TIS ENGINEER NOTE

ITエンジニアのためのキャリア向上ノウハウブログ

プログラミング

Bootstrap4をダウンロードして導入しようとしてつまずいたところ

更新日:

訳あってRailsアプリにBootstrap4をgemを使わずに導入することとなりました。

とりあえずダウンロードして配置すればいいんだろ?と思い着手したところ、依存ライブラリの部分などで想像以上に手こずったのでその時の対応内容について書いていきます。

sassは利用できる前提で話していきます。

Bootstrap4のバージョンはBootstrap v4.0.0-betaです。

Bootstrap4ダウンロード

https://getbootstrap.com/docs/4.0/getting-started/download/

上のURLからSource filesをダウンロードします。Compiledの方でもいいのかもしれませんが、特に試していません。

scssファイルの配置

ダウンロードして解凍してできたディレクトリ内のscssディレクトリの中身をstylesheet配置ディレクトリに置きます。この時に読み込む順番によっては変数が無いよと怒られるので、Railsの場合はapplication.scssを以下のように記述しましょう。application.scssがない場合は新規作成しましょう。

@import "bootstrap/_functions.scss";
@import "bootstrap/_variables.scss";
@import "bootstrap/mixins/*";
@import "bootstrap/*";

/*
 *= require_tree .
 */

この例ではapp/assets/stylesheets配下にbootstrapというディレクトリを作成し、ダウンロードファイルを配置しています。

javascriptファイルの配置

ここで大いに時間を取られました。自身の未熟さを恥じるばかりです。

Bootstrapのjavascript

まずはダウンロードして解答してできたディレクトリの中のdist/jsの中のbootstrap.min.jsをapp/assets/javascripts配下におきます。

jQueryのjavascript

Bootstrapを動かすにはjQueryが必要ですので、導入してない場合、ダウンロードして配置しましょう。

https://jquery.com/download/

上記リンク先ページの一番上の方にあるDownload the compressed, production jQuery 3.2.1からソースをダウンロードして、同じくapp/assets/javascripts配下に配置しましょう。

Popper.js

Bootstrap4から追加されたらしい依存ライブラリであるPopper.jsを用意する必要があります。

これもダウンロードしてきて配置します。

https://github.com/FezVrasta/popper.js/releases

上記リンク先からダウンロードしましょう。

ダウンロード・解答してできたディレクトリのdist/umd配下のpopper.min.js/popper-utils.min.jsをapp/assets/javascriptsに配置します。

umd配下にあるjsファイル以外を使うと、Babel等のコンパイラを導入していない場合、文法の関係で怒られます。具体的にはexportが使用されているソースだと動きません。

application.jsの記述

あとは順番を指定して読み込ませるようapplication.jsを以下の通り記述すれば動くはずです。

//= require popper-utils.min.js
//= require popper.min.js
//= require jquery-3.2.1.min.js
//= require bootstrap.min.js
//= require rails-ujs
//= require_tree .

まとめ

改めてgemのありがたさを痛感いたしました。いつもありがとうgem。

もし今回紹介した手順で動かない場合、Twitterまたはお問い合わせからクレーム入れてくれれば、できる範囲で回答させていただきます。

またこの手順はもっと楽にできるよーなどあれば教えていただけると喜びます。

今回の記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

オススメ記事
文系出身エンジニアが26才でフリーランスになった感想

こんにちは。フリーランスエンジニアのてぃすです。 フリーランスエンジニアということは、つまりエンジニアとして独立しているということになり、すごい敷居が高い印象を持っている人が多いです。 けど僕は文系大 ...

続きを見る

よく読まれている記事

エンジニア入門

2018/8/19

プログラミング初心者にRubyを強くオススメする理由

こんにちは、フリーエンジニアのてぃすです。 プログラミングを始めようと思った時にまず立ちはだかるのが、 どのプログラミング言語を選択するか という問題です。 Googleで『プログラミング おすすめ』や『プログラミング 初心者』などと調べてみても、 オススメプログラミング言語○選といった類の記事やサイトばかりで 結局何を勉強すればいいの? となってしまっていることでしょう。 そこで今回は、現在プログラマーとして働いている私から、これからプログラムを勉強したいという方に向け、国産プログラミング言語であるRu ...

続きを読む

エンジニア独立

2018/1/27

エンジニアは報酬・やりがい・成長機会の全てを求めるべき

こんにちは。フリーエンジニアのてぃすです。 僕は働く上で大事な要素となるのは以下の3つであると考えています。 報酬(給与)の額 やりがい 成長機会 で、これは僕のようなエンジニアという職業だと更に重要度が増します。 人手不足・需要拡大の影響もあり、事務や営業などといった非専門的な職業と比べて、選択次第で高収入を目指しやすくなっていますし、キャリア構築の重要性も他の職業よりも高いですからね。 自分の貢献した結果にふさわしい報酬を受け取りたい。 1日8時間、人生の大部分を働くことに費やすことがほとんどのわけで ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/5/29

プログラマーという働き方を見限る前に見ておくべき記事

プログラマーとかSEってちょっと前まで最先端の働き方って感じで世間でもてはやされていましたが、今ではブラック業界の代表格と言われるようになっていますよね。エリート社畜の巣窟とか。 実際SIer系の案件であったり、システム会社を名乗る派遣企業によって希望を持って入ってきた若者が食いつぶされてきたわけですから、当然の帰結ともいえます。 実際僕がこれまで正社員として働いてきた会社も、みなし残業という名の残業未払いであったり、都内にも関わらず勤続2年目で手取り17万円とかいう扱いを平気でやってきました。鬼畜の所業 ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

文系出身エンジニアが語る「弱いエンジニア」戦い方

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 僕は文系大学を卒業し、新卒で入ったITコンサル会社で入社半年後に軽くC#を扱う機会が訪れるまで、プログラミングやエンジニアリングに触れたことが一度もありませんでした。 パソコンも基本的に動画を見たりゲームをするための便利な箱くらいな印象。 一方、エンジニア業界には中学生時代から趣味でプログラミングをしてきたり、理系大学でバリバリ情報系を学んできたエンジニアがゴロゴロいるわけです。もう機械語で会話すればいいのにと思うレベルの猛者揃いです。 そうなると僕のよう ...

続きを読む

エンジニア独立

2019/4/15

フリーランスエンジニアとして働くことの実情

こんにちは、フリーランスエンジニアのてぃすです。 最近は本業が忙しくブログの更新が滞っておりました。更新を楽しみにしてくださった方々、申し訳ありませんでした。 今後もエンジニアにとって有益な情報を提供できるよう更新を再開していこうと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 フリーランスエンジニアの実情 このブログではフリーランスエンジニアとして働くことの利点や、実際にどのようなステップでフリーランスエンジニアになるかについての記事をなんども書いてきました。 しかし実際にフリーランスエンジニアとして ...

続きを読む

-プログラミング
-,

Copyright© TIS ENGINEER NOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.