランスを目指してみた

正社員エンジニアからフリーランスエンジニアへの方向転換の一環として、業界最大手であるレバテックフリーランスの個人面談に出向いてきたので、その感想を書いていこうと思います。 フリーランスというと知識・経験・人脈を兼ね備えたスーパーエンジニアしかなれない存在だと思っている人も少なくありません。 しかし最近では今回紹介するレバテックフリーランスや以前の記事で紹介したギークスジョブなどといったエージェントを利用すれば、僕のように経験の浅いエンジニアでも十分に目指せる働き方となっています。 この記事が現在働いている ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアの適正価格をぶっちゃけてみる

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 先日以下のツイートをしました。 実務経験2年以上のエンジニアが都内でフリーランスをやる場合、週5で月60万未満の案件は切り捨ててOKです。正社員的に考えると高めに見えますが、業務委託としてやるには60万円しか出さない案件は最底辺であると考えましょう — てぃす@フリーランスエンジニア (@tis_engineer) March 29, 2019 すると結構な反響があったので、今日はこのツイートで語っているフリーランスをやる場合の単価の基準について、 ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。 報酬(給与)の額 やりがい 成長機会 で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。 人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。 自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。 1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけで ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

エンジニアがリモートワークをして感動したお話

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニアとして活動する中で、メインで参加しているプロジェクト以外にもフルリモートでもう1つのプロジェクトにも参加しています。 今日は実際にリモートワークってどんなもんなのかについてお話していこうと思います。 前置き リモートワークの話題については各種メディア、ブログやSNSでも度々盛り上がっています。 通勤時間の短縮になる 通勤で使う体力を仕事にまわすことができる 家庭の事情などで外で働けない人も活躍することができる などのポジティブな捉え方もあれば ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

仕事を選べるITエンジニアになるための面談テクニック

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアとして働いていく上で、大部分の人が経験する面談。 その後の数ヶ月、正社員や長期プロジェクトであれば数年の待遇を左右する超重要イベントなのですが、多くのエンジニアがこの重要性に気づいていません。 とりあえずこれまでの経歴を箇条書きして どこかで調べてきたような自己PRを適当に書いて 面談で書いてあることをそのまま口にする といった投げやりな面談を続けていては、売り手市場ということもあり仕事に困る可能性は低いですが、待遇の良い仕事を気づかないうちに逃 ...

続きを読む

-エンジニア独立
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.