TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Bootstrap4をダウンロードして導入しようとしてつまずいたところ

更新日:

訳あってRailsアプリにBootstrap4をgemを使わずに導入することとなりました。

とりあえずダウンロードして配置すればいいんだろ?と思い着手したところ、依存ライブラリの部分などで想像以上に手こずったのでその時の対応内容について書いていきます。

sassは利用できる前提で話していきます。

Bootstrap4のバージョンはBootstrap v4.0.0-betaです。

Bootstrap4ダウンロード

https://getbootstrap.com/docs/4.0/getting-started/download/

上のURLからSource filesをダウンロードします。Compiledの方でもいいのかもしれませんが、特に試していません。

scssファイルの配置

ダウンロードして解凍してできたディレクトリ内のscssディレクトリの中身をstylesheet配置ディレクトリに置きます。この時に読み込む順番によっては変数が無いよと怒られるので、Railsの場合はapplication.scssを以下のように記述しましょう。application.scssがない場合は新規作成しましょう。

@import "bootstrap/_functions.scss";
@import "bootstrap/_variables.scss";
@import "bootstrap/mixins/*";
@import "bootstrap/*";

/*
 *= require_tree .
 */

この例ではapp/assets/stylesheets配下にbootstrapというディレクトリを作成し、ダウンロードファイルを配置しています。

javascriptファイルの配置

ここで大いに時間を取られました。自身の未熟さを恥じるばかりです。

Bootstrapのjavascript

まずはダウンロードして解答してできたディレクトリの中のdist/jsの中のbootstrap.min.jsをapp/assets/javascripts配下におきます。

jQueryのjavascript

Bootstrapを動かすにはjQueryが必要ですので、導入してない場合、ダウンロードして配置しましょう。

https://jquery.com/download/

上記リンク先ページの一番上の方にあるDownload the compressed, production jQuery 3.2.1からソースをダウンロードして、同じくapp/assets/javascripts配下に配置しましょう。

Popper.js

Bootstrap4から追加されたらしい依存ライブラリであるPopper.jsを用意する必要があります。

これもダウンロードしてきて配置します。

https://github.com/FezVrasta/popper.js/releases

上記リンク先からダウンロードしましょう。

ダウンロード・解答してできたディレクトリのdist/umd配下のpopper.min.js/popper-utils.min.jsをapp/assets/javascriptsに配置します。

umd配下にあるjsファイル以外を使うと、Babel等のコンパイラを導入していない場合、文法の関係で怒られます。具体的にはexportが使用されているソースだと動きません。

application.jsの記述

あとは順番を指定して読み込ませるようapplication.jsを以下の通り記述すれば動くはずです。

//= require popper-utils.min.js
//= require popper.min.js
//= require jquery-3.2.1.min.js
//= require bootstrap.min.js
//= require rails-ujs
//= require_tree .

まとめ

改めてgemのありがたさを痛感いたしました。いつもありがとうgem。

もし今回紹介した手順で動かない場合、Twitterまたはお問い合わせからクレーム入れてくれれば、できる範囲で回答させていただきます。

またこの手順はもっと楽にできるよーなどあれば教えていただけると喜びます。

今回の記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

オススメ記事
文系出身エンジニアが26才でフリーランスになった感想

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 フリーランスエンジニアということは、つまりエンジニアとして独立しているということになり、すごい敷居が高い印象を持っている人が多いです。 けど僕は文系大 ...

続きを見る

よく読まれている記事

エンジニア入門

2018/8/19

本気でRubyを学びたい人のためのエンジニアスクール『ポテパンキャンプ』

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 エンジニアといえば今や最も少ない投資で高収入を望め、更には週3勤務やリモートワークなどの柔軟な働き方も目指せる夢のある職業です。 ここ最近は営業職や事務職から、将来性を考えてエンジニアに転身するといういう人もかなり増えてきています。 特にRubyプログラマーは日本における絶大な需要とリモート案件の豊富さから、特に人気のあるポジションとなっています。エンジニアとして働いているが、職場環境に不満を抱いていたり、今扱っている技術が今後通用するか不安に感じ、Ruby・W ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/2/18

Webサービス・Webアプリケーションを作って公開するまでの流れ

エンジニアとして活動していくに際して、自分で作成し公開している制作物があるというのは非常に強力なアピールポイントとなります。 もちろんクオリティが高いに越したことはありませんが、自分で作成し公開までを行なったというだけでもかなりの評価を得られます。 これからエンジニアになりたい エンジニアとしてのキャリアアップ・キャリアチェンジを望んでいる という人には大変オススメのプロセスです。 実際僕もRailsを未経験の状態から勉強していた際の仕上げとして作成&公開したWebアプリケーションのおかげであっさ ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

【2019年版】現役フリーランスエンジニアがオススメするフリーランスエージェント4選

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は正社員時代の月収は20万円を切るくらいだったのですが、独立したことで同じ労働時間で月100万円をキープできるようになりました。 現在はちょっと働く時間を減らして週3リモートで月70万円で働いていますが、このくらいのバランスもストレスが少なく、快適な日々を過ごすことができています。 そんな感じで独立から1年以上が経過し、わかったことがあります。 ITエンジニアは今の相場から考えれば、フリーランスになった方が圧倒的に得だなということです。 もちろん正社員ディス ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/29

技術を選んで働くエンジニアになるために

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 ITエンジニアと一言で言っても扱っている技術によって働き方は様々です。 また働き方に加えて、将来的なキャリアの展望も使う技術によって大きく変わってきます。 ぼくはエンジニアとして扱う技術を変化させていき、現在は週3でリモート中心でマイペースに働きながらゆとりを持って暮らせるくらいは稼げる程度にまで持っていけました。 そこで今回はITエンジニアが使う技術を選ぶことの大切さと、実際に選ぶためのテクニックについてご紹介していきます。 技術を選ぶ事による効能 まずは使 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

僕がITエンジニアとして独立しなかった場合の損失を計算してみた結果

どうも、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕はエンジニア歴が2年くらい経った頃に、月収が20万円を下回るような状態でした。 その後独立し、ほどなくして月収は100万円にまで到達しました。 実に5倍ほど収入が跳ね上がったことになります。 正直もう少し早く独立していればなぁと思っています。 今だからこそ考えられることですが、戦略さえしっかりしていれば、1年くらいは独立を早めることは可能だったと思うので。 こういう後悔というか振り返りをするたびに思うのですが、世の中僕以上に行動を遅らせることによる損失を食ら ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.