TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

エンジニア独立

技術を選んで働くエンジニアになるために

投稿日:

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。

ITエンジニアと一言で言っても扱っている技術によって働き方は様々です。

また働き方に加えて、将来的なキャリアの展望も使う技術によって大きく変わってきます。

ぼくはエンジニアとして扱う技術を変化させていき、現在は週3でリモート中心でマイペースに働きながらゆとりを持って暮らせるくらいは稼げる程度にまで持っていけました。

そこで今回はITエンジニアが使う技術を選ぶことの大切さと、実際に選ぶためのテクニックについてご紹介していきます。

技術を選ぶ事による効能

まずは使う技術を選べるようになることによって得られるメリットについてお話しておきます。

働きやすさ

使うプログラミング言語や開発環境というのは、そのプロジェクトの働きやすさ、待遇の指標として機能します。

スーツ勤務や狭い部屋に缶詰にされて作業させられる、と言った案件はRubyを使ったモダンな案件などではほとんど見られませんが、JavaやVBAがよく使われるSIer系の案件では結構な割合存在します。

もちろん例外もありますが、望まない仕事を避けるために扱う技術をコントロールする、というのはのびのびと働くための重要なテクニックと言えるでしょう。

キャリアコントロール

またITエンジニアという職業は使えるプログラミング言語や導入技術によってある程度収入が左右されます

需要がありつつ、人材が不足している技術を身に付けることができれば、一時的な報酬が上がるだけでなく長期的なキャリア構築においても有利に立つことができるでしょう。

稼ぐ技術という観点においては以下の記事で詳しくお話しています。

収入を上げたいWebエンジニアが学習するべき技術

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 エンジニアの収入は技術に比例して上がるわけではない。というのはこのブログでよく言っていることです。 しかし技術と収入の因果関係はもちろん0ではありません。 ...

続きを見る

何より刺激があって楽しい

あとは単純に色々な技術を渡り歩いて働くというが刺激的で楽しい、というのもありますね。

ぼく自身が飽き性というのもありますが、正直数年同じ技術で同じようなものを作り続けるのってしんどくないですか?

そこまで極端ではないにしろ、せっかくITエンジニアという仕事の幅が広い職業についているのだから好奇心をベースに働けるというのもエンジニアのメリットとして捉えて活動するのも大いにアリだと思いますよ。

技術を選ぶためには

最初に言っておくと、技術を選んで働くためには正社員よりもフリーランスとして活動した方が圧倒的に有利です。

正社員として技術を選ぶ

いうまでもなく正社員はまとまった期間、その企業に籍をおくことが暗黙的に義務付けられます。

別にすぐに辞めても基本的には契約上問題が出るものではありませんが、ジョブホッパーとして扱われる危険性を孕んでいたり、引き止めや企業からの不満で時間のロスや精神的な消耗が生まれがち。

レバテックキャリアなどのエンジニア専門の転職エージェントを利用すれば、希望する技術の企業を探すのは容易になりますが、しっかりと面接で企業を見極める努力をしないと長期間のロスが生まれる危険性が高いということは覚えておきましょう。

フリーランスとして技術を選ぶ

一方フリーランスであれば、契約に反しなければ数ヶ月で辞めるというのは当然の行為として認識されます。(もちろんある程度の空気を読む気遣いがあったほうが喜ばれますが。)

使う技術を自分で決めて働きたいという人で、正社員という働き方にこだわらないなら、思い切ってフリーランスにチャレンジしてみることをオススメします。

midworksというフリーランスエージェントでは正社員並みの手厚い福利厚生と保証を備えていたりするので、これからフリーランスを目指そうとしている人には特にオススメできます。

【正社員並みの保証】安心フリーランスエージェント・Midworksを徹底分析

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 今やフリーランスエンジニアという働き方もだいぶカジュアルになってきています。僕自身 文系大学卒 大したキャリアもコネもない という一般的には心もとない状態か ...

続きを見る

その他の方法で技術を選ぶ

ただ、いますぐ独立することにどうしても不安があるという人や、一度キャリアチェンジしてから独立したいという人は派遣エンジニアを利用してみるというのもアリです。

エンジニア専門の派遣サービスであれば、未経験の言語や技術にチャレンジするハードルが低いのでキャリアチェンジに非常に便利。派遣とは言いますが、ITエンジニアにおいては報酬も実は結構もらえたりします。

【時給2000円以上】経験者が語る派遣エンジニアの魅力

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 巷で語られているITエンジニアの働き方といえば、正社員 or フリーランス、というのが主流として語られています。 しかしITエンジニアにとって美味しい働き ...

続きを見る

まとめ:技術に依存するのではなく、技術をコントロールする

Tエンジニアという職業で働いていくのであれば、技術というものとは切っても切れない関係が続きます。

であれば技術にキャリアを振り回されるのではなく、技術と上手にコントロールして賢くお金を稼ぎながら将来に備える働き方というが賢い生き方です。

ぜひ一度技術との付き合い方を見直してみてください。

よく読まれている記事

エンジニア入門

2019/5/30

エンジニアにとっての理想的な職場とは

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 この記事を読んでくださっているということはITエンジニアかと思いますが、皆さんエンジニアとして働くならどんな環境で働きたいですか? スーツ勤務が嫌、言われたことをモクモクとこなすのが好き、など人によって理想として掲げる働き方って大きく異なります。 僕はこれまでエンジニアとして、SES企業やノリノリのベンチャー企業、起業したてのスタートアップ企業における業務を経験してきました。 今回は僕の経験や周囲のエンジニアから聞いた話を交えて、エンジニアにとっての働き方 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

他のエンジニアと差をつけるための面談前の下準備

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 僕は正社員から派遣、フリーランスへと転身する際に、絶対に妥協したくないという意志の元、半年ほどの間に10件近くの面談を体験してきました。 今日はその時の体験を元に、エンジニアが面談を受ける前に下調べしておくべきコンテンツについて紹介していこうと思います。 なぜ下調べが必要か エンジニアって面談を軽視している人が多いんですよね。 ある程度の経歴があるエンジニアは、売り手市場であることも手伝い、まあまあ満足できる就業先を得られるのでそこまで面談対策をじっくりしている ...

続きを読む

エンジニア入門

2018/11/14

○ヶ月でプログラマーになれる vs そんな簡単になれない論争について

こんばんは。フリーエンジニアのてぃすです。 最近TwitterをはじめとするSNSやブログなどで度々繰り返されている 「○ヶ月でエンジニア/プログラマーになれる」という広告や意見に対する、 「エンジニア/プログラマーはそう簡単になれる職業ではない」 という意見から始まる論争。 今日は実際にプログラマーとしてご飯を食べていて、職業エンジニアになるためのノウハウについての記事も投稿している立場から、この一連のやりとりについて意見してみようと思います。 「○ヶ月でエンジニア/プログラマーになれる」という広告・意 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

プログラマーがフリーランスになって独立するために必要なスキル

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアが独立するべきか、しないべきか。昨今のエンジニア・プログラマーの働き方議論において、最もホットなのがこの話題じゃないでしょうか。 賛否については、それぞれの立場や環境によって感情論も混ざって言い分は異なりますし、経験したこともない人の否定意見も飛び交って魑魅魍魎が跳梁跋扈な感じです。 なので今回はそういった賛否ではなく、実際にプログラマーをはじめとするITエンジニアが独立するためにはどの程度のスキル・経歴が必要かについてお話していこうと思います。 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

ITエンジニアの働き方比較(正社員/派遣/フリーランス)

最近ではITエンジニアの需要が激増し、特にプログラマーを目指す人が増えてきました。 今の時代、プログラマーをはじめとするITエンジニアを仕事として選ぶことは賢明かつ的確な判断と言えるでしょう。 その一方で、世間ではプログラマーの不遇が叫ばれていたり、IT土方などの蔑称で呼ばれていたりします。 それは働き方の選択を誤っているプログラマーがあまりに多いことが原因となっています。 稼げる市場であるということは、依頼主と技術提供者の間に入って、不当に利益を得ようとする存在が増えることに繋がります。そういった存在に ...

続きを読む

-エンジニア独立
-

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.